新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
ラ・パルマ。ロケ・デ・ロス・ムチャチョス天文台

ラ・パルマ(島)

La Palma

火山砂、崖と崖の間の入り江、そして類まれなる自然の景観。カナリア諸島を構成する島のひとつであるラ・パルマ島は、生態系の宝庫として知られるのどかな場所です。持続可能な観光に関する提案が評価され、欧州委員会のEDEN(European Destinations of Excellence:ヨーロッパ優等目的地)プログラムの最終選考に残りました。

ラ・パルマは「イスラ・ボニータ(美しい島)」と呼ばれ、カナリア諸島の中で最も緑の多い島です。緑豊かな森と黒砂の険しい海岸があるこの島は、豊かな生態系と素晴らしい自然で訪問者を驚かせます。ユネスコの生物圏保護区に指定されており、多くの自然保護区を擁し、内陸部にはカルデラ・デ・タブリエンテ国立公園があります。海岸線まで達する火山性溶岩が低くて岩の多い海岸線を作り出しており、そこには崖の間に挟まれた小さな入り江が点在します。

海岸から数キロメートル離れたところには、険しい地形によって形成されたロケ・デ・ロス・ムチャチョスのような高い山脈がそびえています。この場所には最新かつ高機能の望遠鏡を備えた近代的な天文台があり、宇宙物理学の世界的な基準となっています。年間平均気温が16~21℃のラ・パルマには、様々な建築物や興味深い遺跡、多数の礼拝堂、教会、博物館があります。中でもサンタ・クルス・デ・ラ・パルマの歴史的建造物群は特に重要だとされています。その中には、「ロス・インディアノス・エン・カルナバル」や5年ごとに開催される「ルストラーレス・フェスティバル」など、深く根付いた伝統があり、特に注目するに値します。これらはバハーダ・デ・ラ・ビルヘン・デ・ラス・ニエベス(ニエベスの聖母の下降)として知られており、7月の最初の2週間、セマナ・グランデ週とセマナ・チカ週をとおして大規模なイベントや催し物が行われます。特に、ダンサ・デ・ロス・エナノス(ドワーフの踊り)は必見です。織物工芸品、葉巻作り、手作りのデザートやチーズなども島の魅力です。

行き先

必見観光スポット