新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス
サン・フェルミンの牛追い祭り

サン・フェルミンの牛追い祭り

国際的な観光名物祭り
Navarra

熱狂的に盛り上がるパンプローナの祭りでのメインプログラムは牛の追い込みです。

このパンプローナの町はサン・フェルミンの祭りで一躍有名になりました。 牛追いというリスクの高い、そして同時に興奮で湧き上がる祭りに参加しようと、毎年何千人という人たちがこの土地を訪れます。アーネスト・ヘミングウェイの小説「日はまた昇る」には永遠の記録が遺されています。9日間、白いシャツに赤いスカーフのパンプローナ市民と観光客たちは休むことなく通りを祭り気分で盛り上げます。

サン・フェルミンは7月6日の午前12時にその幕を開けます。当日、市庁舎のバルコニーから、祭りの始まりを知らせるチュピナソの花火が打ち上げられ、広場で待ち受けた人々の間からは歓喜の声が上がります。最初の牛追いは翌日です。午前8時ちょうどにサント・ドミンゴの囲い場の扉が開かれ、何百人という参加者達が牛の前を走り、旧市街を巡るルートを通過し、最終地点である闘牛場へと向かいます。その日から(7月7日から14日まで)毎日、このわずか3分、距離にして825メートルという短く内容の濃いレースが行われるのです。爆竹の音でそれぞれの牛追いの状況が知らされいます。最初の合図で囲いの扉が開かれ、次の合図で全ての雄牛が出発したことが知らされます。3番目は広場にて、雄牛が闘牛場に入ってきたことを知らせ、4番目で雄牛が囲い場に入り、牛追いが終了することが知らされるのです。最も興奮するのは牛追いの始まる数分前です。サン・フェルミン祭りの参加者たちはサント・ドミンゴの坂道に置かれた小さな像の前で3回歌を歌い祈りを捧げます。また、祭りの際中は、子供たちを楽しませるため、毎朝、町の中心を大頭の巨大人形が歩くパレードが行われます。さらに、夜の祭りやコンサート、ダンス公演などのほか、地域の仲間たちが集まり盛り上げる闘牛などのイベントも企画されています。サン・フェルミンは7月14日、夜12時に終了します。人々はキャンドルを手に、市庁舎広場へ集まり、「ポブレ・デ・ミ(かわいそうな私)」を歌いながら一年後までの別れを惜しみます。

サン・フェルミンの牛追い祭り


Pamplona-Iruña, ナバーラ  (ナバーラ特権州)

* 日程は確定していません。

ギャラリー

画像で