Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カフェ・ヒホンのファサード、マドリード

歴史の香りがするスペインの魅力的なカフェ7軒

none

カフェを超えた場所


昔ながらのカフェは、魅力的で安らげる場所です。まるで山小屋に入るような感じで座り、湯気が立っているコーヒーを味わったり、気の置けない仲間と歓談したり、何か読みながら待ち合わせ相手を待ったり、窓を眺めてこの街で訪れるべき場所全てを計画したり、過去の体験を思い出したり、にわか雨の場合に雨宿りしたり… これらカフェの多くには、文人の会合、芸術家や政治家の対話、そしてもしかしたら素晴らしい作品のきっかけとなったテーブルナプキンなどの、驚くべき過去も隠されています… スペインでも長年の歴史を誇るカフェの多くは、これら歴史的な出会いの証人であり、椅子や机の間で伝えるべき数多くの歴史で今日も旅行者をお待ちしています。ガルシア・ロルカやヘミングウェイ、そしてピカソと同じ場所でコーヒーを飲むのは、魅力的な体験です。席に座り、暖かい飲み物を一口飲み、目を閉じてその様子を想像するだけでよいのです。

アルス・クアトラ・ガッツ、バルセロナ

ピカソがデッサンを最初に展示する場所として選んだこのカフェの特徴的な点は? 19世紀末にこの場所ではショーやコンサートを受け入れ、ピカソに加えサンティアゴ・ルシニョールやラモン・カサスといった芸術家の集会場となりました。これら全てがボヘミアンでモダニストなバルセロナの象徴となり、パリのキャバレー、ル・シャ・ノワールがその発想の源となりました。最近ではウッディ・アレンが、「それでも恋するバルセロナ」の舞台として選んでいます。今日では当時のカフェを引き継いだ店により、バルセロナのモンシオ通り3番の美しいカサ・マルティ1階にて営業が再開されています。ここでは、ピカソがデザインした有名な看板が、訪問者を迎え入れています。

マドリードのカフェ・ヒホン

1888年5月15日にアストゥリアス出身のグメルシンド・ゴメスがマドリードに、グラン・カフェ・ヒホンを開業しました。馬車で到着したお客さんにコーヒーを出す場所と、駐車場の2つの部分がありました。必然的にこの場所は文化サロンや、ペレス・ガルドス、バジェ・インクラン、ヘラルド・ディエゴ、ガルシア・ロルカ、ダリ、ブニュエル、ソローリャ、トレンテ・バリェステルやセラなど、時の有名人の出会いの場所になりました。有名なスパイであったマタ・ハリも、この場所にいたのです。レコレートス通りの21番地にあるこのカフェは、アーチストらが描いた絵や、このカフェを取り上げた10冊以上の本とともに皆さんをお待ちしています。

アルス・クアトラ・ガッツ、バルセロナ

マドリードのカフェ・コメルシアル

カフェ・コメルシアルが復活! これは、ビルバオロータリーにある伝説的で、マドリードでも最古のカフェであると言われるこの店が営業を再開した2017年3月に、さまざまなマスコミを賑わしたヘッドラインです。営業開始は1887年で、その壁は、マチャード、ハルディエル・ポンセラやベルランガなどが参加した会話の証人となりました… 数十年にもわたる文化がこの場所に足跡を残し、今日ではコーヒーに加え、マドリード名物料理の昼食や夕食を取ることができます。

ディンドゥラ、ヒホン

スペインでも最後に残った文芸カフェの1つであり、100年以上の歴史を擁しています。実業家マヌエル・サンチェス・ディンドゥラは、1898年にこの街に新しい劇場の建築を依頼したのですが、その中のカフェ空間が後になって、アストゥリアス州全体でも最も重要な喫茶店の一つ、そして芸術や政治の講演が行われた伝説的な場所「ディンドゥラ」となったのです。その後、アール・デコの装飾が備えられ、内戦にも耐え、一時期店が閉じられましたが、2014年に復活しました。今日このカフェはベゴーニャ通り11番地にあり、その素晴らしいセッションで、ベルムットや素敵な食事を楽しむことができます。

カフェ・ディンドゥラ、ヒホン

カフェ・ノヴェルティ、サラマンカ

サラマンカのマヨール広場2番地にある歴史的なカフェでは、作家トレンテ・バリェステルの像が、何か飲もうとする人を辛抱強く待っています。.1905年に設立し、この街で最も古い飲食店だと言われています。非常に有名になったこのカフェでは、国王アルフォンソ13世のような歴史的重要人物が饗宴を行い、ここでスペイン国営ラジオが生まれたり、トレンテ・バリェステル、カルメン・マルティン・ガイテやウナムノなどの文人の会合の場となったりしました。今日では、足を止めテラスでくつろいだり、夏なら有名なアイスクリームを味わうという、美味なスポットとなっています。

ビルバオのカフェ・イルニャ

最も楽しい旅先となるであろうスポットの一つビルバオ市で、人気のアルビア庭園前に向かいましょう。そこには、1903年開業のクラシックなもう1つの場所との出会いがあります。まず注目されるのは、タイルとムデハル様式の素晴らしいデコレーションです。実際、1980年に「独自モニュメント」に指定され、「ヨーロピアンカフェ、カフェ・クリーム・ガイド」によるスペイン最高のカフェ賞を受賞したのです。親しみやすい雰囲気を楽しんだり、美味しいコーヒーを飲んだりする他にも、有名なモルーノのピンチョを頼むのもまさにお勧めです。

ビルバオのカフェ・イルニャ
パンプローナのカフェ・イルニャの眺め

パンプローナのカフェ・イルニャ

1888年のパンプローナは、この街で初めての電灯つきのお店であるカフェ・イルニャによりパンプローナが「照らされ」ました。年月が過ぎ去りましたが、当時のランプや高い屋根、そして大きな鏡のあるこの店の魅力は不朽のものです。最も有名なお客さんの1人は、間違いなくアーネスト・ヘミングウェイでしょう。実際、『陽はまた昇る』、誰がために鐘は鳴る』または『老人と海』などの執筆はこの場所でスタートしたと言われています。コーヒーやアルコールを飲みながら、長編の物語を紙に書き記すべく集中していた作家を想像したり、その後、角で静かに壁にもたれかかっているヘミングウェイの銅像に『あいさつ』したりすることができるのです。

に関する詳細をごらんください