Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
サンタンデールの眺望、プンタルビーチから望むマグダレーナ宮殿

サンタンデール、総帆を張って

Cantabria

湾を囲んで巡る街

サンタンデール(カンタブリア州)市街の海辺の散歩道は、世界で最も美しい湾に含まれ、特に2014年に世界セーリング選手権の舞台となってから、訪問に値するのに十分な魅力を備えております。海を目前にして美食を楽しむ天国のような美しい休日を数日過ごすのにもってこいのこの街は、建築家レンゾ・ピアノの晩年の作品の一つを備えるという特権を手にしています。そしてこの海辺の散歩道のほぼ反対側には、目を見張る建築物ラ・マグダレーナ宮殿と、カンタブリア海でおおわれた濃い緑の半島があります。

ラ・ドゥナとボティン・センター

サンタンデール到着後にまず気づくものがあるとすると、その湾が住民の生活を特徴づけていることです。海辺の散歩道の再構成により、ドゥナ・エスカロナーダのような最近の芸術作品が生まれました。アレハンドロ・サエラのデザインである階段/円形劇場は、そこに座って湾を、または場合によっては、この街が受け入れる国際マリーンスポーツ競技や、伝統的トライネラ(スペイン北部に典型的なボートレース)を眺めたりする場所です。 その一方、ボティン・センターは、新しい時代を表現します。レンゾ・ピアノによるこの建物は、この街に大切な文化資産を提供するだけではなく、この一体全体の現代化を提唱したのです。ペレダ庭園海の駅の近辺です。光を反射する真珠のセラミック27万個でコーティングされたボティン・センターは、展示室、視聴覚室、研修ルームとオート・キュイジーヌのタベルナを擁しています。

ボティン・センターの画像

エル・プンタルの特別なビーチ

この小さく静かな街の素晴らしさの一つとして、そこにある数々の、良質の砂のビーチが挙げられます。エル・サルディネーロ、ラ・コンチャ、マタレーニャス、エル・カメージョまたはロス・ペリグロス以外にも、サンタンデール地元民のとっておきのビーチがあります。湾の向こう側にある砂浜の一種エル・プンタルビーチで、ここに到達するには海を渡るか(夏には15分おきにフェリーが運行されています)、近くのソモから歩いてゆく(ソモまでは海路または陸路で移動可能)方法があります。.マグダレナ半島を背景に、モウロ島との境にある湾にイギリスからのフェリーが入港するタイミングと重なれば、このワイルドなビーチから指で船に触れそうなほどの光学的効果が得られるという素晴らしい光景を目の当たりにすることができます。お勧めは、海辺での食前酒とサンタンデールのどこかのビーチの散策を組み合わせて、スペイン北部の海辺の街の完全な静かさを堪能するというものです。   

サンタンデール初のビーチ・エル・サルディネーロ

漁師地区からラ・マグダレーナへ

漁師地区を訪れることは、最もこの街らしい地域に入ることです。漁師の住宅と、漁船が積み下しを行う埠頭とともに、この地域ならではの料理に親しむことができます。周辺環境のシンプルさは、魚市場の新鮮な魚や、そこで舌鼓を打つことのできるラバス(イカフライ)のおつまみで埋め合わされます。そして日常から豪華なものまで。マリーンクラブプエルトチコのヨット、フェスティバレス宮殿カジノの贅沢、そしてマグダレーナ半島です。アザラシやペンギンまで生息するこの美しい自然空間の頂上に、スペイン王室の避暑地として、英国やフランスの様式を取り混ぜて1911年に建造された宮殿がそびえています。現在では、会議や披露宴などのイベント会場となる他、メネンデス・ペラヨ国際大学の人気夏期講座の会場でもあります。この学術機関では毎年夏、サンタンデールの文化に革命を引き起こす、知識人や政治家といった国際的有名人が集まります。

サンタンデールのマグダレーナ宮殿

マタレーニャスの断崖とゴルフコース

湾に魅了された詩人たちの土地であるだけではなく(ホセ・イエロ、ピックまたはホセ・マリア・デ・ペレダに捧げられたモニュメントで思い出すはずです)、近郊の村ペドレーニャ出身で世界で名を馳せた選手セベ・バレステロスのおかげでこの街は、ゴルフのようなスポーツとも深いつながりを持っています。ゴルフ好きは、マタレーニャスの牧歌的な環境で練習することでができます。またここにはゴルフコースに加えて、断崖を取り巻きカボ・マヨール岬の灯台で終わる散歩道もあります。ここでは「北東」の風が吹く限りいつも晴れていると言われており、運が良ければ素晴らしい景色を眺めることができます。

サンタンデール・マタレーニャスのビーチとゴルフコース
に関する詳細をごらんください