Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バスク州ビルバオ市の風景とラ・リベラ市場

2日間で巡るビルバオ

Bizkaia

前衛建築


2日間の休暇を取り、スペインで最も前衛的な都市の1つを巡りたいなら、ビルバオが最適です。48時間しかない場合でも、ビルバオ グッゲンハイム美術館などのさまざまな国際的な建築家が手がけた最も革新的な建物から、旧市街のモニュメントまで巡ることができます。さらに、国内で最も美味しい料理の1つを試すことができます。ピンチョスについて聞いたことはありませんか?

1日目

初日は、ビルバオを2つの観点から知るために費やしましょう。高所から見た街と、グッゲンハイム美術館エウスカルドゥナ宮殿などのアイコンを備えた最新のビルバオです。最も充実した日があなたを待っています。

朝は「上から」

ビルバオでの1日の始まりにぴったりな場所の1つとは?間違いなく、アルビアの庭園の隣にある伝説的なカフェ・イルニャで朝食をとることです。このカフェは、1903年の開店以来、ビルバオ市民と旅行客のベンチマークとなっています。ビルバオの河口を渡って10分以内に、海岸沿いにエレガントな市庁舎があります。ここで旅行の最初の写真を撮る時間です。その後、少し歩くと、アルシャンダケーブルカーがあり、コンポ・ボランティンのエリアとアルシャンダ山がつながっています。ビルバオの素晴らしい景色を楽しめるお勧めのスポットです。山を降りたら、現代建築の最初の1例と出会う番です。スビスリ橋(建築家サンティアゴ・カラトラバによる)は、日本の建築家磯崎新によるイソザキ・アテアの塔を背景に鑑賞しましょう。河口に沿ってゆっくり歩くと、きっとあなたの旅の必須観光ポイントであるビルバオのグッゲンハイム美術館に行くことができます。

左:市庁舎 / 中央: スビスリ橋/ 右: ビルバオ グッゲンハイム美術館、バスク

グッゲンハイム美術館とランチタイム

博物館の門で最初に目に入るのは、ブルジョワによる「ママ」と呼ばれる高さ9メートルの巨大なクモの彫刻です。さらに驚かされるのは、フランク・ゲーリーが高度な航空宇宙ソフトウェアの助けを借りて設計した33,000個の湾曲したチタン板で作られた博物館そのものであり、この都市のシンボルとなっています。建物の外にあるもう1つの驚きは、ジェフ・クーンズが鋼と花で作った巨大な犬、パピーです。

時間の余裕があれば、美術館の中に入って現代美術に特化した常設および一時的な展示を見たり、そこで食事をしたりするのがおすすめです。いくら時間があっても持て余すことはないでしょう。

エウスカルドゥナ宮殿とアズクナ・ゼントロアでの午後

昼食後、ビルバオに建設された最後の橋の1つであるペドロ・アルペ歩道橋を渡り、デウスト大学を見学することができます。もう一度デウスト橋を渡り、アバンドイバラ通りを歩いていくと、現代建築のもう1つの重要なシンボルである、あらゆる種類のショーや展示会が開催されるエウスカルドゥナ宮殿にたどり着きます。

左:デウスト大学 / 中央: エウスカルドゥナ宮殿 / 右: アルホンディガ バスク州ビルバオ

食事の後、午後をゆったりと歩き続けるには、サビノ・アラナ、ロドリゲス・アリアス、アラメダ・ウルキホなどの通りを通ってエンサンチェ地区に入るのがおすすめです。こうして、雄大なアルホンディガの建物(アスクナ・セントロア)に移動します。ここの古いワイン店はフィリップ・スタルクによって再設計され、今日では展示ホール、映画館、デザインコーナー、またはディナーができるレストランがあり、夏には落ち着いてテラスでドリンクを飲むことができる多目的な文化センターとなっています。最も充実した日をお送りいただけましたか?

必見スポット

見どころ


2日目

今日はエンサンチェ地区と、旧市街に集中している最も伝統的なビルバオを組み合わせたルートを巡っていきましょう。有名な「7つの通り」を探索し、最高に美味なピンチョスを試してみましょう。準備はいいですか?

