Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ビスカヤの吊り橋

産業ツーリズム、一味違ったスペインの旅

none

産業ツーリズムは、歴史や遺産にアプローチする別の方法を提供しています。本来の活動を行っていない、また観光価値や文化的価値を創出している、かつての工場や鉱山、風車、その他の施設を見学することができます。同様に、稼働している企業 (生きた産業) を訪れることで、地域の現実や経済の原動力を知る他、都市開発を理解したり、景観を楽しんだりすることが可能になります。つまり、訪れた場所に暮らす人たちのこれまでの暮らし、そして今の暮らしを知ることができるのです。

産業観光のプランの多さは、スペインの多様性を物語っています。ガリシアでは、海と造船産業、漁業と缶詰製造業の関係性を深く探ることができます。またアストゥリアスでは鉱山の見学が可能。カンタブリアでは、その景観がどのように生産活動と結び付いているか、目にすることでしょう。バスク地方やカタルーニャでは、産業革命の名残が見どころ。カスティーリャ・ラ・マンチャ、カスティリャ・イ・レオンでは、その広大な穀物畑と、カスティーリャ運河といった歴史に残るインフラが整備された製粉業との間に論理的な関係を見出すでしょう。アラゴンでは、インフラストラクチャーが水との関係を如実に示しています。アンダルシアでは、オリーブオイルの重要性とアグリフードビジネス、またマドリードでは、首都ならではの産業の表れが顕著です。

さらにユネスコも、スペインの産業観光の関連施設を世界遺産に登録しています。ビスカヤの吊り橋 (ゴンドラ型運搬橋の第一号)、アルマデン鉱山 (アメリカ植民地の銀を得るために水銀を産出)、ローマ人がすでに金を採取していた金鉱山ラス・メドゥラスなどが、この事例です。しかも重要文化財 (BIC) に指定されたその他の遺産も数多くあります。また、道路、橋、大型ダムや運河、歴史的価値のある小規模な灌漑施設など、膨大な数の公共事業の遺産も見ることができます。

アルマデン鉱山公園

別の興味深い選択肢として、日常生活で身の回りにある者を製造している工場、小さな手工芸品の工房、またはスペインのこの片隅でなければ、世界のどこを探しても見つからない職人の伝統または独特の製品の伝統を守っている生産者を訪れる、というプランもあります。産業ツーリズムは、どなたにとっても魅力的な観光ですが、特に家族連れの方、学生や専門家のご旅行におすすめです。そのため、産業ツーリズムは、好奇心旺盛な方、歴史や人々に興味をお持ちの方を対象とした観光。地域とその社会を深く探るための観光となっています。

ガラス工場。セゴビア
に関する詳細をごらんください