Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カナリア諸島ラ・パルマ島のタブリエンテ・カルデラ国立公園の風景を眺める観光客

ラ・パルマ島の必見スポット10選

none

大西洋に浮かぶ一年中快適な気候の島で自然と直接触れながら過ごす、一風変わったバカンスをお探しですか? カナリア諸島ラ・パルマ島にお越しください。「美しい島」として知られており、火山から魔法のような照葉樹林、黒い砂のビーチや自然のプールといった多様な風景に驚かれるはずです。生物圏保護区に指定されており、この中にはカナリア諸島でも最も興味深いハイキングコースもいくつかあります。理想としてはこの島で少なくとも1週間かけて、レンタカーでゆっくり巡るというものです。 この島は、ドイツ、オランダ、ベルギー、英国、スウェーデン、デンマークやスイスといったさまざまな欧州諸国から直行便があるため、空路でのアクセスが便利です。また、マドリードとをつなぐ直行便もあります。船での旅行を希望する場合は、テネリフェ島やラ・ゴメラ島から到達することができます。 ラ・パルマ島で見逃せない場所10カ所を紹介します。きっと魅了されるはずです。

  • タブリエンテの素晴らしいカルデラに入る

    国立公園に指定されており、ラ・パルマ島でも最も代表的な自然区域です。島の中央部にある直径8kmにわたる裂け目で、さまざまな火山活動や浸食作用の結果生まれたものです。現在では森に囲まれており、深い峡谷や泉が横切っています。この風景を見ると、言葉を失うはずです。この地域を巡るハイキングルートはいくつかありますが、最も有名なものは、難易度が中~高のPR LP 13です。環状型で、ロス・ジャノス・デ・アリアドネを出て、一周27kmです。しかし、ハイカーの大半はタクシーでロス・ブレシトスの展望台まで移動し、そこからアングスティアス峡谷まで続き、通常6時間かかる下り坂のルートをたどります。この行程中、素晴らしい展望台で立ち止まったり、有名なカラフルな滝を訪れたりすることができます。

  • カナリア諸島ラ・パルマ島ロケ・デ・ロス・ムチャチョス天文台の細部

    雲と星の間で散策:ロケ・デ・ロス・ムチャチョス展望台

    国立公園の一角を成し、この島で最も高い2,426m地点にあります。ここでは風景はより壮大かつ岩がちになり、まるで雲の上を歩いているような感覚にとらわれます。天気の良い日であれば、ラ・ゴメラ島やエル・イエロ島といった近くの島や、水平線の上に描かれるテイデ火山(テネリフェ島)を目にすることができます。この地域でハイキングを行う以外にも、素晴らしい風景を利用して、ここにあるロケ・デ・ロス・ムチャチョス天文台を訪れましょう。世界で最も重要な一連の望遠鏡を有しており、ガイドツアーを行っています。もし夕暮れの時刻まで滞在できるなら、そこでの静寂や色合いなど、高台からの体験は、他にないものとなります。

  • カナリア諸島ラ・パルマ島ロス・ティロスの森にあるマルコスとコルデロの水路にある滝の細部

    マルコスとコルデロの水路を求めてトンネルをくぐる

    ロス・ティロスの森にあるラス・ニエベス自然公園では、特に推奨されるルートがあります。ハイキングコースPR PL 6 ロス・サウセス – ロス・ティロスです。山をくぐる13か所のトンネルを通るコースで、独自の生物圏保護区の中心に向けて水を通すために作られました。照葉樹林や、マルコスとコルデロの水路の山腹にある壁に湧き出る滝の風景は、実に素晴らしいものです。 このルートは全長が24.5kmであり、エキスパート限定のハイキングコースですのでご注意ください。よりシンプルな代替案は、ロス・ティロスのビジターセンターからカサ・デル・モンテまでタクシーで移動して、そこから12.5kmほどのコースを始めるというものです。

  • カナリア諸島ラ・パルマ島にあるエル・チャルコ・アスール天然プールで海水浴を行う観光客たち

    エル・チャルコ・アスールで水に浮かぶ

    サン・アンドレス海岸にあるエル・チャルコ・アスールは、この島の中でも最も有名な天然プールの一つです。ここまでたどり着いたなら、せっかくなので塩水にぜひ浸かってみてください。火山性の岩が海に入る黒と、水のマインブルーのコントラストにより、楽園にいるような気分になります。  

  • カナリア諸島ラ・パルマ島ロス・ノガレス・デ・プンタジャーナ・ビーチの夕暮れ

    ロス・ノガレス・ビーチの大きな断崖で風を感じる

    ここは間違いなく、島全体でも最も美しいビーチの一つです。ここへのアクセスは徒歩のみ可能です。否定できない美しさに加え、この黒い砂のビーチは強い海流や波でも知られており、サーフィン愛好家にとってぴったりの一角となっています。挑戦してみますか?

