15の検索結果のうち1から12を表示

ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
ルート

ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアで過ごす一日

数日間グラン・カナリア島に滞在するなら、一日はどっぷりその首都で過ごして島全体を知りたいものです。ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア。この大きな街にはビーチ以外にも興味深いカルチャーイベント、広々とした遊歩道、そして注目のレジャースポットがあり、充実した一日を過ごすことができます。

カナリア諸島の眺め
ルート

カナリア諸島でのバカンス

カナリア諸島を構成する8つの島を満喫するために、それぞれの島での必見観光スポットを含む旅行プランをご提案します。決して十分ではありませんが、それぞれの島に最低2日間は滞在することを前提にしています。空港からの抜群のアクセスを有効活用しましょう。 2つの中心的な島はグラン・カナリア島とテネリフェ島です。この2島をスタート地点として選ぶのは、ほかの島々とを結ぶ主要な空と海のアクセスを有しているからです。フエルテベントゥーラ島、ランサローテ島、ラ・ゴメラ島、ラ・パルマ島、エル・イエロ島 ラ・グラシオーサ島)と飛行機、船での連絡が良いので、ここを起点に旅行プランを練りましょう。どんな島でしょうか。

夜のハメオス・デル・アグア、ランサロテ島
芸術と文化 | ランサローテ島

ランサロテ、セサル・マンリケがデザインした島

ランサロテ島に足を踏み入れるが否や、旅行者は自分が特異な場所にいることに気づきます。火山風景はそれまで目にしたものとは異なり、高い建物はなく、火口からブドウ畑が顔を出し、全てが奇妙な美しさに包まれています。セサル・マンリケは、非常に特殊なこの島の本質を捉える方法を誰よりも心得ていました。そして、自然と芸術が対話しているかのように見える作品を生み出したのです。このカナリア諸島出身の芸術家は、ランサロテ島に今日あるほとんどの芸術、文化、観光センターを生み出した中心人物でした。時間に追われる生活に別れを告げる、持続可能性を基盤にした8つの魅力的なスポット。

テネリフェ島の風景を見つめる旅行者
自然 | カナリア諸島

カナリア諸島の最も美しい展望台への道

この群島では、楽園のようなビーチから火山が主役の場所まで、様々な景色を見ることができます。しかし、展望台だけに訪れる価値があるわけではありません。展望台に到着するまでの道のりもまた素晴らしく、展望台から見える景色と同じかそれ以上に楽しむことができます。以下、旅の準備を始められるように、見逃せないルートをご紹介します。

コフェテビーチの夕暮れ、フエルテベントゥーラ
海岸とビーチ | カナリア諸島

常春を楽しめる目的地カナリア諸島

嬉しくなる話をしましょう。スペインには、いつでも常春の太陽と快適な温度の場所があるのです。カナリア諸島でのバカンスを準備しましょう。ここでは年間平均気温が22度ほどなので、秋や冬も素晴らしい気候なのです。1日の日照時間は9~10時間ほどで、野外で過ごしたくなる火山性の自然や、ヨーロッパでも最高のビーチが沢山あります。

テイデ国立公園
自然, ルート | テネリフェ島

テネリフェ島の火山の中心に向かって

テネリフェ島(カナリア諸島)には見どころがたくさんあります。壮大なビーチ、有名なカーニバル、一年中快適な気温に加えて、あまり知られていない特徴もあります。この島の火山地形そのものが、噴火によって成形されたテネリフェ島の起源を物語っています。世界で3番目に大きな火山である海抜3,718メートルのテイデの山頂に到達することの達成感は計り知れないものですが、他にもこの地の散策方法があります。徒歩、車、自転車で行ける知名度の低いルートを5つご紹介します。ここで提案するテネリフェ島の火山地形を学ぶ旅は、ワイナリーや島の伝統的な製粉所、さらにはボートルートの訪問を組み合わせたものです。

表示中

15の検索結果のうち1から12を表示