Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
トリハスのアイスクリーム添え

庶民的な料理-聖週間のスイーツとレシピ

none

聖週間はスペインで最も伝統的な祭りのひとつであり、通りも菓子店も(これは甘党の方へのメッセージですが)、忙しさがひときわ増す時期です。トリハス、モナ・デ・パスクア、バルトリージョ、ペスティーニョ、ブニュエロ…。ほかにも、3月から4月にかけて味わうことのできるスペインのスイーツが、特にこの時期、菓子店のショーウィンドウに所狭しと並べられます。これらがどのような菓子なのか、そして、どの地域の特産なのかをお教えしましょう。 付記:聖週間では、スイーツばかりが食べられているわけではありません。この祭りの期間中の代表的なスープ料理もご紹介します。

トリハス-聖週間の宗教行列が催される午後にぴったりのおやつ

聖週間が伝統ならば、その最も優れたデザート、トリハスの伝統もそれ以下ではありえません。トリハスの起源は、修道院で作られる滋味深い菓子にあります。そこでは、硬くなったパンを無駄にしないために牛乳と蜂蜜に浸して柔らかくし、風味を与えていたのです。材料やその形から、他の菓子を思い起こさせるかもしれませんが、トリハスにはオリーブオイルで揚げるという秘訣があり、これによって他の菓子とは異なる美味しさが引き出されています。仕上げに砂糖を振りかけるか、お好みでシロップ、蜂蜜、ワインに浸すかして味わいます。 トリハスは聖週間の最も典型的なデザートですが、その柔らかくてジューシーな口当たりがスペイン人に大変好まれているため、朝食やおやつ、あるいはデザートとしてもよく食されています。実際、聖週間の伝統のひとつを体験してみることをお勧めします。つまり、行列を見に出かけたら、休憩がてら、ほっぺたが落ちるようなトリハスを試してみるのです。

トリハス

モナ・デ・パスクア-イースターマンデーに食べるスイーツ

モナ・デ・パスクアは、スペインの地中海沿岸のほぼ全域で食される、聖週間の菓子のアイコンです。モナ・デ・パスクアには特に人気のバリエーションがふたつあります。ひとつは、バレンシア州とムルシア州で食される最も伝統的なもので、甘いブリオッシュの生地の上にゆで卵が飾られています。もうひとつはカタルーニャ州でより知名度が高いバリエーションで、菓子パンに、チョコレートの卵あるいはチョコレートで出来た独創的なフィギュアが飾られたものです。実際、多くの菓子店のショーウィンドウは、驚くほど精巧に作られた作品が並ぶチョコレート博物館へと姿を変えます。モナ・デ・パスクアは祭りの期間を通して、主にバレアレス諸島、カタルーニャ州、バレンシア州、ムルシア州で味わうことができます。ただし、伝統的には復活祭翌日の月曜日を祝うために食べるのが習わしです。モナ・デ・パスクアは宗教的な祭りに伴う禁欲の終わりを表しており、大抵は家族が集まった場で食されます。これは、祖父母あるいは名付け親たちが、孫や名付け子たちにこの菓子を贈るのが通例だからです。

モナ・デ・パスクア

ペスティーニョ、ブニュエロ、レチェ・フリータ、フローレス・デ・クアレスマ…-毎日、何か新しいものを

トリハスとモナ・デ・パスクア以外にも、聖週間特有の菓子はあらゆる種類におよびます。そのほとんどは一口大の小さなもので、油で揚げた小麦粉の生地に、蜂蜜(たとえば、アンダルシアで非常に人気のあるペスティーニョ)、砂糖(ブニュエロなど)、カスタードクリームのフィリング(マドリ―ドでよく食されるバルトリージョなど)で甘みがつけられています。また、生地を花の形にカリッと揚げ、砂糖とチョコレートで飾った繊細な菓子(全国で手に入りますが、カスティージャ–ラ・マンチャ、カスティージャ・イ・レオン、エクストレマドゥーラ、ガリシアの各州でより一般的に食されています)や、アニスの香りと味がする聖週間の揚げドーナツ(アンダルシアでは、宗教行列を見ながらこれを頬張るのがなんと言っても定番です)も是非お試しください。スペイン北部では、この時期、デザートにレチェ・フリータを食べることがごく一般的です。

レチェ・フリータ

スープ類-聖週間のたびに返り咲く伝統レシピ

聖週間は宗教的な祭りであり、歴史上、カトリック教会は祭りの期間中の肉の消費を制限してきました。それが理由で、多くのレストランや家庭では、肉を使わない昔ながらの伝統的なレシピの出番となります。中でも、特に人気のソパ・デ・ビヒリア(小斎のスープ)とソパ・カステジャーナ(カスティージャ風スープ、別名ニンニクのスープ)のふたつをお勧めします。ソパ・デ・ビヒリアは、ほうれん草、ゆで卵、タラ入りの豆類のシチューです。ソパ・カステジャーナは特にスペイン北部でよく目にするスープであり、カスティージャ・イ・レオン州の多くの場所では、伝統的に聖金曜日の明け方に食するのが習わしとなっています。

ソパ・カステジャーナ(カスティージャ風スープ)
に関する詳細をごらんください