Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アラゴン州ウエスカ県にあるオルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園

グラダス・デ・ソアソ経由でのラ・コラ・デ・カバージョ

Torla

Huesca

オルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園の典型的なルート


ピレネー山脈で最も人気があり、かつ最も美しいハイキングルートの1つです。山々を背景としてオルデサ峡谷の風景を巡り、草原や緑の深い森を通り抜けると、素晴らしい滝を数多く目にすることができます。

ラ・コラ・デ・カバージョは、オルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園を象徴するハイキングルートです。17.5kmのルート(往復)をたどってピレネー山脈の風景や、ヨーロッパでも最初に保護された空間で、世界遺産にも指定されているオルデサ峡谷が提供するまたとない美しさを楽しむ訪問客は、毎年後を絶ちません。 

有名なラ・コラ・デ・カバージョの滝までのルートは簡単かつ快適なハイキングルートで、それほど高低差もなく、技術的にも困難なものではありません。きちんと標識が設置されており、良好な状態の山道が続いているため、あらゆる人に適しています。滝に到着するまで3時間ほどかかりますが、帰路は下り道なので、所要時間が短くなります。

滝: 川の絶景

プラデラ・デ・オルデサは、同名の峡谷を通るラ・コラ・デ・カバージョなどさまざまなルートの出発点です。駐車場から、滝の標識をたどって道を歩く必要があります。この道はより長いルートのGR-11ハイキングルートの一環を構成しているため、赤や白の通常マークで標識がついています。ルートはアラサス川の岸辺を通過し、多少登って森に入り、ルートで最初の滝であるアリパスの滝の展望台に到達します。ルートはそこから左に続き、美しいブナの森に入ってゆきます。次に、エストレチョの滝というカスケードに到達します。 

アラゴン州ウエスカ県のオルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園にあるラ・コラ・デ・カバージョのルートの画像

その後ルートは上り坂になりフラチナル洞窟のルートに達し、ここからの道は山肌の岩に半ば囲まれた形で続き、グラダス・デ・ソアソの美しい段々状の滝まで到達します。見上げると、モンテ・ペルディードの頂上が背後に姿をあらわします。ルートの風景においては、ソアソの氷河方向に向けて進むと牧草地が出現し、ここで最終地点となるラ・コラ・デ・カバージョのカスケードを目にすることができます。帰路は同じルートで行いますが、アリパスの滝では迂回して橋を渡り、川の向こう側に沿ってプラデラ・デ・オルデサまで戻るという手もあります。

アラゴン州ウエスカ県のオルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園にあるラ・コラ・デ・カバージョのルートの画像

センダ・デ・ロス・カサドーレスによるラ・コラ・デ・カバージョへの円環ルート

センダ・デ・ロス・カサドーレスやファハ・デ・ペライ経由でラ・コラ・デ・カバージョに到達する一周ルートを通ることもできます。より長く高低差が長いためより条件の厳しいものですが、歩行者が少ないため、熟練したハイカーにはよい代替案となります。20kmほどのルートで、同じプラデラ・デ・オルデサから始まりますが、この場合にはセンダ・デ・ロス・カサドーレス方向に進む必要があります。

アドバイスとおすすめ

アクセス方法

トルラ村にあり、ビエスカスからは25km、そしてアインササビニャニゴからはN-260で45kmほどの距離にあります。 トルラでは、年中無休のオルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園ビジターセンター(Avenida de Ordesa, s/n.22376 – Torla)があり、駐車場を備えています。トルラからはプラデラ・デ・オルデサまで、15-20分間隔のシャトルバスサービスがあります。 プラデラ・デ・オルデサには、聖週間と夏季を除いて、車両を置いておける駐車場もあります。上記の期間は、シャトルバスでしかプラデラにアクセスできないため、トルラのビジターセンターに駐車する必要があります。ビジターセンター(電話番号: +34 974486472)に電話してカレンダーやバスの時間を確認することをお勧めします。

アラゴン州ウエスカのトルラ

知っておきたいこと

トルラのビジターセンターに加え、プラデラ・デ・オルデサにも情報ポイントがあり、ここではオルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園で巡ることができるルートや行えるアクティビティ全てを知ることができます。 春と秋は、このルートのハイキングに特におススメの季節です。紅葉した秋のブナ林を巡るのは、まさに魔法にかけられた気分です。夏もよい季節ですが、訪問者が増える点や、滝の水量が減る可能性があることを考慮に入れる必要があります。 十分な水、食料やちょっとしたおやつ(チョコレート、ドライフルーツ、果物など)を持参して、道中で英気を養いましょう。標識と指示に従い、適切な服装や靴を用意しましょう。帽子や日焼け止めクリーム、そしてサングラスも、特に夏季にはリュックサックの中に欠かせないものです。 

に関する詳細をごらんください
おすすめプラン

ほかにも近くで見られるもの