Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バレアレス諸島マヨルカ島のカラ・デル・ピーを眺める旅行者

バレアレス諸島で100%地中海を体験

バレアレス諸島

地中海のまっただ中にあるこれらの島々が、永遠に心をとらえて離さない魅惑とともにお待ちしています。徒歩か船でのみアクセス可能なターコイズブルーの洞窟群、世界で最も素敵な夕焼けを目にできる灯台、美味な地元グルメを食することができる村々、タイム、シロップ、塩が香る、元ヒッピーたちのマーケット…マヨルカメノルカイビサおよびフォルメンテラ島は、人気の観光地であり、本物の魅力が詰まった一角を数多く残しています。これからご紹介する「バレアレス諸島エクスペリエンス」をひとつでも体験すれば、また訪れたくなること間違いなしでしょう。地中海のそよ風を顔にうければ、生涯忘れられないものになるでしょう。 

  • バレアレス諸島マヨルカ島のカラ・モロの風景

    ターコイズブルーの透明な水に浸かる

    バレアレス諸島のビーチには、思わず一目惚れしてしまいます。長く続く砂浜もあります。この他にも、徒歩でしかアクセスできない松林の中に隠れたスポット、停泊しているヨットが透明な水に浮かび、空中に浮いているかのように見える入り江もあります。例えば、バレアレス諸島最大のマヨルカ島には、有名なフォメントルビーチに加え、サ・カロブラカロー・デス・モロ、そして隣には、サルムニア入り江といったパラダイスが広がります。  メノルカ島の海岸には、南部のマカレリャマカレリェタトゥルケタガルダナといった、きめ細かな砂浜が広がる現実離れした入り江や、北部のプレゴンダピラールといったより野性的な入り江と、独特な美しさがあふれています。これに劣らず美しいのが、より小さいイビサ島(サラダやサラデタの入り江がある)やフォルメンテラ島のビーチです。事実この島のセス・イリェーテスビーチは、世界で最も美しいビーチに名を連ねます。スノーケル装備を持ち込み、海底で育つ植物ポシドニア・オセアニカの作用により透き通った海水を楽しみましょう。ゆっくり海水浴を楽しんで、時間があればヨットで小旅行をしましょう。 

  • 魅力に満ちた村々で一休み

    パルマシウタデリャイビサのような街に加え、バレアレス諸島では地中海スピリットが村々に息づいています。マヨルカ島にはトラムンタナ山脈に囲まれたバイデモッサがあり、フレデリック・ショパンとジョルジュ・サンドのカップルの足跡を辿ることができます。または、20世紀初頭を象徴する木造列車に揺られて、アルターを訪れたり、ソリェルまで行ったりできます。メノルカ島では、ビニベカ・ベイの白い通りの迷宮に身を任せたり、エル・トロ山に登って他にはない島のパノラマを眺めたり、エス・メルカダルを訪れましょう。そしてイビサ島では、サンタ・エウラリア・デル・リオのような村々の静けさや風景を楽しむのはいかがですか? さらに、何百もの農村宿泊やその他オプションから宿泊先を選択できます。その中には、例えば独自のブドウ畑を擁する、改造した農家もあります。

  • イセエビの煮込み料理の詳細

    弱火での料理に舌鼓

    バレアレス諸島のグルメがもたらすもの、それは地中海のエッセンスです。時間帯に関わらず食卓を囲むことは喜びなのです。バレアレス諸島の味覚とは? フォルネイス(メノルカ島)の素敵な漁村でイセエビの美味しい煮込み料理や、イビサ島の海辺で魚のブリット(岩魚の、ジャガイモとアロス・ア・ラバンダ添え)、フォルメンテラ島の農民サラダ、メノルカ島マホンのチーズ、マヨルカのソブラサーダ・ソーセージ…デザートとしては、パルマ・デ・マヨルカの伝統的なお菓子屋から買ってきたエンサイマーダや、チーズやミントを添えて仕上げたケーキの一種であるメノルカ島のフラオーが欠かせません。乾杯には、島特産のブドウで作ったワイン(ワイナリー訪問可)、ハーブ入りリキュール、ポマーダ・デ・メノルカやパロ・デ・マヨルカを試してみましょう。 

  • バレアレス諸島メノルカ島の馬の道を巡るサイクリストたち

    灯台まで続く無限の小道を自転車で走破

    夕方近くなったらゆっくりペダルをこいで、灯台まで行きます。そこで自転車を止めて夕焼けを眺める。そんな風に想像するだけでもリラックスできますね。バレアレス諸島の灯台には、独自の魅力があるのです。例えば、フォルメントル灯台はトラムンタナ山地(マヨルカ島)に、ファバリッチ灯台(メノルカ島)は サルブフェラ・デス・グラウ自然公園のまっただ中に、バレアレス諸島南端にあるカップ・デ・ババリア灯台(フォルメンテラ島)や、バレアレス諸島で最大のビサ島のモスカルテル灯台です。またバレアレス諸島では、いくつもの特別な小道を、自転車や徒歩で巡ることもできます。また、GR221またはピエドラ・セカルート: マヨルカ島の北西部を通る170kmもの標識つきルートで、海岸近くから始まり、石の村々を通過して山地の最高点へと続いています。馬の道をたどることもできます: 185kmもの歴史的な小道を通りメノルカ島を一周するチャレンジルートで、複数の行程に分けられます。バイクに乗って、40km近くもの間信号なしで白い村々を通り過ぎる、伝説的なフォルメンテラ島の道路PM-820を巡るのはいかがですか?

  • エス・ベドラーでの夕暮れ、イビサ島、バレアレス諸島

    忘れられないサンセット

    バレアレス諸島には、何度でも夕焼けを体験するのに理想的な場所があります(そして灯台からだけではありません)。最も幻想的な場所の1つで、最も多くのエネルギーを放つ場所の一つは間違いなく、イビサ島の近くにあるエス・ベドラーやエス・ベドラネイの小島の風景でしょう。これらの小島を眺めながら夕焼けを体験するには、オルト入り江のテラスに座る手もありますが、音楽を演奏する人たちがよく集まるサビナルの塔の場所まで登るとさらによいでしょう。数々の太鼓の音に合わせて、ベニラス(イビサ島)のビーチでも夕焼けを目にすることができます。決して立ち去りたくないと思える別の場所は、コバ・デン・ショロイ(メノルカ島)です: 絶壁に位置する数多くのテラスや展望台には、バルやディスコもあります。サオナ入り江でヨットやカヤックに乗って、またはカモメやウが数多く住むエスタニュ・デ・ペイシュ湖(ともにフォルメンテラ島)に行って、そこから夕焼けを眺めても、感動的な風景を目にすることができます。

  • あなたのヒッピーな一面を引き出す

    ミロ、ショパン、ボブ・ディラン… 特別なこの島々から着想を得たアーチストやミュージシャンが多くいることは、間違いありません。特に1960年代、ヒッピー運動を象徴する場所となり、その時代の魅力の一部は今でも市場に残されています。その中でも最も有名なのは、ラス・ダリアス(イビサ島)で土曜日に行われるものです。300を超える手工芸品、ビーズ、お香、飾り、アドリブモデル(イビサの典型的な白の衣装)の露店が並びます。  そしてライブミュージック、フードトラック、その雰囲気は最高です。シウタデリャ(メノルカ島)のFIRACの夏の市場や、ラ・モラ(フォルメンテラ島)の日曜日の市場も気に入られることでしょう。幸せははかないものかもしれませんが、バレアレス諸島ではそれが永遠に思えるのです。

に関する詳細をごらんください