Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カナリア諸島ラ・パルマ島のラウリシルバ

ラス・ニエベス自然公園

La Palma

カナリア諸島で最も優れた照葉樹林の例のひとつ


ラス・ニエベス自然公園はラ・パルマ島にあり、プンタジャーナ、サン・アンドレス・イ・サウセス、サンタ・クルス・デ・ラ・パルマの各自治体にまたがるように位置しています。

この自然地帯は、公園のあちこちで滝のように流れ落ちる豊富な水のおかげで、カナリア諸島屈指の保存状態を誇る照葉樹林となっています。この公園には、モンテ・デ・ロス・サウセス・イ・プンタジャーナ自然公園、キンテロ、エル・リオ、ラ・マデーラ、ドラドール峡谷自然公園、クチジェテ・デ・サン・フアン自然公園という3つの自然地帯が含まれています。現在、これらの自然公園はラ・パルマ生物圏保護区の一部となっており、その境界はラ・カルデラ・デ・タブリエンテ国立公園と接しています。

ラス・ニエベス自然公園


Carretera del norte LP-1 que une S/C de La Palma con Los Sauces

38700  Santa Cruz de la Palma, ラ・パルマ島  (カナリア諸島)

スペースのタイプ:自然公園 面積:5.09 ヘクタール Eメール:info@lapalmabiosfera.es TEL::+34 922415417 Webサイト:ラス・ニエベス自然公園
お役立ち情報

知っておくべきこと


  • 環境情報

    カナリア諸島で最も優れた照葉樹林の例のひとつであることが特徴で、その松林には、カナリア諸島固有のエニシダや「カベソン」と呼ばれるキク科の植物など、複数の保護種が生育しています。カナリーバトの主要な繁殖地のひとつになっているほか、南にある松林には、ハイタカやアカケアシノスリなどの興味深い種が生息しています。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン