54の検索結果のうち25から48を表示

マドリード王宮前でのカップル
都市観光

シティ・ブレイクの目的地、マドリード、バルセロナ、ビルバオ、マラガ、セビージャ

パートナーと旅行に行きたいと思っている方は多いのではないでしょうか。文化体験に最適な都市や、素敵なショッピングエリア、上品なレストランやグルメ市場、魅力的な宿泊施設など、いくつかのアイデアをご紹介します。 数日間休みを取れば十分楽しめます。これらの都市からの直行便を利用して、スペインにお越しください。ここでは各都市の主な観光スポットをご紹介します。

アテネオ・デ・マドリード図書館
都市観光 | マドリード

マドリードのラス・レトラス地区とグルメ

ひとりの旅行者が、マドリード中心部にある ラス・レトラス地区 を散歩中、地面にある碑文を見て目が釘付けになります。そこには次のように記されています。「愛の天使よ、最も清く美しい人里離れたこの海岸で月が輝き、他の場所よりほっとできるのは真実であろうか?」その旅行者は貴方かもしれません。そうであるなら、あなたはソリージャの作品 ドン・フアン・テノリオの断片を読んでいるということになります。ここは、スペイン文字の黄金時代(17世紀)最も名声があった人物の幾人かが住んでいたスポットとして有名なこの地区にある、多くの文学路地のひとつです。セルバンテス、ロペ・デ・ベガ、ゴンゴラ、ケベド… ...

知られざるマドリード市内の名所
都市観光 | Madrid

知られざるマドリード市内の興味深い名所

王宮やプラド美術館、レティーロ公園といった有名な観光スポットだけでなく、マドリードの通りの奥や屋上、歴史的建造物には、それぞれ語られるのを待っている魅力的な物語があります。街のあまり知られていないスポットを訪れてみたいなら、おとぎの国のような庭園、本でいっぱいの通り、素晴らしい景色が望める場所など、マドリードの違った一面を発見しましょう。

マラガのピカソ美術館の外観
芸術と文化 | Málaga

ピカソのマラガ

マラガ は、パブロ・ピカソが幼少期を過ごした街です。当時の雰囲気と日常生活が、フラメンコ、鳩、雄牛など、彼の絵画で繰り返し使われたテーマのいくつかを生み出すことになったのです。彼の生まれ故郷、マラガの街の通りを歩き、その作品と、偉大なスペイン人アーティストに強烈な印象を与えたスポットを探索しましょう。

Euskalduna Conference and Music Centre
都市観光 | Bilbao

ビルバオ:北スペインの美食、芸術、歴史の街

ビスカヤ県都に着くと、パピーが親切にお出迎えです。このカラフルな花の犬が、ビルバオ グッゲンハイム美術館で歓迎しビルバオの歴史を知るべくルートへと誘います。しかし、フランク・ゲーリーによってデザインされ、チタンパネルを使用した現代美術館は、このスペイン北部の街がかつて工業都市であり、このスペイン北部の街には、他にも訪れるのにふさわしいスポットがあることを思い起こさせてくれます。

マラガの眺め
都市観光 | Málaga

マラガ、「イット・シティ」…注目の国際都市

いくつかの理由から マラガ はスペインの主な文化大都市の一つとなっています。例えば ピカソの生家、現代アートセンター (CAC) や ロシア美術館 また カルメン・ティッセン、ポンピドゥーセンター初の国外拠点…さらに、30か所以上を数えるおすすめの展示スペース。これに映画祭、食の祭典、一か月にわたる音楽祭が加わり、国内外のイベントスケジュールの間を縫って、水を得た魚のように躍動する街となっています。

メリダの古代ローマ劇場
芸術と文化 | Mérida

メリダ、古代ローマ帝国を訪れる

ファッションショップを見て回り、角を曲がるとローマ時代の寺院があるのを発見する。2000年以上の歴史を誇る巨大な劇場で、オープンエアーのパフォーマンスを楽しむ。古代ローマの橋 を渡り、アラブの城塞 を真正面から眺める。それが メリダ。エストレマドゥーラ (スペイン西部) に位置する世界遺産都市 で、この街に関する知識を深めるお手伝いをいたします。

