Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
夜のサンティアゴ大聖堂

ヨットまたは列車ホテル、サンティアゴ巡礼路を行うオリジナリティーあふれる2つの方法

none

巡礼の道を忘れがたい体験にするためのオプション

サンティアゴ巡礼の道は、ゴールそのものよりも道のりのほうが重要であるともいえる唯一無二のルートです。伝統的な方法は徒歩で、常に数キロ歩く必要がありますが、より快適なオプションがあり、その経験はさらに忘れがたいものになります。

海からの道

サンティアゴ巡礼の道には、ヨットで達成できる、船乗り向けのバージョンがあります。途中サンタンデール、ヒホン、ア・コルーニャといった港に立ち寄ります。ノースマリーナス協会は、毎年(通常は夏に)「ナベガ・エル・カミーノ(巡礼路を航海しよう)」という渡航イベントを開催しています。船やスキッパーの資格の有無にかかわらず、ひとりでもグループでもご参加いただけます。通常1月から、協会のウェブサイトにて申し込みが可能となります。 

いつでも好きな時に気まままに行いたいという方でも、船で巡礼の道をだどることができます。船を借りる、スキッパーを雇う、自分でセーリングするといった選択肢が常にあります。コンポステーラ(サンティアゴ巡礼路の達成を裏付ける証明書)を受け取りたい場合には、モンテ・ド・ゴソの最終スタンプを受け取るために、少なくとも100海里航行し、最後の数キロメートルを徒歩で行う必要があります。立ち寄る港の中には、クディジェロ、サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラ、ベルメオといった興味深い漁村があります。サンティアゴ巡礼の道を海上から行くその他のルートに、アロウサ海とウージャ川を行く聖ヤコブの道があります。このルートはカタマランで行われ、使徒ヤコブの亡き骸が海を経由してガリシアに流れ着いたことを記念しています。船はシーフードで有名な町オ・グローベを出発し、パドロンに到着します。

サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラの港

列車で行く巡礼路

巡礼列車のことで、マドリードからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの区間を走り、寝台と飲食サービスを提供するレール上のホテルです。ひとたびガリシアに入ると、列車はビゴ、ポンテベドラ、ビラガルシア・デ・アロウサといったさまざまな町に停車します。それぞれの場所で、一区間全部を終わらせるか半分だけにするか、徒歩で行くか自転車で行くか、または街を見学するために丸一日使うかを選択することができます。この場合、サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着した際、徒歩で100キロ(自転車で行く場合は200キロ)巡礼を行っていた場合に限り、コンポステーラを受け取ることができます。また、荷物は常に電車の中に置いたままでよく、毎晩電車の中でゆっくり休めるという利点があります。巡礼列車は通常8月に運行され、旅の期間は4泊5日です。

巡礼列車のコラージュ
に関する詳細をごらんください