Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
スマイア(バスク地方)のフリッシュルート

スペインにある15カ所の世界ジオパークの壮大な自然が、地球の歴史を語る

none

スペインにある15カ所の世界ジオパークの壮大な自然が、地球の歴史を語る


スペインは世界で2番目にユネスコの世界ジオパークが多い国です。ジオパークは非常に美しい自然空間です。そこでは山や岩石の形成、土壌など、人類の歴史について学ぶことができます。そのため、ユネスコは2015年以来世界ジオパーク認定を通してその価値を評価しており、スペインでは15カ所のジオパークでジオツーリズムを行うことができます。

カボ・デ・ガタ=ニハルのジオパーク 、アルメリア(アンダルシア)

断崖絶壁の海岸と隠れ家のような小さな入り江がある、冬のない場所。アフリカとヨーロッパの地殻変動の衝突により形成された火山地形には、白い家々が立ち並ぶ小さな漁村があります。脇道ルート、乗馬やハイキングを通して散策することができます。その海岸の透き通った海では、シュノーケリングやスキューバダイビングを楽しみながら、モロ島付近に生息する動物や火山の形成を見ることができます。機会があれば、海岸線に沿ってボートを走らせ、いつまでも記憶に残るような入り江を訪問することもできます。

カボ・デ・ガタ、ニハル自然公園

コルドバ(アンダルシア)のシエラ・スベティカスのジオパーク

川や泉などの水は、石灰岩に彫られた独特な形があるこの地域の変化の主役です。オリーブの木が生い茂る土地で、スエロスカブラ、ルケ、ドニャ・メンシアなど、山の中に白い家が建つ小さな村がたくさんあります。この場所を訪れるには、ビア・ベルデ・デル・トレン・デル・アセイテをはじめとする多数のルートに沿って自転車で行くのがお勧めです。ラ・ナバの小道やカニオン・デル・リオ・バイロンのルートは、車とハイキングを組み合わせて楽しめる、ハイキング好きの旅行者におすすめの人気のルートです。数多くの洞窟を見学することができ、中でもコウモリの洞窟は特に有名で、スエロスではガイド付きツアーも行われています。また、カブラの山中にあるヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・シエラ修道院にあるバルコン・デ・アンダルシアも必見です。

スエロス(コルドバ)のバイロン渓谷

ウエスカ(アラゴン州)のソブラルベ=ピレネージオパーク

ピレネー山脈のジオパークでは、山の起源、スペイン最後の氷河、めまいのするような峡谷と渓谷の間にある広大な洞窟、そしてかつて熊が住んでいた洞窟クエバ・デル・オソ・デ・テラを巡るツアーを楽しむことができます。このジオパークには、素晴らしい風景を眺めることができる多数のハイキングやマウンテンバイクのルートがあります。ソロサルの滝の横でヴィア・フェラータや、長年操業されてきた様々な鉱山を巡るジオミネロ・サーキットも楽しめます。他の注目ポイントは、エリポルの風景(郊外の墓地の近くに展望台があり、山に刻まれた何世紀にもわたる海の後退影響を鑑賞することができます)とモンテ・ペルディド(ビエルサ)の氷河です。観光案内所はアインサにあります。

ウエスカ(アラゴン州)のアインサの景色

ギプスコア(バスク州)のコスタ・バスカのジオパーク

生で見る6000万年の歴史のサンプルコレクション。バスク海岸の主要な地質名所であるフリッシュのルートは、スマリア、デバ、ムトゥリクを通っています。フリッシュと呼ばれる堆積岩によって形成された13キロに及ぶ印象的な崖があり、地質学者が恐竜の絶滅など地球の歴史における重要な出来事を研究するのに役立っています。イツルンビーチ(スマイア)は、フリッシュを見るのに特におすすめの場所です。また、観光案内所も設置されています。そこからは、海から断崖絶壁の美しさを眺めることができる船旅が企画されています。可能ならば、海やビーチからの夕日を楽しみましょう。ジオパークの内陸部では、エカインなどの世界遺産に認定された岩窟壁画のある洞窟が位置する緑の谷や山に向かっていきます。

スマイア(バスク地方)のフリッシュルート

アンダルシア州セビージャのシエラ・ノルテのジオパーク

ここでは、7億年前の風景の痕跡を見ることができます。世界最大級のクラゲの化石群から地殻プレート間の縫合点を示す遺跡(ベハ=アセブチェス)まで、セビージャのシエラ・ノルテのジオパークには、地質学上の重要スポットを通るいくつかのジオツーリズムのルートがあります。さらに、セビージャのシエラ・ノルテのビア・ベルデ(緑の道)では、徒歩や自転車で、天然記念物であるセロ・デル・イエロとウエスナやウエスナルの滝を見ることができます。セロ・デル・イエロは、印象的な岩盤が露出している古い鉄鉱山で、ウエスナは一連の滝とプールです。このルートでは、クロハゲタカやイベリアカタシロワシが飛ぶ姿を見ることができます。