明日はベゴニャ大聖堂です

早起きした方は少し離れた場所で1日を始めて、上から街を眺めることをお勧めします。ではどのスポットがお勧めでしょうか。それはビルバオのシンボルの一つであり、海と関連の強い聖母ベゴニャが崇拝されている聖地、ベゴニャ大聖堂です。16世紀以来、多くのビルバオボートが「ベゴニャ」と呼ばれてきたこと、または河口を辿ると海の人々が聖域に挨拶することをご存知でしたか?そこから旧市街に行くには、歩いてマロナの階段を降りてプウナムノ広場に行くことをおすすめします。日曜日であれば、まずアレナル公園に行ってみましょう。アレナル公園では、美しいフラワーマーケットが開かれ、色や香りが一面に広がっています。さらに、ウナムノ広場は、コーヒーを飲みながら雰囲気を楽しむのに最適な場所です。

バスク州ビルバオのベゴニャ大聖堂

ビルバオのもっとも伝統的なキャラクター。

街の旧市街の石畳の通り、特に「7つの通り」として知られる地域、つまりソメラで始まる平行の通りに迷い込んでみましょう。通りと周辺を散策してゆくと、たとえば、ヨーロッパ全土でも最大級の市場であるリベラ市場を訪れることができます。この市場は非常に特別な場所です。ここには新鮮な食材の伝統的な屋台に加えて、ピンチョスを慎重に選択したバーレストランがあります(まだバスク地方の典型的なミニチュア料理でこれらのおいしい料理を試していないなら...ここでぜひ!)この地区にはさらに興味深い観光スポットがあります。サン・アントン教会、サンティアゴ大聖堂、または証券取引所の建物。ちなみに、この建物の横には、地上に星があります。ベゴニャ大聖堂を見ることができる7つの通りの唯一の場所を書き留めておいてください。

この時点でまだこの地区の飲食店で食事をされていないなら、近くのヌエバ広場まで歩いて行くことをおすすめします。日曜日であれば、毎週開催される市場に行く幸運に恵まれます。そこで親子はあらゆる種類のオブジェクトやアンティークを探して交換します。さらに、ピンチョスのバルがたくさんあります。地元のワイン、チャコリを添えてぜひお楽しみください。

お別れの午後

街では数時間しか残っていませんが、時間を活用しようと思います。ヌエバ広場から5分以内で、パリ・オペラ座からインスピレーションを得た美しい建物であるアリアガ劇場までゆっくり歩いて行きましょう。劇のチケットをご予約されているなら、その日にお別れを告げるのに良い方法です。

左:アリアガ劇場 / 中央: 州議会宮殿 / 右: バスク州ビルバオの「フォステリトス」地下鉄への入口

そうでない場合は、午後にエンサンチェの円形広場に向かって交差する地区にもう一度戻って探索しましょう。ここから、ドン・ディエゴ・ロペス・デ・ハロのグランビアに続いて、ショッピングができるいくつかの店、州議会の宮殿、ノルマン・フォスターによって設計されたことから、愛情を込めて「フォステリトス」と呼ばれる元の地下鉄の入り口があります。エルカノ通り沿いに行きそれほど遠くないスポットとして、午後はビルバオ美術館の完全なコレクションを訪れたり、ドニャ・カシルダ・イトゥリザール公園の湖のそばで休んだりすることもできます。

必見スポット

見どころ


アドバイスとおすすめ

ビルバオでの最も濃厚な48時間をご提案します。ただし、休暇日数がより長い場合は、他の3つのプランもお勧めします。1つ目は、ネルビオンの海を航海することです(Nautic Gourmet体験さえあることをご存知ですか)。2つ目は、ポルトガレテの(10キロメートル以内の)ビスカヤ吊り橋まで行くプランです。このつり橋は、ユネスコの世界遺産に登録された、エッフェル塔の作成者の生徒の作品です。そして最後に、特に夏の場合は、ビルバオから約20分のゲチョ周辺のビーチで海水浴をすることをお勧めします。

に関する詳細をごらんください