89の検索結果のうち73から84を表示

Euskalduna Conference and Music Centre
都市観光 | Bilbao

ビルバオ:北スペインの美食、芸術、歴史の街

ビスカヤ県都に着くと、パピーが親切にお出迎えです。このカラフルな花の犬が、ビルバオ グッゲンハイム美術館で歓迎しビルバオの歴史を知るべくルートへと誘います。しかし、フランク・ゲーリーによってデザインされ、チタンパネルを使用した現代美術館は、このスペイン北部の街がかつて工業都市であり、このスペイン北部の街には、他にも訪れるのにふさわしいスポットがあることを思い起こさせてくれます。

クラナダのアルハンブラ宮殿にあるライオンの中庭
芸術と文化

アルハンブラ宮殿は、アンダルシアで世界遺産に登録されている10カ所のモニュメントのうちの一つです

アンダルシア州には確かに多くの世界遺産がありますが、その中でも突出していて最多の見学者数を誇るのは歴史的建築群であるアルハンブラ宮殿です。ダロ川をはさんで反対側にあるサン・ニコラスの展望台からその姿を眺めれば、その人気のわけが理解できるでしょう。夕暮れどきに、街頭アーティストたちが奏でるギターや歌を聞きながら眺めるのが最高です。米国の元大統領ビル・クリントン氏が「世界一美しい日没」だと宣言するには数時間の滞在で十分でした。

テイデ国立公園
自然, ルート | テネリフェ島

テネリフェ島の火山の中心に向かって

テネリフェ島(カナリア諸島)には見どころがたくさんあります。壮大なビーチ、有名なカーニバル、一年中快適な気温に加えて、あまり知られていない特徴もあります。この島の火山地形そのものが、噴火によって成形されたテネリフェ島の起源を物語っています。世界で3番目に大きな火山である海抜3,718メートルのテイデの山頂に到達することの達成感は計り知れないものですが、他にもこの地の散策方法があります。徒歩、車、自転車で行ける知名度の低いルートを5つご紹介します。ここで提案するテネリフェ島の火山地形を学ぶ旅は、ワイナリーや島の伝統的な製粉所、さらにはボートルートの訪問を組み合わせたものです。

ソミエド自然公園のカラバソサ湖を見つめる人
自然

スペインの自然保護区、ヨーロッパでも指折りの素晴らしい目的地

ヨーロッパ大陸にある自然スポットのなかで、スペインの自然保護区が重要な位置を占めている理由を探ってみませんか。 ユネスコに登録されている生物圏保護区が52カ所もあり、生態系の多様性や自然風景の豊かさを楽しめます。 読み進めれば、スペインの地に隠された5つの自然の素晴らしに驚かされることでしょう。

カンガス・デ・オニス(アストゥリアス)でシードルを飲みながら楽しむピクニック
自然

アグリツーリズム

カントリーハウスの魅力は、のんびり自然と触れ合えることです。スペインのカントリーハウスなら、シードル樽から直接飲んだり、家畜にえさをやったり、自分で収穫した食材を使って料理したりと、素敵な体験ができます。聞き慣れない言葉かもしれませんが、「アグリツーリズム」では、その土地の文化に触れ、子供も楽しめる、満足のいく体験ができます。アグリツーリズムに参加しているカントリーハウスの多くでは、オーナーやその家族と一緒に過ごすことができるほか、1軒丸ごと静かなバケーションのために利用できるタイプもあります。これまでに食べたことのない作りたての美味しい朝食が待っています。

オフロード自転車に乗るサイクリスト
スポーツとアドベンチャー

マウンテンバイク - スペインのオフロードを自転車で

スペインは、自然の中をマウンテンバイクに乗って駆け巡るのに絶好の場所です。マウンテンバイク(全地形対応型自転車)センターのネットワークが拡大の一途をたどっているおかげで、このスポーツの愛好者は数々の絶景に出会うことができる上、必要なものはすべて手に入れられるようになっています。何百キロメートルもの道のりを、一人で、またはご友人やご家族と一緒にペダルを漕ぎに来ませんか。

アリベス・デル・ドゥエロの展望台
自然 | サラマンカ. サモラ. 

アリベス・デル・ドゥエロ、主役のような川

カスティージャ・イ・レオン州西部のサラマンカ県とサモラ県の間に、スペイン内陸部でも最も印象的な風景の一つがあります。アリベス・デル・ドゥエロです。ドゥエロ川がおよそ100kmに渡り描く渓谷は、独特の峠道や峡谷の景色を作り出し、アリベス・デル・ドゥエロ自然公園を形成しています。.

ギフエロ産イベリコ豚の生ハムのカットの様子
グルメとワイン学 | サラマンカ

ギフエロ産イベリコ豚の生ハムを堪能するためのルート

イベリコ豚の生ハムが好物だという方や生ハムの伝統的な製法について学んでみたい方、あるいはイベリコ豚が飼育されている場所を訪れてみたいと思う方は、このルートをたどることで、サラマンカ南東部(カスティージャ・イ・レオン州内)においてそういった体験をする機会を得ることができます。ここではギフエロ産イベリコ豚の生ハムが生産されていますが、この生ハムは、スペインに4つ存在するイベリコ豚の生ハムの保護原産地呼称のうちの1つであり、国内で最初にその認定を受けた生ハムでもあります。イベリコ豚の生ハムをまだ口にしたことがないという場合や、口に合うかどうかわからないという場合は、このルートをたどれば答えが見つかるはずです。 ...

表示中

89の検索結果のうち73から84を表示