Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

オリエンテ広場

Madrid

王宮と王立劇場とに完璧に融合し、マドリードで最も大きく美しい建築群のひとつであることは間違いありません。市内に足を運ぶすべての方にとって、この場所を歩いて回り、その素晴らしさを楽しむのは絶対に外せません。オリエンテ広場の最初の建設推進者は、ジョセフ・ボナパルトで、王宮の前に大きな庭園エリアを設置する提案を行いました。その数年後の1817年、この空間を作り出すため、フェルナンド7世があらためてプロジェクトに乗り出しましたが、実現には至りませんでした。その後、イサベル2世が即位し、ようやく建築家ナルシソ・パスクアル・イ・コロメルの設計で、広場の最終的な設計が固まりした。

広場は1844年に落成。この年、同じくこの場所にフェリペ4世の騎馬像が設置されます。イタリア人彫刻家ピエトロ・タッカにより1640年に制作され、高さ12メートル、台座の直径は17メートルに達します。綿密に設計された庭園のあるオリエンテ広場は、この周りを囲む歴代のスペイン国王の彫像20体が並んでおり、彫刻美術館となっています。

オリエンテ広場


Plaza de Oriente, s/n.

28013  Madrid, マドリード  (マドリード自治州)

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問