Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アルハンブラ宮殿の景観。グラナダ

グラナダ、展望台7選と名言7選

none

「グラナダで盲目であることほど人生で悲しいものはない」


この文言は市内で有名で、ほとんど全ての人がこれと同意見です。これが正しいか確かめる方法……最も眺めのいい展望台からこの街を見渡すことを提案いたします。

「これは世界で最も美しい夕焼けだ」 ――アメリカ元大統領ビル・クリントン。サン・ニコラス展望台から夕日を見て。目の前には、山脈を背景に、その壮麗な姿を見せるアルハンブラの眺望。「グラナダには、その谷間にある果実の赤い粒よりも魅惑がたくさんある」――フランスの小説家 ヴィクトール・ユーゴー。グラナダのもうひとつ意味のザクロを掛けた、この文豪が語る魅惑とは、魔法にかかったようにうっとりさせる魅惑。アルハンブラ宮殿を眺めながら、ロス・カルバハレス展望台 で、いつもの顔ぶれが自ら披露するフラメンコを楽しむように。また チュラ展望台から、世界のどこよりもフラメンコのリズムが響く地区、アルバイシンを眺める時の魅惑……「グラナダは、すべての感覚を解きほぐし、溶かしてしまうほど心を動かす」――フランスの画家 アンリ・マティス。この街の風景は、すべての芸術にインスピレーションを与えています。プラセタ・デル・コミノ展望台からは、アルハンブラ宮殿の荘厳な庭園と豊かな緑を見渡せます。「グラナダは人に対して無力だ。美辞麗句に対し、何も誰も身を守る方法がない」――スペインの詩人 フェデリコ・ガルシア・ロルカ。なぜなら、絶景の他、静かな サンタ・イサベル・ラ・レアル展望台のように、のんびりできる落ち着いたスポットもあります。

サン・ニコラス展望台で景色を眺めるカップル
サン・ニコラス展望台から望むアルハンブラの景色

  

「すべての街にはその魅力がある。グラナダにはその魅力、そしてすべての他の街の魅力がある」――スペインの作家 アントニオ・マチャド。サン・ミゲル・アルト展望台 まで上ると、最も高い地点から、モダンな街並み、アルバイシン、アルハンブラ宮殿、山脈の景色が広がるグラナダを眺めることができるでしょう。「好奇心旺盛な旅人は、心にグラナダを刻んでいる。たとえ訪れたことがなくても」――英国の作家 ウィリアム・シェイクスピア。アルハンブラ宮殿が主役でない、この街の別のパノラマを楽しみたい方は ラ・ロナ展望台へ。大聖堂やサン・ヘロニモ修道院の眺めが一望できます。市内には、他にもおもしろい景色が望める展望台がたくさんあります。例えば、グラナダ展望台 (市内と平野部の壮大なパノラマが広がる展望台) やプエルタ・デル・ソル展望台 (大聖堂が望めます)、クルス・ラウダ展望台 (アルバイシンの景色が楽しめる展望台) などはその一例です。これらは、総じて、またとない夕暮れを眺めるための素晴らしい絶景スポットで、アーネスト・ヘミングウェイのこの言葉を理解するのに役立ちます。「グラナダの太陽は、何てのんびりと沈み、水の下に隠れ、アルハンブラ宮殿に隠れていくのだろう!」* メキシコの詩人フランシスコ・デ・アシス・デ・イカサの言葉。

グラナダの屋根の景色
に関する詳細をごらんください