  • カナリア諸島ラ・パルマ島サンタ・クルス・デ・ラ・パルマにあるコロニアル様式の建築の建物の詳細

    サンタ・クルス・デ・ラ・パルマのコロニアル建築を見学

    ラ・パルマ島への旅行では、時間をかけて島の主都をゆっくり訪れましょう。石畳の通りを歩くと、ここがヨーロッパとアメリカ大陸との通商ルートの大切な寄港地であったことから、探検家らが大西洋を越える船旅を行っていた過去に遡ることができるでしょう。  この小さな街の散策は、とても快適です。コロニアル様式の避暑地の別荘や、海に面して花でいっぱいの木製バルコニー、島の博物館、宮殿、教会や劇場などを目にすることができます。アラメダ広場にあるバルコ・デ・ラ・ビルヘンの大きなガレオン船や、サンタ・カタリーナ城をぜひお見逃しなく。

  • クーボ・デ・ラ・ガルガの森で第三紀にタイムトリップ

    全長11kmほどでそれほど難しくないハイキングルートであり、より短いルートのオプションもあり、家族全員でのハイキングにぴったりです。いつ魔法の動物が現われてもおかしくないような照葉樹林の中を歩くため、まるでおとぎ話の世界にいるような気分になるでしょう。これらの森が、現在ではほぼ消滅した第三紀の古い森の生き残りであることはご存知でしたか?コースは、目を見張る展望台のあるラ・ガルガ山ともつながっています。 

  • カナリア諸島ラ・パルマ島フエンカリエンテの製塩所の様子

    フエンテカリエンテの製塩所でカラフルさを体験

    島の南部で見つけることができます。ラ・パルマ島のこの一角で際立っているのが色のコントラストであるため、カメラの準備万端で向かいましょう。塩の白、火山岩の黒と海の青が、生き生きとしたキャンバスを作り上げます。さらに、渡り鳥の休憩地でもあります。 このすぐ隣ではテーマに沿ったレストランがあり、製塩プロセスを紹介したり、フルール・ド・セルなどの製品を買ったりすることができます。すぐ近くにフエンカリエンテの素敵な灯台や、ラス・カブラすまたはエチェンティベといったビーチがあります。 

  • カナリア諸島ラ・パルマ島ラ・サルサとラ・サルシタ・デ・ガラフィーア文化公園にある洞窟壁画

    ラ・サルサとラ・サルシータの文化公園で原住民について学ぶ

    ガラフィア村では、実は興味深い考古学遺跡を見つけることができます。森の快適な散策ルートの中で、この島でも最も重要な洞窟壁画をいくつか目にすることができます。幾何学図形や記号の不思議でいっぱいの場所で、何百年もの歴史のあるこれら芸術表現や、ラ・パルマ島の原住民についての情報を訪問者に提供すべく、この村のビジターセンターは現在改装中です。

  • カナリア諸島ラ・パルマ島における火山ルートのハイカーたち

    ロス・ボルカネス・ルート

    これはおそらく、この島でも最も有名なハイキング体験となります。この島の歴史上数多くの噴火で残されたクレーターの「月の風景」を通るルートに入ります。体力が必要な23kmほどのルートで、エル・ピラールの山小屋から始まりロス・カナリオスで終わりますが、多くの人たちはフエンカリエンテの灯台まで歩き続けます。そしてもし可能なら、ルートのゴールが夕暮れ時に合うようにすると、島のこの地点から目にする夕日はまさに忘れられないものとなります。 

これらは、この島でも最も人気の高い場所をいくつか楽しむためのアイデアのうち、ほんの少しでしかありません。ハイキングを行う際には、寸断された部分が発生している可能性があるため、必ず事前に、その状態についてこのウェブサイトでご確認ください。 ラ・パルマ島は神秘や秘密、そしてうれしい驚きに満ちています。ぜひお越しください。