Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
レストラン「ビラプラナ」。カイシャフォーラム

マドリードのミュージアムに併設のレストラン&テラス

Madrid

食のアート


マドリードで文化を楽しむ一日を過ごすのは簡単です。世界有数の ミュージアム があります。そのうちいくつかは、パセオ・デル・アルテとして知られるスポットに集中しており、約1キロメートルあまりのこの芸術の散歩道で、国立プラド美術館、ティッセン美術館、ソフィア王妃 芸術センターを見つけることができます。その上、首都マドリードでは、新しい文化センターが次々とオープンしています。しかも、いいお知らせです。目を喜ばせたり、造詣を深めたりしながら、アートに親しむ午前または午後を楽しんだ後、多くの美術館では胃袋も喜ばせることができます。これは、併設の レストランテラス があるためで、楽しいひと時を過ごし、美術館の見学体験を締めくくることができます。一緒に心と身体を養いましょう。

ティッセン美術館。ヨーロッパの絵画の歴史をたどるこの美術館の見学は、とてもおすすめです。しかも夏なら、さらに楽しめます。というのも、7月から8月にかけて、屋上に、ヘロニモ地区の見事な景色が望めるティッセン展望台や、豪華な地中海料理を提供するレストランがオープンします。他とは違う、行ってみたい別のスペースは、レストラン「ラス・テラサス」。まさに都会の ビーチクラブ です。ソフィア王妃美術館。ピカソの ゲルニカ をその目で見て感銘を受けた後は、一休みして、そこで味わった経験についておしゃべりするのもいいですね。この美術館では、2つのガストロノミーを提案しています。ひとつは、レストラン「アルサバル」。もうひとつは、カフェテリア・レストラン「ヌベル」で、頻繁にライブ演奏を行っています。

国立ソフィア王妃芸術センターのカフェ

カイシャフォーラム。発電所を改修した後に設けられ、巨大な垂直庭園が目を引くこの空間では、企画展が、常に関心を集めています。見学の合間に 一息 つくなら、最上階のレストラン「ビラプラナ」へ。時々、展覧会にちなんだテーマのコース料理を提供しています。「ピサロ」や「コルビュジエ」というコース料理を食べると言うと、聞こえがいいですね。もう少し軽め食事をという方は、カフェテリアで、厳選された紅茶、クッキーをいろいろ味わえる、アフタヌーンティのひと時を楽しむことができます。服飾博物館。市内の中心部から少し離れて学園都市地区に向かい、特にファッション好きにはおもしろい場所を見学しましょう。18世紀以降のスペインの服飾の歴史を振り返ることができます。シェフの創作料理が味わえる、併設の「カフェ・デ・オリエンテ」は庭と静けさに囲まれ、いつでも、食事を楽しむには格好の場所です。

服飾博物館。マドリード

カサ・エンセンディダ。スペインの首都で最も斬新な文化スペースのひとつで、ここでは、展覧会を見に行く他、パフォーマンス、コンサートなどを鑑賞できるのも珍しくありません。また、夏になると、屋上にテラス席がオープンします。ゆっくりと何か食べたり飲んだり、屋外で音楽や映画の上映を楽しんだりするには、もってこいの場所。マタデロ。かつての食肉処理場、マタデロの施設が、いかにしてマドリードで最も活気あふれる文化センターのひとつに変わったのか、その変貌をその目で見ると衝撃すら感じます。館内には劇場、読書場、映画上映室、デザインマーケットも……丸一日ここで過ごしたいなら、飲食スペースは、「カフェ・テアトロ」バル、「カンティーナ・デ・ラ・シネテカ」(自家製オーガニック料理と魅力的な中庭あり) の他、毎年夏にオープンする屋外のテラスバーの3つがあります。ちなみにテラスバーでは、音楽やアートインスタレーションが楽しめることが多く、キッチンカーもよく来ます。

カサ・エンセンディダ。マドリード

芸術協会。同協会が開催する企画展の他、欠かせないスペースがあります。それは協会の屋上を意味する「アソテア・デル・シルクロ」。ここから望める恵まれた景色から、マドリードで最も有名なテラスレストランのひとつでもあります。屋上まで上り、カクテルを飲んだり、ディナーを楽しんだり……でもハイライトは、間違いなく夕暮れ時です。ロマン主義博物館。最後に魅力たっぷりの見学を提案いたします。ロマン主義の時代のブルジョワ階級の日常生活を再現した小宮殿で、当時の暮らしをご覧いただけます。見学の後は、庭園の一角に設けられた落ち着きのある「カフェ・デル・ハルディン」がお待ちかね。おしゃべりやリラックスの他、例えば絶品の自家製ケーキが味わえる場所。

芸術協会の屋上。マドリード
に関する詳細をごらんください