5の検索結果のうち1から5を表示

夕暮れのコンスエグラの風車
ルート

ドン・キホーテのルート

ラ・マンチャの「ドン・キホーテ」は、文学史のなかで最も有名な作品の一つであるといっても決して過言ではありません。ラ・マンチャの地を行く騎士になりたかった男の冒険と失敗についての物語を綴ったこの作品は、ミゲル・デ・セルバンテスによって17世紀に執筆され、世界史上最も多く翻訳された本です。この時代はスペイン文学の「黄金世紀」として知られ、それから400年後を迎えた今、妄想と現実を混同してしまったこの「憂いの顔の騎士」の遍歴の跡を訪ねる旅をご紹介します。 ...

カスティージャ-ラ・マンチャ州トレド県コンスエグラにある風車の細部
自然 | カスティージャ-ラ・マンチャ

スペインの風車を巡る散歩をカスティージャ-ラ・マンチャで楽しむ

かの有名な巨人たちに会えるとしたらどうでしょう?そう、あのドン・キホーテの巨人たちに。驚くかもしれませんが、カスティージャ-ラ・マンチャでは、そうした巨人に会うことができるのです。なぜなら、ミゲル・デ・セルバンテスの物語に登場する巨人たちは、実際には白くて美しい風車にすぎないのですから。この地域には川が少ないため、風力によって動く風車が数多く存在します。さあ、探しにでかけましょう。

バルセロナのガウディ家博物館
芸術と文化

天才たちの家へようこそ

ガウディやピカソ、セルバンテスといった偉大な芸術家や作家の人物像をよく知るために、昔彼らの家だったところを見学するという趣の異なる方法があります。芸術家たちの寝室や仕事場として使われていた空間を歩き回ることで、家族との日常生活の様子がわかると同時に、彼らの驚きに値する創造活動をより深く理解できるので、作品を眺めるだけの典型的な美術館・博物館にいくのとは格段の違いといえます。この記事では8箇所にある家美術館・博物館を提案します。実際にはスペイン国内にもっと沢山あるのですけれど。

アルカラ・デ・エナーレスのセルバンテス広場
ルート

アルカラ・デ・エナーレスの文化ルート2つ。セルバンテスのルートとシスネロスのルート

アルカラ・デ・エナーレスは文学や大学の揺籃の地で、その歴史地区はユネスコの世界遺産に登録されています。それを堪能できるマドリードからすぐ近のこの地には、文化遺産も数多く保存されています。作家のミゲル・デ・セルバンテスや枢機卿フランシスコ・ヒメネス・デ・シスネロスは、この街で最も有名な人物2名であり、文化遺産や歴史に足跡を残しています。セルバンテスのルートとシスネロスのルートで、アルカラ・デ・エナーレスで最も文化的な側面を学びましょう。

表示中

5の検索結果のうち1から5を表示