新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
マヨール広場、大聖堂とサラマンカ大学

スペイン語の道

supeingo-no-michi

5億人以上が話す言語のゆりかごを探索するルート

カミノ・デ・ラ・レングアのマイルストーンを通じてカスティリャの起源を発見することは、アビラ、サラマンカ、アルカラ・デ・エナレスまたはサン・ミラン・デ・ラ・コゴラの修道院など、ユネスコによって世界遺産に登録されたスペインのいくつかの都市および遺跡の記念碑的で風光明媚な美しさについて知る機会です。 

旅の始まり

11世紀にさかのぼって、ある生徒や説教者が、ラテン語のテキストの余白に、私たちに届いたスペインのロマンスで書かれた最初の証言を書き留めました。それらはサンミランデラコゴラ修道院の有名な「エミリアネンセ・グロス(Glosas Emilianense)」であり、現在5億人以上がコミュニケーションをとっている言語はそこから生まれました。ラ・リオハのサン・ミラン・デ・ラ・コゴラでこの旅が始まります。ここには、有名な「エミリアネンセ・グロス」が見つかったユソとスソの修道院があります。スペイン語の最初のせせらぎに続いて、ブルゴス県のサント・ドミンゴ・デ・シロス修道院で約110 km記録された「シロス・グロス(Glosas Silenses)」が続きました。 

ラ・リオハのユソ修道院とスソ修道院

普及

その後スペイン語の普及に貢献したのはバリャドリサラマンカ大学でしょう。アントニオ・デ・ネブリハのスペイン語文法の出版、またはこれらの大学都市が発展した徹底的な文化生活により、それらが重要な文化的焦点となりました。当時、考えたり想像したりする能力は、エル・ラザリージョ・デ・トルメスやラ・セレスティナなどの偉大な小説で明らかでした。また、サンタテレサ・デ・ヘススやサン・ファン・デ・ラ・クルスなどの人物の作品では、アビラの修道院や修道院からの著作が彼らを神秘的な文学の主要著者にしました。

サラマンカ大学のファザード

サミット

そしてついに、スペイン語はエル・キホーテの作者であるミゲル・デ・セルバンテスが生まれの地であるアルカラ・デ・エナレスでピークに達します。輝かしい作家の精神は、街の隅々、広場、劇場、モニュメント、文化イベントなどに存在しています。 

アルカラ大学のファサード
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン