Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
セビージャのスペイン広場を訪れる女の子

南スペインを通るロードトリップ

none

スペイン内陸部は訪れるべき目的地でいっぱいです。アンダルシア南部のドライブは忘れられない経験になるでしょう。以下では、いくつかの都市を通過する都市ロードトリップをご紹介します。その地をよく知るために立ち寄る価値のある場所ばかりです。 

セビージャ

オレンジの花の香りと独特の色にあふれた街セビージャは、両手を広げてあなたを待っています。ここでは、街のシンボルであるヒラルダなどの有名な場所を探索することができます。ヒラルダはサンタ・マリア・デ・ラ・セデ大聖堂の鐘楼で、その上からは独特の景色を眺めることができます。大聖堂のすぐ近くにあるアルカサルでは、14世紀に至るまで何年もの時をさかのぼり、その建築様式の融合に驚嘆することになるでしょう。典型的なアンダルシア料理を味わったりタパスを試したりするには、グアダルキビール川を渡ってトリアナ地区に行く必要があります。魅力と活気のある場所。セビージャの音楽はタブラオで体験するもので、そこでは最高のフラメンコを見て楽しむことができます。そして、最も近代的な建築物を訪れるには、セタス・デ・セビージャに行ってください。訪れる季節に応じて、聖週間と春祭りという2つの主要なイベントに参加できます。 

セビージャの家屋の上にあるヒラルダの様子

コルドバ

アンダルシア北部、セビージャとグラナダの間にある次の目的地はコルドバです。この街では、壮大なメスキータ大聖堂を訪れることができます。記念碑的な旧市街全域が世界遺産に登録されています。というわけで、プランの一部として狭い通りを歩き回ることをお勧めします。16のアーチを渡れる、ローマ橋にたどり着くことができるでしょう。夜には特別な魅力があり、カラオーラの塔も見ることができます。日中はキリスト教徒の王たちのアルカサルを訪れましょう。春にご旅行の場合は、花で街がいっぱいになる伝統的なパティオ祭りに参加することができます。しかし、お祭りの雰囲気はそれだけではありません。さまざまな居酒屋でも引き続きフラメンコのアートや音楽に出会うことができます。ここでは、フラメンキン(豚ロースのロールフライ)とサルモレホ(冷たいトマトベースのスープ)を注文してください。これらは、コルドバの典型的な名物料理2品です。

グアダルキビール川に架かるローマ橋とコルドバの壮大なモスク-大聖堂の様子

ウベダ(ハエン県)

次の停留所:ハエンから約56キロメートルの距離にウベダがあります。オリーブ畑の風景をドライブした後、静かに楽しむ価値のある世界遺産都市に到着します。バスケス・デ・モリナ広場を出発点とし、次の目的地はエル・サルバドール礼拝堂です。デアン・オルテガ宮殿に滞在することさえできます。この宮殿は今日ではパラドールとして利用されています。一日が過ぎてゆくにつれ、この街のルネッサンス地区の優れた保存状態に気付くことでしょう。見たものはすべて美しいお土産になりますが、写真以外のものを家に持ち帰りたい場合は、オリーブオイルやさまざまな陶器が最も一般的なお土産となるでしょう。 

ハエンのウベダ、エル・サルバドール礼拝堂のパティオの様子

グラナダ

ルートの仕上げに、グラナダへと向かいます。シエラ・ネバダを背景に、この街は旅行を締めくくるのにふさわしい目的地となるでしょう。アンダルスの明確な足跡がその隅々に息づいています。すべてを支配するアルハンブラから始めましょう。庭園、建物、パティオからなる一群ではライオンの中庭が際立っており、すぐ近くにはナスル朝の王の別荘だったヘネラリフェがあります。サン・ニコラス展望台からは、壮大なパノラマビューを眺めることができます。訪れるべきもう一つのモニュメントは大聖堂です。グラナダの豊かな建造物群に加え、ユネスコによって世界遺産に指定されたアルバイシン地区に足を運ぶことをお忘れなく。

クラナダのアルハンブラ宮殿の様子
に関する詳細をごらんください