Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ウベダの眺め(ハエン、アンダルシア州)

ウベダ

オリーブ畑の中のルネサンス

Jaén

美しいルネサンス様式の建物はこの世界遺産都市の主要な魅力であり、近隣のバエサとともに、ルネサンス時代の芸術のあり方を知る上でヨーロッパ有数の場所です。

そのため、アンダルシアの内陸部の観光には良い選択肢です。教会、宮殿、貴族の家を眺めながらの散歩に加えて、オリーブの木の風景に囲まれているのでとてもリラックスできます。さらには、レストランやタパスバー、そしてこの地域で有名なオリーブオイルを味わうこともできます。

衝撃的で保存状態の良いルネサンス様式の建築群

ウベダには様々な文明の足跡が残されていますが、15世紀から16世紀にかけては、当時流行していたイタリア・ルネサンス様式を採用した建物が建てられました。その驚くべき宮殿の数々は、当時の貴族の権力を最もよく証明しています。街歩きのスタートに最適な場所は、ヨーロッパで最も美しいと言われているバスケス・デ・モリーナ広場です。そこにはエル・サルバドールの聖なる礼拝堂があります(スペインで唯一保存されているミケランジェロの彫刻だということをご存知でしたか?)。さらに、デアン・オルテガ宮殿(現在は宿泊可能なパラドール)、市庁舎サンタ・マリア・デ・ロス・レアレス・アルカサレス教会マンセラ侯爵宮殿などが続きます。プリメロ・デ・マヨ広場と最古の教会の一つサン・パブロ教会もお見逃しなく。また、「アンダルシアのエスコリアル」と呼ばれるサンティアゴ病院も必見です。ウベダの最も驚くべき秘密の一つが、2007年に発見されるまで隠されていた水のシナゴーグです。夏至の時季には自然光が特別な形でここまで入ってくるので、それを祝うために文化フェスティバルが開催されます。また、壮大なパノラマを手に入れたいなら、レドンダ・デ・ミラドーレス通りまで足を運べば、ウベダが「千の丘の街」として知られている理由がよくわかるでしょう。サン・ロレンソとサン・フランシスコの各展望台からは、マヒナ山脈と「オリーブの海」(ハエンだけでも6,500万本以上のオリーブの木があります!)を眺めることができます。

オイル:ウベダの液体の黄金

マヒナ山脈の原産地呼称をもつオリーブオイルは、この地域の特産品の主役です。そのため、アンドラホス(小麦粉で作った皮にタラやウサギ肉を加えたシチュー)やオチオス(スモークパプリカ入りのパン)などの典型的な料理にオリーブオイルが使われていることは驚きではありません。また、オリーブの木とオイルのビジターセンターが用意されていることにも納得がいきます。ここでは、テイスティングのワークショップやオリーブ畑訪問などのアクティビティに参加することができます。最高のオイルは市内のさまざまなタパスバーやレストランで味わうことができます。中には、古い列車の車両の内部を再現したオリジナリティあふれる店もいくつかあります。さらに、ガストロノミーフェア「ルネサンスのなかで」(1月から3月の間)の期間中にウベダを訪れれば、この季節の代表的な料理を試すことができます。市が主催する大きなイベントはこれだけに限りません。権威ある国際音楽舞踊祭(5月~6月)やルネサンス・フェスティバル(7月)も開催され、展示会やコンサート、当時のディナーパーティーなどが開かれます。最後のアドバイスはこちら:ウベダは手工芸品の工房があることでもよく知られているため、素敵なお土産をお探しなら、ウベダの陶器工房を見て回って作品を購入したり職人の手作業を見学したりしましょう。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


お役立ち情報

アクセス方法 – 交通機関情報


交通手段を選択して目的地へのアクセスと移動方法をご覧ください。

へのアクセス方法 列車

  • リナレス・バエサ駅は、ウベダから26㎞離れた場所にあります。

  • マドリード(3時間15分~)、セビリア(約2時間45分~)、マラガ(約2時間40分~)などへの直行列車があります。

  • ウベダ駅からウベダの中心部へは、車、タクシー(20分~30分)、バス(約50分)でアクセスできます。

  • コルドバの高速鉄道駅は約150㎞離れています。

  • チケットを予約する

へのアクセス方法 バス

  • ウベダのバス駅は歴史地区のそばにあり、主要な観光スポットから徒歩で5~20分です。

  • バエサ(所要時間約15分)、グラナダ(所要時間約2時間)、マラガ(所要時間約4時間半)、マドリード(所要時間約4時間)などの目的地と直行便で結ばれています。

アクセス方法 道路

  • 北部(例えばマドリード)からは、バイレンまでA-4自動車道を利用して、その後A-32。

  • 南部(グラナダまたはハエン)からは、自動車道A-44を利用し、A-316に入ります。

での移動方法 バス

  • 市バス2路線が市内の要所を通過します。

  • おおよその運行時間は、1番バスについては午前7時~午後8時50分、2番バスについては午前7時~午後4時となっています。

  • 詳細はこちらをご覧ください

での移動方法 その他の交通手段

  • 歴史地区を見て回るには徒歩が一番です。

  • ウベダのタクシーは白で、ドアには深紅色の斜線が入っています。コレデラ・デ・サン・フェルナンド通りとサン・ホセ通り(バス駅の隣)にタクシー乗り場があります。

  • 自転車.急な坂道がいくつかあることや、ほとんどの道が石畳になっていることを考慮する必要がありますが、自転車でも市内を問題なく走ることができます。ウベダには自転車専用レーンがあります。また、バエサとの間を結ぶ約8.5kmのサイクリングロードがあり、サイクリング好きの方にはお勧めです。

イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。