新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

カトリック両王のアルカサル

Córdoba

女王イサベルと王フェルナンドの居城

この宮殿要塞でカトリック両王は8年間統治しました。

この建物はキリスト教王の居城でしたが、その後異端審問裁判所の本部となり、後に民事刑務所、そして最後には軍事刑務所となった経緯があります。素晴らしい庭園があり、中でも「諸王の散歩道」(Paseo de los Reyes)にはこのアルカサルに縁のあるすべての王の像が建立されています。1931年に歴史的モニュメントに指定され、1994年にはユネスコにより世界遺産として指定された地区に統合されました。庭園は1986年のP.G.O.U.「都市整備総合計画」により保護されています。かつてのカリフの要塞の廃墟に位置しています。

カトリック両王のアルカサル


Calle Caballerizas Reales s/n

14004  Córdoba, コルドバ  (アンダルシア)

おすすめプラン

次の訪問