Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ソミエド自然公園の観光客

アストゥリアスのソミエド自然公園で過ごす一日

アストゥリアス州

この自治州では、 ソミエド自然公園のように、人間の手がほとんど加わっていない風景のある真の自然の楽園に出会えることでしょう。 アストゥリアス州で最も保存状態の良い保護区域の一つであり、スペイン全土で最も手付かずの自然地域が存在します。この自然公園は4つの大きな渓谷で構成されており、数多くのプラン、ルート、アクティビティを楽しみながら、自然の中で完璧な1日を過ごすことができます。

  • ソミエド生物圏保護区のカラバソサ湖

    サリエンシアの湖

    ソミエド生物圏保護区を構成する4つの湖。湖を訪れるには、長さ約8 kmの単純な円形ルートを辿ることができ、所要時間は約3時間です。最初に、高さ1,590メートル以上あるラ・クエバ湖が現れます。上り続けるとアルマグレラ湖に辿り着きます。水が張られていない場合もありますが、素晴らしい景色を眺めることができます。もう少し進むと、暗い水のセルベリス湖が現れ、時おり放牧牛が訪問者についてきます。最後に、ターコイズブルーとグリーンの水をたたえた最も深いカラバソサ湖が現れ、美しい風景を楽しめます。

  • アストゥリアスのヒグマ

    ベアウォッチング

    自然公園の一番の魅力は、哺乳類たちに出会う可能性があることです。この場所の広大さにもかかわらず、動物たちを見つけやすいエリアの一つは、ポラ・デ・ソミエドの町付近です。ここには、動物たちの目撃体験を提供することに特化している企業が数社あります。こういった企業を利用することで、この印象的な動物に出会える確率が倍増します。このアクティビティは小さな子供にとって素晴らしい経験となるため、特に家族連れにお勧めです。

  • ソミエド自然公園にあるテイト

    ブラニャとテイトを探索する

    自然遊歩道を歩き、自然公園の渓谷を渡ると、緑の牧草地に広がる寄り集まった小屋が見えます。これらの小さな家はその昔、ブラーニャを歩き回っていた羊飼いの拠点として使用されていました。ブラーニャとは草と水の牧草地で、秋と春に、牛や山羊、羊といった家畜を放牧していたところです。テイトと呼ばれるこれらの興味深い石造りの建物は、見慣れない緑の屋根が特に訪問者の注意を引きます。最も有名な同様のスポットは、ラ・ポルナカル、ムミアン、サリエンシアのブラニャです。

  • ソミエド自然公園にあるプリンシペ展望台

    プリンシペ展望台

    一日を締めくくる最高の方法の一つは、ソミエド自然公園を高所から眺めることができる、この壮大な展望台に上ることです。ここにたどり着くには、ほぼ完全に酪農に専念している小さな村、ラ・ペラルを通過する必要があります。かつてこの村は、牛が飼育されていた時期である春と秋にのみ人が住んでいました。村に車を駐車して、標高約1,380メートルに位置する1990年完成のプリンシペ展望台に到達すべく、さらに200メートルほど登ります。 

これらは、ソミエド自然公園の美しい環境の中で日帰りでできるアクティビティのほんの一部です。他にも自然に囲まれた一日を楽しむことができる家族全員向けの小旅行やアクティビティがたくさんあります。

に関する詳細をごらんください