Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
アインサ。ウエスカ

アインサ

Huesca

11世紀にアラゴン王国に編入されたかつての王国ソブラルベの首都だった町で、中世の街並みが見事に再現されています。

歴史芸術的総体に指定されているアインサでは、参事会教会の細長い塔と、村の残りの部分の広さに匹敵する巨大な城郭を特徴とする旧市街のなかに、家々の集合体が、統一されかつ非常によく調和してたたずんでいます。そこを囲む城壁はほぼ完全な状態で保存され、訪れる人々が中世にタイムスリップしたような気分になるような建造物が多数あります。広場の隣には、両側にアーケードがある、11世紀前半のロマネスク様式のサンタ・マリア教会が目立ちます。そこではファサードや興味深い地下室、都市景観を見下ろす塔を鑑賞することができます。回廊はやや後のもので、13世紀半ばに完成しました。市街地の北西部には城塞が残されています。その起源は11世紀半ばに建てられた五角形の塔にあり、これはイスラム教徒の脅威に対する防衛システムに統合されていたものです。その後、この要塞は、フランス国境の防衛システムの一環として現在の城塞が建設されることで、16世紀末に再び生まれ変わることになりました。町のレコンキスタを記念して、9月には「ラ・モリスマ」と呼ばれるムーア人とキリスト教徒を再現する祭りが行われます。

イベントカレンダー

展覧会、フェスティバル、スポーツ...


目的地で満喫できる関連イベントをご覧ください。