シエラ・ノルテのジオパークにあるセロ・デル・イエロ

カセレス(エクストレマドゥーラ)のビリュエルカス=イボレス=ハラのジオパーク

その起源は、約3億年前のパンゲア大陸の形成にあります。その最高地点であるラ・ビリュエルカの断崖に登れば、山脈、渓谷、低木林に特徴づけられたジオパークの非常に描写的なパノラマビューの全景を望むことができます。イヌワシやハヤブサ、シロエリハゲワシ、ワシミミズクなどの動物相が生息する樫や栗の木の密林を見つけることができます。地質学上最も興味深いのは、エストレチョ・デ・ラ・ペニャ・アマリヤ(アリア)、天気が良ければ入浴することができる、水の浸食によってできたイボール川のマルミタス・デ・ヒガンテ(ボオナル・デ・イボール)、ペレダ・デ・サン・ロマンの岩礫地(お椀やキノコの形をした岩で、その中でも巨大なカンチョ・デル・カスティーリョのものが有名)です。近くには、春の桜で知られるヘルテ渓谷やグアダルーペ、世界遺産に登録された有名なサンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院があります。

カセレス(エクストレマドゥーラ)のビリュエルカス=イボレス=ハラのジオパークにあるカバニャス・デル・カスティーリョ

カタルーニャセントラルジオパーク

カタルーニャ州の中心部はかつて大きな孤立した塩水盆地でした。その起源は3,600万年前のピレネー山脈に遡ります。水が蒸発したことで、現在のジオパークのような美しい景観が生まれました。独特の丸みを帯びた岩が特徴的なモンセラートの山は、そのシンボルの一つです。サンタ・マリア・デ・モンセラート修道院や山の地下洞窟の一部など、周辺のすべての場所を訪れることをお勧めします。一方、モヤ(バルセロナ)では、先史時代と古生物学において重要な発見があったトール洞窟を訪れることができます。ジオパークを違った方法で楽しむには、プラ・デ・バジェスの原産地呼称のワインセラーのそばにある「ジオパークワイン」のルートがおすすめです。

モンセラート(カタルーニャ)のケーブルカー

カナリア諸島のエル・イエロ島のジオパーク

エル・イエロ島の風景は、そのユニークさと美しさで有名です。この島は他のカナリア諸島と同様に火山起源の島で、溶岩流、溶岩流、火山性堆積物、地質学的に非常に重要な岩石の地層を容易に識別することができます。実際、現在も火山活動があり、2011年には海底火山が噴火しました。エル・ピナールにあるジオパークの案内所では火山について学ぶことができ、出発点としてもおすすめです。ヒナマ、ラペーニャ、バスコスとラ・リャニアの展望台からは、火山が景観に及ぼす影響を観察することができます。車や自転車で行けるバルベルデとサン・アンドレス間のルートでは、険しい地形、海の景色、険しい崖など、島の変化に富んだ風景を見ることができます。サン・アンドレスでは、ガロエの木の伝説や、横向きに降る雨の現象について学ぶことができます。最後に、ラ・デエサを訪れれば、独特な形をした木々が立ち並ぶサビナルで貿易風の影響を見ることができます。

エル・イエロ島の景色

グアダラハラ(カスティーリャ・ラ・マンチャ州)のモリーナ・デ・アラゴン=アルト・タホ地域のジオパーク

古代の川と暖かい海により、この土地は壮大な峡谷、独特な樹木、地質学上重要なスポットであふれています。例えば、チェカの近くにある4億3000万年以上前の海洋生物(グラプトライト)の遺跡や、アランゴシージョ山脈の化石の森があります。4,000平方メートル以上のこの大規模なジオパークには、11本の標識付きジオルートと案内所が数カ所あります。展望台からは、季節によって大きく変化する壮大な景色を見下ろすことができます。バランコ・デ・ラ・オスはいつ行くのもおすすめです。秋には、タホ展望台が特に人気で、川岸の様々な色合いを見せてくれます。冬になると、ペレヘロ展望台から最高地点の雪を見下ろすことができます。またマチョリーリョ展望台からは、春のタラビラのラグーンの景色を眺めることができます。

グアダラハラのアルト・タホ公園

カナリア諸島のランサローテ島・チニホ列島のジオパーク

火山由来の珍しい風景や火によって成形された山の島。ティマンファヤ国立公園では、ティマンファヤ火山の見学や、火山の熱気の中で調理された料理を試食するような独特な体験をすることができ、必見の観光スポットとなっています。実際、この空間の地面には多数の熱異常が見られ、場所によっては250℃に達することもあり、間欠泉から水が噴き出る様子を見ることができます。ティナホの自治体は、クエルボ火山、コロラダ山、カルデラ・ブランカなど、すべて簡単なハイキングルートがある地質学上重要なスポットであふれています。もう一つの特徴的な景観はラ・ヘリアにあり、農家が火山の地形の特殊性に適応したワイン用ブドウを栽培しています。

ティマンファヤ国立公園の風景

火山の影響は、南部に位置するパパガヨなどのビーチや、チャルコ・デ・ロス・クリコスやラゴ・ベルデなどのユニークな空間とその海岸線を含む、島全体で見ることができます。島について詳しく学ぶには、島の火山性とセサール・マンリケの芸術を持続可能な方法で統合した芸術・文化・観光センターを訪れるのがおすすめです。

