Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サンタンデールのマグダレーナ宮殿

マグダレーナ宮殿

Cantabria

1908年に建設が始まったこの壮大な宮殿は、現在ではサンタンデールの街を象徴する建物の一つとされています。マグダレーナ半島の高台にあり、国王アルフォンソ13世と王妃ビクトリア・エウヘニアの夏の離宮でした。1933年からは、メネンデス・ペラヨ国際大学の校舎として、また会議場・ミーティング会場として利用されています。 

マグダレーナ宮殿ではこれまで閣僚サミットをはじめ、様々なイベントが開催されてきました。また、夏の間はメネンデス・ペラヨ国際大学の各種講座が開講されています。宮殿は、多様な建築様式が混在する造りで、ネオ・サンタンデール様式やモダニズム様式のほか、基本的にイギリスやフランスから影響を受けています。その結果、細身でエレガントな建物が誕生しました。 内部では、メイン階段とさまざまな広間が際立っています。また、この宮殿が王室の住居であった時代の家具や写真、絵画などの貴重なコレクションも収蔵されています。絵画では、ソローリャをはじめ、当時の巨匠たちの作品が際立っています。ガイドツアーは予約制で、宮殿のホームページからお申し込みいただけます。 また、宮殿を囲む広大な庭園を散歩しながら、崖の美しい景色を眺めるのもおすすめです。実際、マグダレーナ半島には他にも、屋外海洋公園、ラ・セルダ灯台、王立厩舎、ラ・マグダレーナビーチやビキニビーチといった観光スポットがあります。マグダレーナ半島を巡る観光列車も運行しています。

マグダレーナ宮殿


Av. de la Reina Victoria, s/n

Santander, カンタブリア  (カンタブリア)

TEL::+34 942203084 Webサイト:https://www.palaciomagdalena.com/