Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
サバティーニ庭園

サバティーニ庭園

Madrid

かつて厩舎だった荒廃した空間に威厳を与え、王宮と調和させたネオクラシック様式の庭園。新しい王宮の建設中、最初にサケッティ、次にサバティーニの二人の建築家が介入して宮殿の北の角に庭園を設計しました。この庭園は完成に至らず、代わりに王室の厩舎に割り当てられ、動物に加えて、現在馬車博物館で見ることができる馬車や車体が保管されることになりました。現在、トリトンたちが置かれた大きな円形の噴水が、両側を四分円と針葉樹に囲まれ、周囲に樹木が並ぶ2つの大きな軸が交わる地点を占めています。

サバティーニ庭園


Calle Bailén, 2. (Cuesta de San Vicente)

28013  Madrid, マドリード  (マドリード自治州)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問