Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
 モンテ・イランソにある塹壕・監視所、アラゴン

アラゴンにあるジョージ・オーウェルのルート

アラゴン

アラゴンには文化遺産や自然区域、美しい村々が溢れています。その地方への旅行を考えている方には、ロス・モネグロスにあるアルクビエレ山脈のオーウェルのルートをぜひおすすめします。この名前はスペイン市民戦争(1936-1939)に加わったイギリス人作家ジョージ・オーウェルに由来し、この地での経験から傑作カタロニア讃歌が生まれています。歴史的価値に満ちたルートであることは言うまでもありません。

モンテ・イランソ

コースはオーウェルの丘として知られているモンテ・イランソからスタートします。レシニェナからアルクビエレに向かうA-129道路の34.6キロメートル地点に、目的地への標識があります。 鉄条網、壕、通信網、部隊を守るための避難所、射撃塹壕、その他にも軍事施設ならではの品々を見ることができます。 

 モンテ・イランソにある塹壕・監視所、アラゴン

トレス・ウエガス

内戦の跡はオーウェルの丘の他にも、近辺には残されています。A-129道路の33.5キロメートル地点には、フランコ軍の部隊が休息した場所を復元したトレス・ウエガスがあります。ルートには司令部、休憩所、塹壕、調理場、貯水槽、射撃壕、通信網があります。また、サン・シモン拠点にはファランヘ軍とフランコ軍を偲んで建てられたモニュメントがあり、この場所から見ることができます。

スペイン市民戦争時代の射撃壕をつなぐ通信網の跡、アラゴン

サンタ・キテリア礼拝堂

他にもサンタ・キテリア礼拝堂へ足を運んでみてはいかがですか。タルディエンタの近くにある水道橋周辺まで移動し、バリオ・エスパーダに向かって3キロメートルほど直進し、標識に従い2キロメートルほど道を進むと目的地に到着します。侵攻・防衛において最高の監視所となるここの立地条件が、この礼拝堂の名前の由来になっています。 

アラゴンにあるサンタ・キテリア・イ・サン・ボニファシオ礼拝堂からの眺め。それを楽しむ観光客

スペイン市民戦争ビジターセンター

スペインでもっとも悲しい歴史の一つに触れるには、アラゴンのロブレスにあるスペイン市民戦争の研究・資料ビジターセンターの訪問が役に立つことでしょう。アルクビエレから7キロメートルの場所にあります。スペインの共和政時代、スペイン市民戦争、フランコ独裁時代の研究を行う機関の本部となっています。

アラゴンにあるスペイン市民戦争の研究・資料ビジターセンター
に関する詳細をごらんください