Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ヒラルダの塔とセビリア大聖堂を背景に

セビリアでの2日間のルート

Sevilla

2日間でのセビリアの見どころ

セビリアは、聖週間4月の春祭り(Feria de Abril)で世界的に有名です。ただし、一年中いつでもアンダルシアの首都、セビリア観光を楽しむことができます。多くの歴史を持つ建物、活気に満ちた地区、ほぼすべての街角で見ることができるフラメンコは、セビリアがあなたを虜にする磁石です。 数日あれば、スペインで最も魅力的な街の1つを訪れることができます。芸術、歴史、楽しみ、そして多くの文化が、私たちの国での休暇で見逃せない旅行の一部です。

初日

移動: 列車で / 期間: 1日

歴史を通しての朝。トリウンフォ広場から朝の散歩を始めましょう。この中心地点には、セビリアの世界遺産の一部である3つの建物があります。リアル・アルカサル、インドのアーカイブ、ヒラルダの塔、セビリアの街全体を眺めることができる90メートル以上の高さの鐘楼があります。 さらに、探検家のクリストファー・コロンブスは、世界最大のゴシック様式の寺院である大聖堂に埋葬されています。少なくとも部分的には、セビリアのもう一つの象徴であるインディアス総合古文書館のおかげです。華麗なスペイン帝国時代に、アメリカから到着する商人や製品の玄関口として機能した建物。世界で最も古い宮殿の1つであるリアル・アルカサルを引き続き見て回りましょう。

セビリアのヒラルダ

午後の3つの “T”: 闘牛(toros)、タパス(tapas)、黄金の塔(Torre del Oro):午後、大聖堂から10分以内にアレナル地区に近づきます。街のバックボーンであるグアダルキビル川の隣には、街で最も本格的な地区の1つが待っています。そこには、現在海軍博物館である黄金の塔の歴史に関する別の見学が待っています。わずか10分のところに、セビリアのもう1つの代表的な場所、マエストランサ闘牛場があります。カラフルな外観に驚かされることでしょう。また、季節によっては闘牛を見ることもできます。午後の締めくくりには、夕食をお楽しみください。魚のフライやイベリア産ハムなどの最高のタパスを味わえる典型的な居酒屋が5分以内のところにあります。

セビリアの黄金の塔

多くの「妖精」がいる街:フラメンコショーに参加せずにセビリアを離れることはできません。マエストランサから5分、タブラオ「エル・アレナル」に足を向けるか、もう少し歩いて(約8分)、ロスガロスタブラオに行ってみましょう。ギター、歌、ダンスに夢中になる最高のフラメンコをライブで楽しむ2つのユニークな体験。

セビリアのタブラオ・フラメンコ
必見スポット

見どころ


2日目

移動: 徒歩で / 期間: 1日

活力に満ちた朝:トリアナ、サンタ・クルス、アルファルファ:セビリアでは、素晴らしいモニュメントだけでなく、その活気に満ちた地区を楽しむこともできます。この2日目は、アンダルシアの首都の最も象徴的な場所の1つであるトリアナのベティス通りから始めることをお勧めします。川のほとりにあるカラフルなファサードとたくさんのエンターテインメントが、カフェやバーで待っています。そこで典型的な朝食を食べて、エネルギー一杯に一日をスタートしましょう。トリアナ橋を渡り、中心部に向かって約15分間歩くと、サンタ・クルスとアルファルファがあなたを待っています。ここには、陶器や革製品などの地元の手工芸品店や地元の製品を購入できる人気の店がたくさんあります。さらに、サンタクルスには、セビリアの最も代表的な「絵になる通り」の1つ、花がたくさんあり、ジャスミンの匂いがする路地、カジェホン・デル・アグアがあります。

トリアナ橋

マリア・ルイサ公園からの緑のセビリアでの午後:このセビリアのルートを最後まで完成するには、セビリアの有名な「セタス」に行くことをお勧めします。エンカルナシオン広場にあるこの近代的な建物は、アルファルファ広場から5分のところにあり、そこから25メートル登れば、首都の中心部の1つである屋上が見えます。この体験の締めくくりには、「セタス」から5分のところにある、ラ・カンパナ製菓の名物スイーツをお楽しみください。セビリアは、スペインで最も手入れの行き届いた緑豊かなエリアの1つである、マリア・ルイサ公園も誇っています。この広大な庭は、「セタス」から徒歩約25分のところにあり、屋外でのピクニック、ウォーキング、スポーツを年中いつでも楽しめます。さらに、セビリアの最も有名なスナップ写真の1つであるスペインの独特な広場があり、セビリアでの時間を忘れられない思い出にするのに理想的です。この広場は、1929年のイベロアメリカ展の象徴的なスペースとして設計されました。

セビリアのセタス・デル・メトロポル

主人公としてのセビリアの夕日:最後は、馬車で歴史地区を探索しましょう。これらの馬車は事前に予約できますが、中心部のさまざまな場所にも乗り場があります。トリウンフォ広場、大聖堂、またはマリア・ルイサ公園には、セビリアについての物語であなたの旅行をより楽しくすることができる御者がいる馬車乗り場があります。夕暮れ時の古いヒスパリスの魅力に魅了され、レブリハノの歌手ファン・ペーニャが「lo que Sevilla te da, no te lo quita nadie(セビリアから与えられるもの、それは誰からも奪われない)」と言った理由を理解しましょう。

セビリアのスペイン広場の馬車
必見スポット

見どころ


見どころ

必見スポット


に関する詳細をごらんください
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン