Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
カディスのオルベラの白い村々の様子

アンダルシアの海岸沿いの村でリフレッシュ

アンダルシア

スペイン南部の海の近くでゆったりとした日々を過ごしたいなら、アンダルシアが最高の場所でしょう。地中海と大西洋に囲まれた海岸線には、色々なサービスを提供するビーチが多くあります。白い家が並ぶ美しい村々や数多くの文化的オプションやエンターテイメントなど、日常から解放されるアクティビティが多くあります。アンダルシアへ行き、スペイン南部の陽気さを感じましょう。アンダルシアの海岸にある村々のいくつかを東から西まで、簡単に紹介します。

アルメリアの海岸

アルメリアの海岸は、手つかずの小川やビーチが有名なので、心からゆったりと海を楽しめるでしょう。ガタ岬・ニハル自然公園の周りでは、火山が起源の美しい風景を楽しむことができます。村々の中では、カルボネラスの漁港であるモハーカル(魅力的な白い家々の風景)やロケタス・デ・マル(大きなビーチ)がお勧めです。この辺りは1年の約95%が晴れという、スペインでも最も日当たりの良い地域です。思う存分に楽しみましょう。

コスタ・トロピカル

アンダルシアの地中海はグラナダ方面へと続きます。その70キロ以上続く沿岸はコスタ・トロピカルとして有名なのを知っていましたか?1年の320日以上が晴れの天気であり、年間平均気温が20℃であるのが、その名の由来です。

左上:モハーカルのインダロ。右上:ガタ岬。下:ロケタス・デ・マルの港

その風景では山と海が混ざり合い、シエラ・ネバダ国立公園やラ・アルプハラ国立公園など、自然豊かな場所を楽しめます。興味深い歴史地区があるモトリルは、海岸で最大の人口を有する町です。またサロブレーニャも人気の町で、海に面した丘に建てられた白い家々はアラブの城まで続いています。アルムニェカルには山脈に守られている穏やかな海があります。

コスタ・デル・ソル

コスタ・デル・ソルの中でも、国際的に有名な場所がマラガマルベーリャです。ゴルフ好きの人にとっては楽園のような場所です。 幅広い文化的アクティビティやレジャー、沿岸の大きな二大都市でのショッピングの他、ベナルマデナミハスエステポナといった活気あふれた通りやビーチが特徴的な場所もあります。

右:アルムニェカルのビーチ。左:シエラ・ネバダ国立公園、プラドニャノの空中写真

花々で飾られ小さなテラスのある白い家々に囲まれた狭い小路などの美しい隠れスポットでは、その一瞬一瞬を楽しむことができます。また地中海のビーチもいつでも楽しめます。

コスタ・デ・ラ・ルス

カディスとウエルバ地方に広がるコスタ・デ・ラ・ルスを紹介しましょう。名前だけに限らず、地域の明るさを示しています。近くの200キロ以上にも渡る沿岸には、スペインでも有数のビーチがあります。カディスはスペインの最南端で、地中海と大西洋が混じり合う場所でもあります。サン・ロケとサンルーカル・デ・バラメダの間にある沿岸には、海を臨める素敵な村がたくさんあります。

ドニャーナ国立公園の夕暮れ

例えばベヘル・デ・ラ・フロンテーラには白い家々のある小路が特徴的で、地中海への眺めも最高です。コニル・デ・ラ・フロンテーラは小さく穏やかな村で、広範にわたる黄金の砂浜の間に位置しています。サハラ・デ・ロス・アトゥネスやカニョス・デ・メカなども、リラックスするには最高の場所です。 ウエルバの長いビーチはプンタ・ウンブリアやイスランティージャなどの町までも続き、特に家族旅行者に最適の場所と言えます。湿地の風景とドニャーナ国立公園が特徴的なエリアです。モゲルパロス・デ・ラ・フロンテーラアヤモンテなどの町に足を伸ばせば、トレ・デル・ロロやラ・ボタ、ロス・エネブラレスやクエスタ・マネリなど、ほとんど手つかずで穏やかなビーチを楽しめます。

上:サンルーカル・デ・バラメダ、カディス左下:ベヘル・デ・ラ・フロンテーラの噴水右下:ベヘル・デ・ラ・フロンテーラの様子(©Rafa G.Bonilla)
アトゥン・デ・アルマドラバ

コスタ・アンダルシアの味覚

リラックスするために美味しい食事は不可欠で、アンダルシア南部では本当に美味しい食事を楽しめます。ガスパチョやサルモレホ(メインの食材としてトマトの冷製スープ)のような有名なレシピからエクストラバージンオリーブオイルやイベリコ生ハムなどのスペイン料理に欠かせない食品もありますが、せっかくの海岸旅行なので地域で最も人気の海鮮料理をご紹介します。ウエルバの車エビ、ペスカイートフリトやアトゥン・デ・アルマドラバなどはカディス地方の伝統料理です。イワシの串焼きはマラガで人気の一品、アルメリアの海鮮スープ(通常はアンコウと海鮮で作る)、モラガ・デ・サルディナ(グラナダとマラガの伝統料理)など、様々な海の幸が楽しめます。