8の検索結果のうち1から8を表示

夕暮れのコンスエグラの風車
ルート

ドン・キホーテのルート

ラ・マンチャの「ドン・キホーテ」は、文学史のなかで最も有名な作品の一つであるといっても決して過言ではありません。ラ・マンチャの地を行く騎士になりたかった男の冒険と失敗についての物語を綴ったこの作品は、ミゲル・デ・セルバンテスによって17世紀に執筆され、世界史上最も多く翻訳された本です。この時代はスペイン文学の「黄金世紀」として知られ、それから400年後を迎えた今、妄想と現実を混同してしまったこの「憂いの顔の騎士」の遍歴の跡を訪ねる旅をご紹介します。 ...

モンテ・イランソにある塹壕・監視所、アラゴン
芸術と文化 | アラゴン

アラゴンにあるジョージ・オーウェルのルート

アラゴンには文化遺産や自然区域、美しい村々が溢れています。その地方への旅行を考えている方には、ロス・モネグロスにあるアルクビエレ山脈のオーウェルのルートをぜひおすすめします。この名前はスペイン市民戦争(1936-1939)に加わったイギリス人作家ジョージ・オーウェルに由来し、この地での経験から傑作カタロニア讃歌が生まれています。歴史的価値に満ちたルートであることは言うまでもありません。

カスティーリャ・ラ・マンチャ州トレドのコンスエグラの風車
ルート

ラ・マンチャの地でドン・キホーテと同じルートを通る

ミゲル・デ・セルバンテスのこの作品は、文学の世界で最も有名な小説の一つと言えるでしょう。主人公のドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャの足跡をたどって、この物語の冒険を再現してください。カスティーリャ・ラ・マンチャを旅しながら、その素晴らしい風景を見ることができます。このルートには車を利用するのが良いでしょう。自分だけの物語を書く旅があなたを待っています。

イベントカレンダー | Barcelona

バルセロナのサン・ジョルディのお祭り

バラ、本、恋人たち。これらははバルセロナの4月23日には絶対に欠かせません。カタルーニャ地方では国際本の日がロマンチックなお祭り行事として知られています。この日、カタルーニャの人々はこの土地の守護聖人であるサン・ジョルディを祝い、ユニークで庶民的な伝統行事のために街へ出かけます。その内容や起源、楽しみ方を知りたい人は、ぜひ続きをお読みください。

アテネオ・デ・マドリード図書館
都市観光 | マドリード

マドリードのラス・レトラス地区とグルメ

ひとりの旅行者が、マドリード中心部にある ラス・レトラス地区 を散歩中、地面にある碑文を見て目が釘付けになります。そこには次のように記されています。「愛の天使よ、最も清く美しい人里離れたこの海岸で月が輝き、他の場所よりほっとできるのは真実であろうか?」その旅行者は貴方かもしれません。そうであるなら、あなたはソリージャの作品 ドン・フアン・テノリオの断片を読んでいるということになります。ここは、スペイン文字の黄金時代(17世紀)最も名声があった人物の幾人かが住んでいたスポットとして有名なこの地区にある、多くの文学路地のひとつです。セルバンテス、ロペ・デ・ベガ、ゴンゴラ、ケベド… ...

パンプローナの家の屋根
ルート | ナバーラ

ヘミングウェイの「祭り」のナバーラ

スーツケースひとつと一冊の本を持って足を踏み入れたことのない街に身を任す。未知の植生を見て楽しむ新しい風味の香りを吸い込む。このイベントの開催に感動するが、一度も行ったことがないのに、旅行文学のおかげで、なぜか体験したことのあるような感覚に陥る。有名な作家アーネスト・ヘミングウェイ(1899-1961)は、彼の小説「日はまた昇る」(“The Sun Also Rises")の舞台をパンプローナに置いていますが、スペインで彼が賞賛を感じた場所は他にもあります。ナバーラ、ラ・リオハ、バスク地方を巡る彼の旅行記はすべてが素晴らしく、ページに描写されている風景を探索して回りたくなるような誘惑に駆られます。

カフェ・ヒホンのファサード、マドリード
芸術と文化, 都市観光

歴史の香りがするスペインの魅力的なカフェ8軒

昔ながらのカフェは、魅力的で安らげる場所です。まるで山小屋に入るような感じで座り、湯気が立っているコーヒーを味わったり、気の置けない仲間と歓談したり、何か読みながら待ち合わせ相手を待ったり、窓を眺めてこの街で訪れるべき場所全てを計画したり、過去の体験を思い出したり、にわか雨の場合に雨宿りしたり… これらカフェの多くには、文人の会合、芸術家や政治家の対話、そしてもしかしたら素晴らしい作品のきっかけとなったテーブルナプキンなどの、驚くべき過去も隠されています… ...

表示中

8の検索結果のうち1から8を表示