Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
マラガにある王の小道(カミニート・デル・レイ)

新たな体験を求めて1人旅行とそのルート

none

ますます1人旅行向けの目的地が増え、その弊害も少なくなってきています。スペインへ向かう1人旅行者はユニークな経験を求め、会う人々や場所の隅々までを楽しみに来ています。スペインは、このような旅行者にも無限の可能性を提供しています。忘れられない体験を求める「一人の」旅行者に、それぞれの目的と時間に沿った、9つの目的地を紹介します。

新しい人に出会いながら、新しい自分にも出会う旅:

サンティアゴ巡礼の道宗教的な目的を持ってサンティアゴ大聖堂を訪れる人々がいる一方、自分自身のリズムでどのくらい遠くまで行けるのかを試し、他の巡礼者達とその道のりを共有したいと考えて、参加する人も多くいます。ハイキングをしたり、馬に乗ったり、自転車で行ったりと、色々な方法がありますが、一歩一歩進むたびに新たな自分に出会える冒険の旅でもあります。バニョス・デ・モンテマヨール平穏や静けさが好きな人にはお勧めの場所です。温泉療養リゾートが有名なカセレスの小さな村へ足を踏み入れてみましょう。温泉での治療やマッサージをして、自然の中でゆっくりと休みながら唯一無二の体験を楽しめます。

サンティアゴ巡礼の道の巡礼者たち

イビサ島イビサはコントラストが多くある島で、1人旅行には最適の目的地です。ヒッピーの文化が根強くあるため、その精神とパーティー文化が共存する場でもあり、ディスコでのナイトライフや様々なレジャーを楽しめます。活気あふれるこの目的地では、バレアレス諸島でも最高の夕日と朝日を見ることができます。

イビサの夕日

見事な風景に囲まれ、インスピレーションを探してみましょう:

ガリシアの灯台フィニステレ(ア・コルーニャ州)で世界が終わりを迎えるという伝説がありました。そこで迷わずに家に帰ることができるよう、と道を示す見事な灯台が作られました。その数世紀後、海や山が好きな人々が、1000キロメートル以上にも及ぶガリシア海岸の魔法のようなルートやスペインでも謎に包まれた土地の1つである、歴史や自然の中にある40以上の灯台を楽しむことが出来るようになりました。風車ドン・キホーテは有名な本の中に爪痕を残しただけでなく、カスティージャ-ラ・マンチャでの旅行中、知らずしてドン・キホーテのルートと呼ばれる場所を作り上げました。風車(巨人と勘違いしたもの)のある道が主要ルートとなります。コンスエグラ(トレド)の自治体からベルモンテ(クエンカ)まで、ラ・マンチャ地方の草原を通り、世界で一番有名な文学作品の登場人物の足跡をたどることができます。

ガリシアの灯台ルート

セルバ・デ・イラティナバーラ北部にあるモミの木が茂る最大の森の1つであり、もしかすると欧州全体でも有数の森かもしれません。紅葉を楽しめる秋がお勧めの時期です。映画のような景色はまるで魔法のようです。イラティの森では小道や小川が混ざり合い、イマジネーションを得ることができる最高の場所でもあります。 

イラティの森、イラビア貯水池

都会から離れて冒険を楽しみたい人向け:

ピコス・デ・エウロパ国立公園100年以上前、スペインで初めて保護地区とされた公園であり、ユネスコから生物圏保護区にも指定されています。アストゥリアスレオンカンタブリア地方では、山の中にあるカーレスルートのような小道やハイキングルートを夢中で楽しむこともできます。数多くある山小屋で夜を越したり、ロッククライミングやキャニオニング、マウンテンバイク、登山コースなど、自然でマルチアドベンチャーを楽しむことができます。王の小道マラガはビーチだけじゃありません。スリルを求める人向けに作られた、こんな峠道も隠れています。歴史と伝説に溢れた道は、川に沿って100メートル以上続き、ただの散歩も冒険へと変わります。小旅行に最適です。 

パブロ・カザルス

ランサロテ島都会から離れて自然と繋がりたいなら、イスラ・ネグラは最高の場所です。ただ携帯電話の電源を切るだけで完了です。景色や雰囲気のコントラストを味わってください。ティマンファヤ国立公園の自然に浸ったり、チカビーチでシュノーケルを楽しんだり、ファマラビーチで1人の時間を求めるのもいいでしょう。1人の時間に飽きてきたら、プエルト・デル・カルメンに行けばナイトライフも楽しめ、新しい出会いもあることでしょう。

ランサロテでのサーフィン
に関する詳細をごらんください