Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャ(ラ・リオハ州)のユソ修道院の眺め

サン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャ

La Rioja

カルデナス川の渓谷の中心に位置するサン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャは、同名の聖人によって設立されたリオハ州の町で、何世紀にもわたりサンティアゴ巡礼の道と結ばれています。

極めて美しい建築群、とりわけ、世界遺産に登録されているスソ修道院とユソ修道院は、この自治体に修道の伝統が深く根付いていることを物語っています。サン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャは、スペイン語で書かれた最初の文書がこの町に保存されていることから、スペイン語発祥の地として重要な存在です。

サン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャの起源は、この地に深く根付いた修道院の伝統と密接に関係しています。6世紀頃のこと、サン・ミジャンはちょうどこの地で、岩を削って作った庵に精神的な隠れ家を求めたのでした。中世をとおして文化的・宗教的に重要な地とされたこの修道院の共同体は、サンティアゴ巡礼の道をそれてきた多くの巡礼者を惹きつけました。そして今でも多くの巡礼者がこの場所に寄り道しています。何世紀にもわたる時の積み重ねにより、この典型的なリオハの集落には、スソとユソの修道院から形成される美しい建築群が残されることになりました。どちらも世界遺産に指定されており、スペイン語で書かれた最初の文が保存されていることから、歴史的にも重要な意味を持っています。スソ修道院は、11世紀まで何度か拡張されてきましたが、元々は6世紀に建てられたものです。前述の史実は、この建築物が呈する幾重にも重なった芸術様式のなかに見て取ることができます。西ゴート王国時代の元々の中核に始まり、モサラベ様式のもの、さらには後のロマネスク様式の作品に至るまでさまざまです。修道院の内部には、美しい回廊に加え、「ララの7人の王子」とその巨匠、さらにナバーラの3人の王妃の石彫りの墓があります。10世紀末にモサラベ様式で建てられた教会には、元の修道院の遺跡の一部が保存されています。中でも、西ゴート王国時代の壁龕(へきがん)の一つにあるこの聖人の彫刻や、隠者たちの共同体に属していた数十個の石棺があるネクロポリスが特筆に値します。教会の最後の拡張工事は11世紀に行われ、そこでロマネスク様式の要素が取り入れられました。この様式の代表に横たわるサン・ミジャン像(12世紀)があります。アラバスター製で、数名の弟子や巡礼者に囲まれたこの神秘主義者の姿を表しています。渓谷の底に位置するユソ修道院の起源は11世紀にさかのぼりますが、16世紀と18世紀に改装が行われています。建物の正面には、バロック様式で作られた馬に乗ったサン・ミジャンの彫刻があります。1504年から1540年の間に建てられたこの教会には、内部に中世の祭壇画(12世紀)があり、プラテレスク様式の説教壇やグレコローマン様式の祈祷席もあります。ユソの宝の一つは、アラバスターの床とフレスコ画があるロココ様式の聖具室です。18世紀のこの壮麗な部屋には、フアン・リッツィの絵画、象牙、金、貴石のプレートで装飾されたサン・ミランの遺物箱(11世紀)、象牙に彫られたロマネスク様式の基底像があるサン・フェリセスの箱(11世紀)に代表される興味深い芸術コレクションが展示されています。修道院の他の見どころとしては王の間、回廊、図書室があり、蔵書のなかには約300の中世の文書が含まれています。また、写本のコレクションを鑑賞することもできますが、特筆すべきはグロサス・エミリアネンセスという11世紀の写本で、スペイン語(カスティーリャ語)とバスク語で書かれた最初の証拠をこの中に確認することができます。スペイン語の発祥地としてのサン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャの重要性は、13世紀にさらに高まることになります。というのも、中世の作家であり詩人でもあるゴンサロ・デ・ベルセオがこの地で生活し教育も受けていたことから、彼の作品を通じてこの言語が文学言語の範疇にまで引き上げられることになったからです。サン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャの通りでは、典型的なリオハ建築の家々や、18世紀に建てられたサンタ・ポタミア礼拝堂、ルガール・デル・リオ村にあるヌエストラ・セニョーラ・デル・カルメン教会(18世紀)などの優れた建築物を見ることができます。グルメと周辺地域リオハ料理にとっての最大の味方は畑の産物です。野菜のミネストローネリオハ風ポテトラムチョップのサルミエント風、ピーマンの詰め物などは、この地方の名物料理の例です。その一方、原産地呼称の下で保護されたリオハワインは広く名声を得ています。サン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャは、リオハのサンティアゴ巡礼の道から数km離れた場所に位置しています。ログローニョを後にすると、フランスの道は、ナバレテに続いてサンタ・マリア・ラ・レアル修道院のあるナヘラを通過します。サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサダは、リオハを通る巡礼路では最後にして最大のステージです。手入れの行き届いたこの町では、城壁、石畳の道、サン・サルバドール大聖堂が際立っています。リオハの聖ヤコブの道の周辺には宗教建築が数多く存在しているため、修道院のルートの語源にもなっています。このルートはサン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャを通り、サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサダ、エスカライ、バニャレス、カニャスの町へと続きます。スソとユソはスペイン語の道の一部です。このルートはスペイン語文字の歴史と発展に決定的な役割を果たした次の町を通過します。サント・ドミンゴ・デ・シロス、バジャドリード、サラマンカ、アビラ、アルカラ・デ・エナーレス。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン