新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
バルセロナのガウディ家博物館

天才たちの家へようこそ

none

スペインにいくつかあるエキサイティングな家美術館・博物館をいくつか紹介します。

ガウディやピカソ、セルバンテスといった偉大な芸術家や作家の人物像をよく知るために、昔彼らの家だったところを見学するという趣の異なる方法があります。芸術家たちの寝室や仕事場として使われていた空間を歩き回ることで、家族との日常生活の様子がわかると同時に、彼らの驚きに値する創造活動をより深く理解できるので、作品を眺めるだけの典型的な美術館・博物館にいくのとは格段の違いといえます。この記事では8箇所にある家美術館・博物館を提案します。実際にはスペイン国内にもっと沢山あるのですけれど。

バルセロナのガウディの家博物館

1906年、54歳のときに、ガウディは父親と姪とともにバルセロナの美しいグエル公園の中になるこの家に移り住みました。父親も姪もその数年後に亡くなってしまいましたが、ガウディは簡素な生活をしながらそこに住み続け、サグラダ・ファミリア教会の建設に身を捧げました。サグラダ・ファミリアはカサ・ミラなどとともに、バルセロナを訪れたら絶対に外すことのできない見学スポットです。家博物館 の内部では家具をはじめ、ガウディがデザインした様々なものを目にすることができます。

マラガにあるピカソの生家博物館

ピカソの生まれ故郷であるマラガで、彼の 生家を見学することができます。十九世紀に造られたサロンを復元した部屋や、マラガ人ピカソの家族の遺品や有名な作品「アヴィニョンの娘たち」の準備段階で描かれた下絵のほか、ピカソやミロ、シャガール又はマックス・エルンストがイラストを描いた50冊以上の本を鑑賞することができます。

バルセロナにあるガウディの家博物館

ポルリガッツにあるサルバドール・ダリの家

当初ポルリガッツの漁師の小さなバラックだったサルバドール・ダリ定住の邸宅 。ダリはこのバラックを40年の歳月をかけて改装し、1982年に彼の妻でありミューズであったガラが亡くなるまで住んでいました。今日、この邸内を歩き回ると、狂気と天才の狭間を行くシュールレアリズムのオブジェで溢れかえる迷路を徘徊し、自然光に満ち、インスピレーションを与えて止まない漁村の風景に囲まれている感覚に陥るでしょう。「ダリニアン・トライアングル」と呼ばれる三角は他に二つある家で完成します:フィゲラスにあるダリ劇場美術館とプボールにあるガラ・ダリ城が、その二つです。

ランサロテにあるジョゼ・サラマーゴの家

ランサロテで見られるカナリア諸島独特の火山景観には、類まれな魅力があります。これに加えてもうひとつ、魅惑的なのは: ノーベル文学賞作家が晩年をすごした家 を見学できることです。サラマーゴはこの家を「本で造られた家」と定義していました。邸内の時計がすべて、午後四時を指し示しているのは:作家がパートナーのピラール・デル・リオと知り合った時刻だからなのです。文学におけるロマン主義の美しいメタファーと、サラマーゴが“白の闇”の執筆を開始した書斎があるこの家が放つ美しさ、息を呑むほど充実した図書室、あるいは平和と学識のシンボルで伝説となった彼のオリーブの樹

ポルリガッツにあるサルバドール・ダリの家

アルカラ・デ・エナーレスにあるセルバンテスの生家博物館

マドリードから40キロメートル足らずの距離にあるアルカラ・デ・エナーレスは、街中に歴史上最も有名な スペイン人作家の生家 があることを自慢にしています:ミゲル・デ・セルバンテス。最初の驚き:セルバンテスが永遠の命を与えた小説の登場人物、ドン・キホーテとサンチョの像がベンチに座って見学者たちを迎えます。一度邸内に入ると、薬部屋、化粧室、寝室が再現されているおかげで、いとも簡単に十六、十七世紀にタイムスリップし、当時の習慣や毎日のルーティーンが想像できてしまいます。また、年間を通じて様々なテーマに沿った見学や演劇のショーが企画されています。

ウエルタ・デ・サン・ビセンテグラナダにあるフェデリコ・ガルシア・ロルカ家博物館

血の婚礼イェルマ などの文学作品の最高傑作は部分的にこの家で生を受けたと言えます。というのも、ガルシア・ロルカの一家は1926年から1936年までここで夏を過ごしていたからです。邸内を歩き回ると、ロルカが執筆のために探し求めていた隠れ家の中にいるような感じがします。ピアノ室やロルカの寝室といった部屋に足を踏み入れ、彼らが実際に使っていた家具や装飾品をじっくりと眺めたり、ダリのような芸術家の作品を楽しんだりする事ができます。

アルカラ・デ・エナーレスにあるセルバンテスの生家博物館

マドリードにあるソローリャ美術館

たとえマドリードの中心部にいたとしても、この美術館の中に入り込むと街の騒音から隔離され、庭園が奏でる心地よい音に時が経つのを忘れてしまうに違いありません。これは1911年から ソローリャとその家族の住まいだった この愛らしい美術館の紹介状の一文です。当初からある家具が置かれた各部屋を見て回って「海辺の散歩」のような名画の数々に出くわすことは、この上ない喜びと言えます。

フエンデトードスにあるゴヤの生家

「この 質素な家 で後に母国の栄誉となり、芸術の世界を驚嘆させた高名画家、ゴヤ・ルシエンテスが生まれた。」という文句がこの建物の正面に記されています。そう、天才画家ゴヤは1746年に、サラゴサ市から40キロメートルちょっと離れたこの地で誕生しました。当時の牧歌的な雰囲気に思いを馳せ、穀物置き場にある時代特有の家具と家具の間から顔を覗かせている後の天才、少年ゴヤを想像することは難しくありません。すぐ隣にある版画美術館を訪問して非常に有名な版画集 気まぐれ戦争の惨禍闘牛技 そして を鑑賞することを強くおすすめします。

マドリードにあるソローリャ美術館のホール
に関する詳細をごらんください