Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カルダス温泉療養リゾートのジャグジーでリラックスするカップル。カンタブリア

カンタブリアに残る温泉の伝統

カンタブリア

スペインのこの 北部 は、水に含まれる薬用効果のあるミネラル有効成分により、すっかりヘルスツーリズムのモデルとなっています。そのため、この地方を訪れると、素晴らしいビーチで海水浴をしたり、サンティリャーナ・デル・マルなど海沿いの村々や象徴的な場所の魅力を発見したり、パシエゴス渓谷といった緑あふれる貴重な景色をめぐったり、絶品グルメを楽しんだりできるだけでなく、優雅さと古典的な良さにイノベーションを取り入れた温泉療養リゾートも満喫できます。引き続き、ゆっくり休み自分をいたわり、リラックスするためのお気に入りの場所をお選びいただけるよう、アイデアを7つご紹介いたします。

  • プエンテ・ビエスゴ温泉療養リゾートの外観。カンタブリア

    プエンテ・ビエスゴ温泉療養リゾート

    プエンテ・ビエスゴ (サンタンデールから37km)スペインで最も有名な温泉療養リゾートのひとつで、パス川の谷あいにあります。グランホテル・バルネアリオ・デ・プエンテ・ビエスゴは、ナトリウム・カルシウム‐塩化物・炭酸水素塩泉の他、温泉、バブルバス、海藻風呂や死海の塩風呂、ハイドロマッサージのサービスにより有名です。さらに、この温泉複合施設には、面積2000平方メートルの温泉レジャー施設で水の殿堂を意味するテンプロ・デ・アグアも併設され、フロートタンクもご利用いただけます。 周辺のスポットこの温泉療養リゾートのすぐ近くでは先史時代の洞窟、例えば カスティーリョ の洞窟や モネダスの洞窟の見学が可能です。いずれも世界遺産に登録されています。また、あらゆるレベルのガイド付きハイキングやトレッキングルート に申し込むこともできます。

  • ハイドロセラピープールでくつろぐ女性

    アルセダ温泉療養リゾート

    アルセダ (サンタンデールから50km) トランソ渓谷を越えると、19世紀の温泉療養リゾートがあります。この温泉は、歴史とウェルビーイングのシンボルでもあり、ここを訪れる人たちは、ヨーロッパ最大の流量とされる源泉から湧き出る硫黄泉の効能を得ようとして、ここにたどり着きます。皮膚科系や呼吸器系の治療、またリラックス療法にお勧めです。美容療法、リウマチやアレルギーの治療ももちろん行っています。ここでは、リラックスマッサージから温泉、ハイドロマッサージ、パラファンゴまたはリンパドレナージュまで取り揃えています。 周辺のスポットこのホテル・温泉療養リゾートの周辺には、美しいアルセダ公園があります。7ヘクタールに及ぶ本格的な植物園で、針葉樹が特に見どころです。他にも、絵ハガキのような風景やハイキングがお好きな方は、この温泉リゾートを囲む道を巡ることもできます。例えば、パスの緑の道――鉄道の廃路線を利用したビア・ベルデと呼ばれるルート――があり、草原、落葉樹の森や川岸の森を通っています。 

  • リエルガネスのマヨール橋のそばに置かれた魚男の像。カンタブリア

    リエルガネス温泉療養リゾート

    リエルガネス (サンタンデールから25km)パシエゴス渓谷からも行くことができます。サンタンデール市内からほど近く、自然に囲まれた素晴らしいスポットであることから、20世紀初めに創業したこの温泉療養リゾートは、王室や偉大な統治者により温泉の効能が楽しめる場所として選ばれています。基本的に二つの源泉があり、リウマチ、呼吸器や皮膚の疾患に対する効能で知られ、しかもストレスにも効くことで有名です。提供しているセットコースは、例えばドライサウナやミストサウナ、トロピカルシャワー、ジャグジー、フットバス、アロマを楽しみながらリラックスできるスペースを組み合わせた構成となっています。他にもフロートタンクを備えた フロタリウム エリアやクロモセラピープログラムもあります。周辺のスポットこの温泉施設は、樹齢百年以上の樹木が並ぶ公園に囲まれています。リエルガネスの滞在を利用して、歴史地区や有名なマヨール橋を眺めながら、是非この町の通りを気ままに歩いてみてください。ミエラ川のほとりを散歩しながら、この橋のすぐそばに、伝説に囲まれた魚男の像がご覧いただけます。

