Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
エンカルナシオン王立修道院。マドリード

エンカルナシオン王立修道院

Madrid

エンカルナシオン広場には、フェリペ3世の妃であるマルグリット・ドートリッシュの命により17世紀に建造された修道院が建っています。この建物は、建築家フアン・ゴメス・デ・モラとフラン・アルベルト・デ・ラ・マドレ・デ・ディオスによるものです。18世紀の火災後に教会では大幅な改修が行われました。建築家ベントゥーラ・ロドリゲスは寺院に新古典主義様式を採用し、内部は当時最高のアーティストによる装飾が施されています。現在、修道院には諸王の間、内陣、回廊や聖具保管室といった一般公開されている場所がいくつかあり、これの場所ではホセ・リベーラ、アントニオ・ペレダ、ルカス・ホルダンやグレゴリオ・フェルナンデスの作品を目にすることができます。一方、この寺院で最も重要で人々を魅了するのが聖遺物の間(イタリア、ドイツ、スペインやオランダからの青銅製、サンゴ、象牙や細かい木工の作品)で、フアン・デ・メナやサルシージョの彫刻に会うことができます。.聖遺物の中でも、この場所にはサン・パンタレオンの血が入った瓶があり、不思議なことに毎年7月27日にこの血は液状化します。

エンカルナシオン王立修道院


Plaza de la Encarnación 1

28013  Madrid, マドリード  (マドリード自治州)

おすすめプラン

次の訪問