Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
トレドの空撮

トレドをオリジナルに訪れる

Toledo

「三文化の都市」を別の形で発見しましょう。工芸品、文化、芸術、魔法、好奇心、未知の空間...トレドは典型的ではないさまざまなプランを提供し、これにより今までになく完全に新しい形でこの街を目にすることができるようになります。「三文化の都市」は、小さいながらもオリジナリティにあふれ、訪れる価値ありのセレクションで、あなたを圧倒することでしょう。カメラの準備はできていますか?

  • トレド市テネリアス浴場考古学的遺跡

    地下の道

    トレドのように歴史文化遺産が非常に良好な形で保存されている街を見つけることは、簡単ではありません。特に歴史地区では、通りの下に隠されたものを想像することなんてできないでしょう。地下の道で街の下を散策すると、隠された地下牢や浴場、地下室やアラブ式風呂などを目にすることができます。 

  • トレドのタホ川エコ遊歩道

    エコ遊歩道

    代表的なモニュメントを背景としてこの街を包む自然環境を楽しむことが、トレド遊歩道のおかげで可能になっています。5kmに及ぶこのシンプルな道のりは、タホ川の流れに沿い、独特の眺めを提供します。車両が通行せず、道のりにはきちんと標識がついているため、小さなお子様と散策するのにぴったりです。サン・マルティン橋から始まりアルカンタラ橋で終わりますが、もちろん逆方向に進むこともできます。 

  • 古代ローマ円形競技場

    通常の観光ルートから外れたところにあるトレドのローマ円形競技場は、かつてのローマ都市トレトゥムの最も重要なモニュメントの一つであるにもかかわらず、この街知られていない重要スポットの1つです。紀元1世紀に建設され、トレド市の北部、カルロス3世通りに位置しています。往時は長さ422m、幅112mの規模で、約1万5000人~3万人もの観衆を収容できました。

  • トレドの鎧の詳細

    王立武器工場

    またトレドは、1761年に建設され、200年以上にわたって機能してきた王立武器工場のおかげもあり、豊かな産業遺産も擁しています。今日ではカスティージャ-ラ・マンチャ大学のキャンパスの一部を構成していますが、礼拝堂や図書室、または倉庫や工房を見学することができます。 

  • トレドの夜の通り

    悪魔の細道と地獄の細道

    トレドは長年に渡り、魔法使いや黒魔術師が悪魔と出会う場所でした…少なくとも、街の伝説の多くではそう語られています。悪人が好んだ場所の中でも悪魔の細道地獄の細道が特に有名で、地下世界そのものにつながるように見える下り坂があります。

  • 納屋

    中世には数十軒ありましたが、今では数軒残るのみです。トレドの魔法のような納屋を見つけることができるでしょうか?悪人の駆け込み寺などになったことから、以前は使用を禁止されていたこれらの古い建築物は、同じ所有権の下で2つの建物を結んでいます。歴史や伝説に関係する有名処は、サンタ・クララ女子修道院に属するサント・ドミンゴ・エル・レアル、今日では大学キャンパスとして使われているサン・ペドロ・マルティル、そしてこの街で最も神秘的な地区に存在するポソ・アマルゴです。

  • トレドの工芸品店

    工芸品工房

    世代を超えて継承されてきた技術が、トレド剣ダマスク模様工房で紹介されており、ここでは体験することもできます。最新世代の職人に会い、本物の剣の鍛造の様子をご覧になり、ダマスク模様の作り方を学びましょう。できあがったものは、ご自宅へ持ち帰ることができます! トレドでサプライズの旅を続けたいなら、ナイトルートのようなさまざまなテーマの訪問を楽しみ、この街の最も神秘的な部分を発見する。また、トレドのミイラ探し、ワインを発見するルートを選んだりすることもできます。トレド市観光案内所では、最もオリジナルな場所について情報を得ることができます。

に関する詳細をごらんください