Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カスティージャ・イ・レオン州ブルゴス大聖堂の塔の夕暮れの風景

ブルゴス大聖堂の歴史、スペインのゴシック様式の至宝

Burgos

ブルゴスには、11世紀末すでに大聖堂があったということをご存じですか?その上、街が持ち始めていた重要性に見合ったレベルにないと考えられて破壊されたことはご存じですか?その代わり、今日のスペインには、象徴的なサンタ・イグレシア・カテドラル・バシリカ・メトロポリターナ・デ・サンタ・マリア、通称ブルゴス大聖堂があります。

すべては1080年、アルフォンソ6世が旧カスティーリャ王国の国王であった時代に、ブルゴスでロマネスク様式の大聖堂の建設を進めたことから始まりました。これがブルゴスのサンタ・マリア教会です。1219年にこの教会でカスティーリャ王国にとって非常に重要なセレモニーが行われました。当時のカスティーリャ国王フェルナンド3世と皇女ベアトリス・デ・スアビア(シュヴァーベン公及び神聖ローマ皇帝フィリップの娘)の結婚式です。  

13世紀、ブルゴスは司教管区として、また重要な商業中心地としてその名を知られ、さらにサンティアゴ巡礼の道の通過地点となったことで、国境を越えてその名を知られることとなりました。そんな中、フェルナンド3世とベアトリス・デ・スアビアの結婚式を執り行ったマウリシオ司教が、ヨーロッパで当時流行の様式を模した新しい大聖堂を建設するよう、国王に提案しました。こうして、隣国のパリのノートルダム大聖堂に勝るとも劣らない壮麗な大聖堂が建設されることとなったのです。

司教はパリ大学で学んだため、当時のフランス建築を席巻していたゴシック芸術をよく知っていました。彼はまた、カスティーリャ国王と神聖ローマ皇帝の皇女の結婚を取り決めるために、フランスを横断して、神聖ローマ帝国へ旅をしなければなりませんでした。そうして、司教は国王との親交を利用して、スペインで最初のゴシック様式の大聖堂を建てることができたのです。大聖堂は1221年に着工しました。当時スペインでは古典ゴシックはまだあまり知られていなかったため、最初の建築家はフランス出身だったと言われています。完工は約40年後でしたが、それ以降も改築や拡張が1765年まで(後年の修復を除く)行われました。 

上:カスティージャ・イ・レオン州ブルゴス大聖堂の十二使徒の正門の詳細 / 下: カスティージャ・イ・レオン州ブルゴス大聖堂の中庭

このため、その時期に栄えた他の芸術様式の作品も所蔵しています。例えば、大聖具室、サンタ・テクラ礼拝堂、レリキアス礼拝堂といったバロック建築が生まれました。それ以前には、コンデスタブレ礼拝堂や、塔の頂上にある尖塔、シンボリオ(大聖堂の十字形の交差部の上にある塔で16世紀に現在のものに建て替えられた)といった、評価の高い建造部分も増築されていました。大聖堂は1885年に国定建築物に指定されましたが、このことが、独立戦争中のフランス軍による略奪の後の修復を助けることになりました。1984年にはユネスコの世界遺産に登録されました。そしてこれを読んだことで、あなたはスペインで最も偉大なゴシックの遺産のうちのひとつの歴史について知っていると言うことができるでしょう。

上:カスティージャ・イ・レオン州ブルゴス大聖堂の聖具保管室の詳細 © Juan Carlos Marcos / 下: カスティージャ・イ・レオン州ブルゴス大聖堂のコンデスタブレ礼拝堂の円形アーチ
に関する詳細をごらんください