Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バダホスのヘレス・デ・ロス・カバジェロスの城壁からのサンタ・アナ教会の眺め(エクストレマドゥーラ)

ヘレス・デ・ロス・カバジェロス

Badajoz

先史時代からゴシック、バロックまでの文化、知識、芸術様式が融合するバダホスの都市です。

地域経済の基盤となる牧畜のための肥沃な牧草地に囲まれています。また、歴史地区は重要文化財に指定されています。

ヘレス・デ・ロス・カバジェロスの起源はフェニキア人の時代にまで遡り、半島に定着した様々な文化の影響を常に受けてきました。この地域で最も古い考古学的発見は、国定遺跡に指定されているドルメン・デ・ラ・グランハ・デ・トリニュエロであり、絵画や興味深い副葬品が発掘されました。ローマ時代の家屋、西ゴート時代の遺跡、アラブの影響は、ポルトガルとアンダルシアの中間に位置するこの開拓地の景観を形成する要素です。このような文化的多様性は、多数の伝統や習慣にも見られます。しかし、エクストレマドゥーラは常に発見者と征服者の発祥の地であり、太平洋を初めて見たヨーロッパ人バスコ・ヌニェス・デ・バルボアによりヘレス・デ・ロス・カバジェロスが誕生しました。アメリカが植民地化された後、多くの貴族や役人が祖国に戻り、新世界からの富をもたらしました。これにより、ヘレス・デ・ロス・カバジェロの歴史的中心部には、古い教会、修道院、貴族の家、宮殿などが一般建築物に混ざり合い、テンプル騎士団の壮大なアラブ由来の要塞がこれら見下ろす形でそびえ立っています。

史跡遺産

ヘレス・デ・ロス・カバジェロスの城壁の外周は1.5キロメートルに達します。アラブの城壁の上に石積みと切り石(15~16世紀)で建てられています。小塔と防御塔によって補強され、門が数基ある城壁の内部には、16世紀に改装された13世紀のテンプル騎士団の城が保存されています。宗教的な建物としては、エンカルナシオン教会(16世紀)、サン・バルトロメ教会(15~17世紀)、サン・ミゲル教会(16~18世紀)、サンタ・カタリナ教会(16世紀)、そして現在の市庁舎の本部であるサン・アグスティン修道院が必見です。普通建築では、カサ・デル・コンセホ(16世紀)、サン・バルトロメとカリダッド病院、バチジェール・マルティネス・デ・ログローニョ、ラストラ侯爵、グスマン家、ティリー伯ヨハン・セルクラエスの宮殿などが訪れる価値があります。白塗りのファサードと石の塔が点在する細い通りでは、重要観光祭に指定されている聖週間に宗教的な行進が行われます。教会で崇拝される彫像が町中を巡り、何百人もの参加者の注目を集めます。ヘレス・デ・ロス・カバジェロスを知る絶好の機会は、サロン・デ・ハモンという行事です。数日間、デエサ・デ・エストレマドゥーラの原産地呼称の製品が競い合い、どんぐりを食べて育つイベリコ豚の最高のハムや腸詰製品が提供されます。この試食イベントでは、トマトスープ、ラム肉のローストや煮込み、様々な種類のチーズなどを味わうこともできます。煮込み料理は、この地域の美味しいオイルを使って調理されます。これらの食欲をそそる料理は、リベラ・デル・グアディアナ産のワインとの相性も抜群です。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。