Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バルセロナのリセウ大劇場

あなたの知らないテーマ別訪問で、マドリードとバルセロナを再発見

none

マドリードとバルセロナの顔をいくつご存じですか?歴史、文化、レジャー、自然。この国の二大都市では退屈する暇がありません。世界的に名の知られたスポット以外にも、素晴らしい秘密が隠されています。ここでご紹介する6つのテーマ別訪問を敢行して、バルセロナとマドリッド周辺の知られざる顔を発見してください

マドリードに隠された3つの魅力

マドリードのナイトライフに酔いしれるマドリードは、ナイトライフを愛する人たちのためのオプションで溢れています。大学の雰囲気がお好きなら、プリンセサがおすすめです。お酒が楽しめるスポット、ディスコやバー、ありとあらゆるサウンドなど、バラエティーに富んだナイトライフの提案でいっぱいです。80年代にマラサーニャで盛り上がった「ラ・モビーダ・マドリレーニャ」を彷彿させる雰囲気です。昼間はタパスを愛する人々で賑わうラ・ラティナは、夜になってもバルやディスコ、フラメンコのタブラオの喧騒で、お祭り気分が味わえる街です。締めくくりはサラマンカ地区です。モダンなレストランでのディナーから、まったりとした雰囲気のトレンディなバーでの一杯まで、優雅なナイトライフをお楽しみいただけます。 

マラサーニャの五月二日広場とラ・ラティナのセバダ市場、マドリード

意外と身近なエジプト旅行ビックリなさるかもしれませんが、首都マドリードでは正真正銘のエジプト神殿に足を踏み入れることが可能です。スペイン広場にある2000年前のデボー神殿は、ヌビア神殿復興に協力したスペインへの感謝の意を表してエジプト政府から贈られたものです。エジプト文化についてもっと知りたい方には、コロン広場にある国立考古学博物館(MANがおすすめです。石棺、お守り、ミイラ、その他エジプト人の歴史に関する数多くの珍しい物品をご観賞いただけます。シグロ・デ・オロ・デ・ラス・レトラス地区に迷い込もう その昔、ラス・レトラス地区は、黄金時代の偉大な作家、劇作家、詩人、俳優たちが集う場所でした。セルバンテス、ケベド、ロペ・デ・ベガ、ティルソ・デ・モリーナ、ゴンゴラ、カルデロン・デ・ラ・バルカなど、美術館や彫刻を通り過ぎ、地区の通りをぶらぶら歩きながら、地面にある文学作品の碑文から象徴的なモニュメントに至るまで、じっくり眺めてみましょう。

デボー神殿とMANの内殿、マドリード国立考古学博物館

バルセロナに隠された3つの魅力

必見の古代ローマのバルキーノオクタヴィアヌス帝の時代に築かれ2000年以上の歴史を誇る街、古代バルキーノをぜひご訪問ください。必見スポットをご紹介しましょう。まずはパラディス通りの10番地にあるアウグスト神殿の円柱です。皇帝に敬意を表して建てられたもので、その12mの高さは圧巻です。また、パティ・リモナ市民センター内にあるラ・プエルタ・デ・マルと港湾浴場もおすすめです。最後のスポットは、ビラ・デ・マドリード広場のローマ墓地で、1世紀から3世紀まで使われていた埋葬地です。バルセロナの音楽の中心地、ラバル地区 街の象徴ともいえる地区のひとつで、音楽を通して発見できる知られざるストーリーが隠れています。ラバルに集中している様々な音楽文化(ジャズ、フラメンコ、ロック、クプレ等)が一体となって、独自のスタイルを作り上げています。リセウ大劇場をはじめ、ミュージカルの上演が楽しめるバル、前衛的な音楽学校など、いたるところで音楽を感じ取ることができます。

バルセロナMUHBAのハドリアヌスの柱

街の地下に眠る歴史まったく異色のアプローチでバルセロナを眺めてみませんか?バルセロナの地下を探検して、街の隠れた美しさを発見するのです。まずはバルセロナ歴史博物館(MUHBA)で、トリニタット・ベジャとトリニタット・ノバを結び、ノウ・バリスの地下を通りぬける全長300メートルのカサ・デ・ライグアのトンネルの見学です。次は、ディアマン広場です。市内最大級で、深さは12メートルにまで達する防空壕に入りこみましょう。毎月第2日曜日はスペイン語で、それ以外はカタルーニャ語でガイドツアーが行われています。そして、バルセロナの地下を辿るこのルートの締めくくりとして、カタルーニャ語で利用できるラ・ファブリカ・デル・ソルの下水道システムの見学をおすすめします。

ディアマン広場の防空壕入口、バルセロナ
に関する詳細をごらんください