Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
コルドバ大聖堂のオレンジの木の中庭

コルドバ大聖堂のオレンジの木の中庭

Córdoba

その起源は、784年にアブド・アルラーマン1世がモスクの最初の工事を行った史実に遡るため、ヨーロッパで最も古い「現存の」庭園と見なすことができます。囲まれた敷地は、およそ50メートル×130メートの広さで3つの部分に分かれており、中央には美しいルネッサンス様式の噴水があります。当初からザクロ、ヒノキ、ナツメヤシの木などの植物のエレメントがありましたが、現在では少なくとも18世紀末に移植されたオレンジの木が98本、列になって植えられています。

コルドバ大聖堂のオレンジの木の中庭


Calle Cardenal Herrero 1

14003  Córdoba, コルドバ  (アンダルシア)

おすすめプラン

次の訪問