  • ラ・エルミダ温泉療養リゾートの薬用ミネラル温泉プール。カンタブリア

    ラ・エルミダ温泉療養リゾート

    ペニャルビア (サンタンデールから90km)世の中の喧噪から逃れるのはいいことです。でも ピコス・デ・エウロパ 国立公園を背景に行うと、気分が高まります。この温泉療養リゾートは、アストゥリアスとの州堺にほど近い、この温泉と同じ名前が付いた山間の狭い道沿いにあります。2006年に営業を再開しましたが、60度以上の温泉は、1881年以来、利用者を迎え続けています。なお、この温泉水は、皮膚疾患、呼吸器または運動器の障害に効くとされています。まさに探し求めているウェルビーイングを得るための場所。周辺のスポットピコス・デ・エウロパにある無数のコースを巡るハイキングでは物足りないという方には、この温泉リゾートのすぐ近くに、ペニャルビアの村があります。小さな村で、中世からまるで時間が止まったかのような町並みが広がり、絶景が望めるサンタ・カタリナ展望台があります。しかも、このすぐ近くは、オサルコ山の神話に登場する架空の人物が集まる独創的な神話の道センダ・ミトロヒカの起点となっています。

  • ラス・カルダス温泉療養リゾートのアクアシャナ外部エリア。カンタブリア

    ラス・カルダス温泉療養リゾート

    ラス・カルダス・デ・ベサヤ (サンタンデールから37km)その温泉水にひたるだけでなく、その歴史にもひたることができる場所。ラス・カルダス・デ・ベサヤ温泉療養リゾートは、この地方で営業している全温泉リゾートで最も古い由緒ある温泉です。これは、伝統だけでなく、質の良さと同じ意味でもあります。7つの源泉が、ベサヤ川の岸辺にあるこの温泉リゾートに流れています。すでにローマ人がこの水を利用し、また窒素を含むナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩泉の恩恵を求めていたエリザベス2世女王も、かつてその魅力を体験しています。ちなみに女王が使用したバスタブは、今でも保存されています。呼吸器疾患や皮膚の悩みに効果がある温泉水。 周辺のスポット この温泉リゾートの直ぐ近くに、聖母ラス・カルダス聖堂があります。伝説があれるバロック様式の建築群で、その伝説では常にベサヤ川が主人公となっています。自然の中でスポーツを楽しみたいなら、徒歩ルート (終点はリオコルボ、ビエルノレス、もしくはビエスカ公園) もサイクリングルート (ロス・コラレス・デ・ブエルナ – スアンセス間) もあります。

  •  カスティーリャ テルマル ソラレス温泉療養リゾートの庭園とプールの外からの眺め。カンタブリア

    カスティーリャ テルマル ソラレス温泉療養リゾート

    ソラレス (サンタンデールから18km)城壁に囲まれた8世紀以上にわたる歴史を誇る、この 複合施設 は、2006年に修復されましたが、ロマン主義の様式を維持することができたため、モダンとエレガントを兼ね備えたスペースとなっています。 トラスミエラ地域の真ん中にたたずむ、この温泉のナトリウム・カルシウム‐塩化物・炭酸水素塩泉は、利尿や代謝を促す治療、消化器系や神経系の治療に対する効能で有名です。さらに、ローマ風浴槽や子ども用温泉により、この場所は、家族で楽しめる理想的な目的地となっています。周辺のスポットここでは水が主役。そのため、温泉療養リゾート以外にも、入り江で海水浴が楽しめる海で、また有名なミネラルウォーター「アグア・デ・ソラレス」が生まれる、フエンカリエンテ源泉でこの主役を見つけることができます。ハイキング、歴史遺産……プランはいくらでもあります。

  • 空から見たエブロ川の貯水池とコルコンテ温泉療養リゾート。ブルゴス県バリェ・デ・バルデベサナ。カスティーリャ・イ・レオン

    コルコンテ温泉療養リゾート

    コルコンテ (サンタンデールから40km)カンポオ地域、エブロ川の貯水池のほとりに、このホテル・温泉療養リゾートがあり、100年以上の歴史を誇っています。それは、コルコンテの水が、リウマチ、腎臓病の治療、しかも呼吸器や皮膚の疾患にも効果があるためです。また手術後の回復にぴったりの場所。この温泉センターでは、ボディラップ、温熱療法、マッサージ、温泉がご利用いただけます。周辺のスポットこの温泉リゾートは、ちょうどカンタブリアとカスティーリャ・イ・レオンの二つの州の堺にあります。そのため、一方では豊かな自然やピコス・デ・エウロパの山並みが見せる独特の風景、また一方ではカスティーリャの平原を楽しむことができます。わずか30キロメートル行くと、カバルセノ 公園と絶滅危惧種100種以上を見ることができます。また、ルートをたどりエブロ川の源流に足を踏み入れることもできます。 

これらの温泉リゾートに宿泊し自分をいたわる他、カンタブリアには、数多くの観光スポットがあり、サンタンデールの街自体に加え、サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラ、コミーリャス、サンティリャーナ・デル・マルをはじめとする観光地やソプラオ洞窟などが楽しめます。

に関する詳細をごらんください