Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
工房で作業を行う職人

スペインの工芸マーケットをいくつかご紹介します 

none

何世紀もの間、職人の仕事によって代々受け継がれてきた伝統が、今日でもスペインで生き続けいます。特に工芸品はその土地の文化を反映するため、訪れる場所によって購入できるものが異なります。スペイン全土で、職人芸が主役となる工芸品マーケットが開催されています。工芸品の収集がお好きなら、以下に紹介する工芸マーケットをぜひ予定表にメモしておきましょう。

  • カスティージャ-ラ・マンチャ州トレドにあるタラベラ・デ・ラ・レイナの見本市FARCAMAで製作された、タラベラ・デ・ラ・レイナの手作り陶磁器

    FARCAMA、カスティージャ・ラ・マンチャ工芸品見本市

    FARCAMAは カスティージャ-ラ・マンチャで開催される工芸品見本市で、全国レベルでよく知られているもののひとつです。毎年 トレドにあるムデハル様式の サンティアゴ・デル・アラバル教会からほど近い、パセオ・デ・ラ・ベガ通りの真ん中で開催されます。例年10月に10日間ほどの開催され、期間中に職人たちの露店の間を縫うように歩けば、作業している姿を見ることも可能です。お探しの工芸品が何であれ、FARCAMAでならきっと見つかるでしょう。この見本市には、鍛造品、ガラス、陶磁器、テキスタイル、皮革製品、宝飾品、木製品など、さまざまなジャンルの職人が一堂に会しているからです。目にする工芸品の多くは、 タラベラ・デ・ラ・レイナの陶磁器 やラガルテラの刺繍といった、この地方特有のものです。伝統的なグルメもこのフェアに欠かせません。通常、地場産品の試食コーナーが設けられ、 マサパン (マジパン)や手作りチーズをご試食いただけます。また見本市では、子供けの教育ワークショップも企画されます。お子様連れでご旅行中なら、タイルやムデハル様式の板絵塗りといった、もの作りの体験を楽しめるはずです。小さい子供達が楽しみながら、もの作りや大衆伝統の良さに触れる最良の方法といえます。また、ツイストバルーン、本の読み聞かせ、フェイスペインティングなど、きわめて創作的なアクティビティにもご参加いただけます。

  • マドリード州の工芸マーケット

    この工芸マーケットは、30年以上前から首都マドリードで開催され、クリスマスをさらに素敵なものに演出してきました。12月になると、街を象徴するシベレスの噴水とコロン広場の間にあるパセオ・デ・レコレトス通り沿いに、数多くの職人達が自分のスタンドを構えます。大半は マドリード州のアーティストですが、他にもスペインのさまざまな地域からクリエイターがやって来ます。 歩きながらスタンドを覗くと、金細工、帽子、陶磁器、玩具、彫金、コスチュームジュエリーなど、それぞれの職人が生涯をかけて、どのように仕事に取り組んできたかを垣間見ることができます。 ここに置いてあるような品物は、ショッピングセンターではなかなかお目にかかれないので、特別でユニークなクリスマスプレゼントを手に入れるには理想的な場所といえます。しかも、手作りなので、同じものは二つとありません。

  • バレアレス諸島フォルメンテラ島のラ・モラの工芸マーケットの風景

    ラ・モラの工芸マーケット

    ピラル・デ・ラ・モラは、小さな楽園のような フォルメンテラ島にある村で、 ヒッピーの雰囲気が漂う工芸品市「ラ・モラの工芸マーケット」が開かれています。この工芸マーケットは、5月から10月の間、週に数日間開催されます。穏やかな気候、色とりどりの露店、音楽の生演奏のおかげで、職人も見学者も心地よい1日を満喫します。また、グルメ専門のスタンドもあり、長いショッピングの後で食欲をそそる料理をお楽しみいただけます。 自分でもの作りを始めたいという方は、ラ・モラの職人たちが木工、陶磁器、その他の素材の加工を学べるワークショップをしばしば開いていますので、参加してみてはいかがでしょうか。ご自分で作った工芸品をスペイン旅行の一番の思い出にすることができます。

に関する詳細をごらんください