ブルゴスとパレンシアのラス・ロラスにあるペニャ・アマのヤジオパーク

ブルゴスとパレンシア(カスティーリャ・イ・レオン)のラス・ロラス・ジオパーク

力強い起伏に富んだ険しい地形で、ヨーロッパ最大級のロマネスク様式の教会や修道院が集中しています。ラス・ロラスのジオパークの特徴は、車、徒歩、マウンテンバイクで移動できる多数のルートがあることです。壮観な風景の中には、エブロ川やルドロン川(ブルゴス地区)、ラス・トゥエルセス(パレンシア)の渓谷が、興味深いロス・フランセセス洞窟やお勧めのバルカバード展望台の近くにあります。さらに、ほぼ全領域にわたり、モンテ・ベルノリオ、ペーニャ・アマヤ、ペーニャ・ウラーニャ、モンテ・チルダなどのローマ時代以前の砦、新石器時代のドルメンや鉄器時代の遺跡を見ることができます。滝も豊富にあり、オルバネハ・デル・カスティーリョ(ブルゴス)やコバラグア(パレンシア)など、数多くの滝に簡単にアクセスできます。また、登山やキャニオニングなどのアドベンチャースポーツに最適なエリアです。

リェイダ(カタルーニャ)のコンカ・デ・トレンプ=モンセックジオパーク

2018年にユネスコのジオパークに指定され、そこの岩石が5億5000万年以上の歴史を物語っています。かつては海に覆われていたこの地域は、恐竜がほぼ絶滅するまで生息していた場所です。現在では写真のような風景を望むことができ、星空観察に適した澄んだ空がスターライト財団により認定を受けています。その中でも特に写真撮影に人気な場所は、岩に刻まれた小道が印象的で、川から高さ500メートルの場所に位置するモン・レベイの峡谷です。その最も有名なルートはキント・ラゴと呼ばれるもので、ペラメア、ベラヌイ、レス・エスグレシエスなどの中世の魅力あふれる小さな村々を通り、内泉により成形されたモンコルテス湖が到着地点となっています。景観の多様性を楽しむためのもう一つの方法は、ピレネー山脈を背景にリェイダとラ・ポブラ・デ・セグールを結ぶヴィンテージの観光列車「湖の列車」に乗ることです。一方、ジオパークエリアでは恐竜の化石や痕跡が数多く発見されています。コル・デ・ナルゴにあるディノスフェラ・センターで詳しい情報を得ることができます。

コンカ・デ・トレンプのジオパーク内にあるモン・レベイの渓谷への入り口

ルゴ(ガリシア)のコウレル山脈ジオパーク

ここでは、過去5億年の地形の変化と人間の活動との密接な関係が明らかにされています。この地域では、ローマ帝国時代から採掘が行われており、スレートは新石器時代から数年前まで経済の原動力の一部でした。ユネスコは2019年4月、シエラ・ド・コウレルをジオパークとして認定し、中世の村や修道院の保存や、浸食によって形成された渓谷や谷の美しさを重視しています。ジオパークは、ルゴのキロガ、フォルゴソ・ド・コウレル、そしてリバス・デ・シルの自治体に広がっています。ここのもう一つの大きな魅力は植物です。蘭は、そこに育つ最も色鮮やかな種の一つで、ガイド付きツアーが通常、5月に開催され、その花の素晴らしさを見ることができます

ルゴのオ・コウレル

アンダルシア州グラナダのジオパーク

2020年以来ジオパークのグローバルネットワークの一部であり、500万年の歴史を物語る環境を訪れる機会を提供しています。古代の海の存在を確認したり、かつて海中溶岩だった山を見たり、ヨーロッパで最も広範囲に及ぶ第四紀の脊椎動物の古生物遺跡群を訪問することができます。人間の通過はまた、最も近代的な生物気候の家の初期の例である山の中に掘られた洞窟住居がある風景に、その痕跡を残しています。

スペインのアンダルシア地方に位置するグラナダのジオパーク内にあるオヤス・デ・グアディクス

テルエル(アラゴン州)のマエストラスゴのジオパーク

ここは沈黙が物事を語る場所の一つだと言われています。高い峰々、深い渓谷、透明な水の流れる川、松の間を通る道が、心安らぐ静かな村々へと導いてくれます。カンタビエハミランベル、プエルトミンガルボ、アリアガなどを訪れれば実感できるでしょう。この地域の風景は、過去2億年の地球の歴史を反映しており、それを学ぶための道しるべとなるネットワークがあります。特に重要な天然記念物は、クリスタルデ・モノリス洞窟、オルガノス・デ・モントロ、そしてピタルケ川の誕生です。また、ユネスコの世界遺産に認定されたイベリア半島の地中海沿岸の岩絵の一部を形成している遺跡のいくつかを見ることができます。 

テルエルのマエストラスゴのジオパークにあるオルガノス・デ・モントロ