Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ベルモンテ

ベルモンテ

Cuenca

「キホーテのルート」に貫かれているベルモンテは、詩人でもあった修道士ルイス・デ・レオンの出身地として有名なだけでなく、15世紀に築かれた見事な要塞でもその名を知られています。町の歴史地区は重要文化財に指定されています。

この町を訪問すれば、比類ない美しさをたたえた中心街、上流階級の建物、貴重な史跡遺産に出会うことでしょう。町の主役がベルモンテ城であることは疑う余地がありません。フアナ・ラ・ベルトラネーハ女公が隠遁生活を送った場所で、数え切れないほどの映画のロケ地にもなっています。丘の上にそびえ立つこの城は、五角形をした外堀とゴシック様式の正門から成り、町まで下っていく城壁とつながっています。三角形の内堀においては、ムデハル様式の格天井、石膏細工、ゴシック様式のレリーフが際立っています。別の重要な建造物としてはドン・フアン・マヌエル宮殿=アルカサルが挙げられます。15世紀に建設された城壁には通用門が5カ所ありましたが、現存するのはサン・フアン門、チンチージャ門、そしてプエルタ・ヌエバの3つのみとなっています。また、ゴシック様式のサン・バルトロメ教会も傑出しています。この教会は、当時を代表する職人たちが建設を手掛けたものです。教会内には、もともとクエンカ大聖堂にあった聖歌隊席が置かれており、修道士ルイス・デ・レオンの洗礼盤も保管されています。訪れる価値のある場所のなかでも、由緒あるイエズス会修道院は特におすすめです。これは17世紀に建てられたバロック建築で、回廊はムニョス・グランデス広場の一角を成している一方、建物の残りの部分は現在では裁判所と郵便局として使用されています。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン