Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
テネリフェ島のブドウ畑を散策する女性

テネリフェ島のワイン

Tenerife

ウィリアム・シェイクスピアを魅了した味


火山性の土地で大西洋性の気候、そして入念な農法。これこそが、テネリフェのワインが持つ独自の香りや味を生み出す公式です。16世紀にはすでに、ヨーロッパ全域の作家や有名人、そして諸王の心をつかんだ味です。 

5つの異なるブドウ生産地と恵まれた環境によりテネリフェ島は、多様かつ良質のワインを誇りにしています。テネリフェ島のグルメの最高のお供となるジューシーで濃密な味わい、チーズやデザートなどのお供に最適。特記すべきは、16世紀にヨーロッパ全体で有名になったマルバシアのワインです。ウィリアム・シェイクスピア、バイロン卿やウォルター・スコットなどの作家がこのテネリフェのワインについて作品内で言及しており、ヨーロッパ大陸の主な宮廷や王室では頻繁に飲まれていました。島内には、テネリフェワインの微妙で独自の味わいが発見できる機会を提供するワイナリーが、100か所ほどあります。ガイドつきツアーや解説付き試飲、またはブドウ畑の散策を通じて、テネリフェ島内でワイン製造を行う5郡の特徴や個性を知ることができます。タコロンテ・アセンテホイコデン・ダウテ・イソラオロタバ渓谷グイマル渓谷アボナです。

テネリフェ島レアレホにあるブドウ畑
テネリフェ島のワイナリー

5つの原産地呼称

テネリフェ島の北部にはタロコンテ・アセンテホ地域があり、最高で海抜1000mに達する山の斜面で栽培されるブドウの段々畑の素晴らしい風景がご覧になれます。北部にはまた、オロタバ渓谷のワインが作られるブドウ畑もあります。海抜400~800メートルにあり、海岸地域のバナナ畑とともに素晴らしい光景を構成し、テイデ山のシルエットを背景とします。島の北西橋には、イコデン・ダウテ・イソラという原産地呼称を持つブドウ畑があります。そのワインは、数百年前に高く評価された「カナリー・ワイン」の伝統を受け継ぐものです。その他ブドウ栽培を行う2つの郡は、テネリフェ島南部にあります。白ワインをお好みの方は、グイマル渓谷で生産されるワインの80%が白ワインだと知ってお喜びになるはずです。その一方で、アボナ地域ではスペインでも最も標高が高い場所でブドウ畑を見ることができます: 海抜1700mのビラフロール村にあるのです。

テネリフェ島のブドウ畑を散策するカップル
に関する詳細をごらんください