カン・カササヤスとペンシオン・マヨルキナ
芸術と文化, 都市観光 | Palma

パルマ・デ・マヨルカのモダニズム

ガウディ や ドメネク・イ・モンタネー など、カタルーニャのモダニズム建築の大物は、20世紀の初め、その美学で パルマ・デ・マヨルカ の建築物に影響を残しています。この見学コースは、市内の最も代表的な モダニズム建築 を巡ります。モダニズム――今なお、見る者にインパクトを与え続ける建築様式。

セウタのヘラクレスの塔
都市観光 | セウタ

4つの文化の最高級品が結集したセウタ

「地中海の真珠」として知られているセウタは、絶妙なニュアンスにあふれた目的地として、ジブラルタル海峡の向こうで皆さんをお待ちしています。アフリカ大陸の北にあるこのスペイン領の街は、4つの文化が組み合わさった独自性を持ち、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教とヒンドゥー教の伝統のバランスが取れています。その結果、2つの海に囲まれた地の利もあり、ホスピタリティにあふれ活気のある場所となり、驚くような食材でフュージョンされた料理をお届けします。さらに、最高気温が32度を超えない爽快な温度の微気候もあります。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
都市観光 | Bilbao

ビルバオ・アート地区

ビルバオ市内の通りは、まるで建築や現代アートの巨大な展示ケース。展示のほとんどは河口の周囲、ビルバオ グッゲンハイム美術館やアルビア庭園、国際会議場・コンサートホールの間のエリアにあります。ビルバオ・アート地区として知られるエリアで、文化とアートを街の日常に取り入れられるよう、年間を通じてアクティビティを実施する取り組みを行っています。

ピンチョ各種
グルメとワイン学 | Bilbao

ビルバオ、ピンチョからピンチョ

一口、多くても二口で、味と創造性を同じように楽しむ。それが ピンチョ。ビスカヤ、そしてバスク地方全体に広がるガストロノミーの偉大な主役のひとつです。つい見てしまうファッションのショーウィンドウのように、ビルバオのバルのカウンターは、新鮮さとたゆまぬ革新を見せています。もっとも定番で定着したピンチョと並んで、もっとも味にうるさい人たちを驚かせることを唯一の目的とする、斬新な創作料理を用意しています。

大聖堂近くの観光客、シウタット・ベジャ、バレンシア
都市観光 | Valencia

ビーチだけではない、バレンシアの見所

「ラ・テレタ」の愛称で広く知られているバレンシアに来ると、バレンシア州の州都で実現できるプランと訪れるべき場所の数に驚くことでしょう。地中海のこの一角では、海よりもはるかに多くのプランを実現できます。デザイン、グルメ、文化、伝統が、旅行を忘れられないものにするための重要な要素となることでしょう。

バレンシアのファジャスの衣装
ルート | Valencia

バレンシアのシルクロード

シルクロードは、バレンシアにおける布やその取引の重要性を紹介しています。 絹に関して欧州でも主な記録を有し、18世紀の絹の布や機織機の重要なコレクションを擁する街です。バレンシアは毎年その祭典で、この繊維で編み上げられた典型的な衣装で絹の伝統的な縫製を再現しており、この街の絹の取引センターだった場所を保存しています。世界遺産に指定されているラ・ロンハです。

バレンシアの歴史地区
都市観光 | Valencia

バレンシアを訪れるさまざまな方法

バレンシアは、立ち寄る価値のある都市です。再度の訪問で細部を知り、最初の旅で見落としていたスポットを新たに発見しましょう。有名な芸術科学都市を訪れる、またミゲレテ塔に登ることは何度でもお勧めです。日当たりの良い広場や市場で足を止めて雰囲気を楽しみ、モニュメントが隠し持つ伝説を発見し、カバニアルなど人気が再浮上した地域に行ってみる。そしてアルブフェラで地中海の光がどのように街の全てを包み込むのかを観察したりして、大満喫の訪問にしましょう。違った角度から街にアプローチできる魅力的で個性派のアクティビティをお探しであれば、これからご紹介するプランをご参照ください。

カセレスの全景、エクストレマドゥーラ
都市観光 | Cáceres

カセレスを2日間で満喫する

カセレスはスペインにある世界遺産の町の一つです。ヨーロッパで3番目に大きい史跡群を有し、中世の道、広場、宮殿、城壁は最高の状態で保存されており、訪れる人々をルネッサンス時代へと誘います。 カセレスには多くの見どころがありますが、この記事では2日間で絶対に見たい場所をご紹介します。メモをとってください!

表示中

54の検索結果のうち25から48を表示