Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
リベイロのワインルート

リベイロのワインルート

Ourense

スペイン北西部のガリシア地方を旅行されるなら、 オウレンセ県にあるリベイロのワインルートの旅がおすすめです。美味なグルメだけでなく、スペインで最初に原産地呼称に指定されたもののひとつ、素晴らしいリベイロワインの生産地に出会うことができます。大規模なワイナリーやこの地方ならではのコジェイテイロス(小規模な自家製ワイン蔵)をご見学いただけるほか、自然に囲まれた温泉療養リゾートに宿泊したり、ブドウ畑を散策したり、ゴルフを楽しんだり、エノツーリズムと自然が見事に融合した場所といえます。

リベイロのワインルート協会

Travesíado Ribeiro 3

32400 Ribadavia, オウレンセ (ガリシア)

ruta@rutadelvinoribeiro.com http://www.rutadelvinoribeiro.com

+34 988472044

行き先

ワインの


マップをナビゲートして見逃せないルート上のスポットをご覧ください。

ワインの特徴

この地域のワインは、若く、適度な酸味と軽さがあり、フルーティーでフローラルな絶妙な香りが特徴です。トロンテス、ロウレイラ、ゴデージョ、アルバリーニョ、トレイシャドゥーラの各品種から造られる白ワインは傑出しており、トレイシャドゥーラはリベイロの女王と呼ばれています。繊細な味わいが心地よい感覚を生み出すだけでなく、魚介類やソフトチーズ、腸詰製品との相性も抜群です。リベイロの赤ワインは、原産地呼称の生産量の15%足らずですが、その需要は高まってきています。程よい酸味と赤や黒のベリー類、スミレ、バラの花びら、甘草を連想させる香りがあり、非常に濃厚で味わい深いワインです。肉料理、パスタ、キノコ、豆料理、シチュー、熟成チーズにぴったりです。最後に、最高のレーズンぶどう由来のモストから造られ、天然の甘みを持つトーストワインをご紹介します。希少で手間のかかるワインであるため、まさにワイン醸造学が生んだ宝石といえます。

リベイラ・サクラの風景

見どころ

リベイロのエリアを特徴づける豊かな遺産。長年の歴史を誇る村に滞在し、村にあるバロックやロマネスク様式の寺院、カストロ、パソ(ガリシアの典型的な建物)、ユダヤ人街、穀物倉、クルセイロ(石の十字架)を見学しましょう。 オークの木、栗の木、松の木が茂る森、川の渓谷、広大なブドウ畑から成る壮大な風景の中での散策をお楽しみいただけます。 美味しいグルメと、住民のおもてなしが体験できる民間行事。リバダビアの歴史祭り(8月最終週末、町が本物そっくりの中世の村になる)、オ・カルバジーニョのプルポ(蛸)祭り(8月第二日曜日)、レイロのブドウ収穫祭(8月最終日曜日)がおすすめです。 スポーツ施設では、ゴルフ場(サン・アマロ)、ヨットクラブ(カストレロ・デ・ミーニョ)があるほか、乗馬(アルノイア)、ロッククライミング(カルバジェダ・デ・アビアとレイロ)、ハイキング、サイクリング、カタマラン、川沿いの散歩(コルテガーダ、アルノイア)を楽しみながら、地元のいろいろなスポットをご訪問いただけます。 温泉療養リゾート(アルノイア、カルバジーニョ、ライアス・カルダリア、ベラン、プレキシゲイロなど)では、健康促進、ワインセラピー治療、リラックスやストレス解消のためのプログラム、その他のアクティビティをお楽しみいただけます。 詳しくは、各地の観光案内所にお問い合わせください。

リベイラ・サクラのブドウ畑の風景

アクセス方法

リベイロのワインルートは、ガリシア州の南東部、オウレンセ県にあります。ワインルートの訪問に飛行機でのご旅行を希望されるなら、リバダビア(いわゆるリベイロの首都)から60 kmの距離にあるビーゴ国際空港と、110 kmの距離にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラ国際空港をご利用いただけます。その後は陸路で、リバダビアを通過する自動車道A-52をご利用いただくだけで、オウレンセ市から28 kmのところにあるリバダビアに到着します。この自動車道は、マドリードまで続くA-6号線と接続しています。ポルトガルからガリシアに入るには、高速道路AP-9号線をご利用ください。電車でのご旅行を希望されるなら、リバダビアには鉄道駅があり、オウレンセ、ビゴ、ポンテベドラ(いずれもガリシア州)、サモラ、ポンフェラーダ(カスティージャ・イ・レオン州)、マドリードといった主要都市へ毎日運行しています。リバダビアにはバス駅もあり、オウレンセやビゴなどの都市行きのバスが毎日何本も出ています。アルノイア、ベアデ、ボボラス、カルバジェダ・デ・アビア、カルバジーニョ、カストレロ・デ・ミーニョ、センジェ、コルテガダ、レイロ、プンシン、オウレンセ、リバダビア、サン・アマロ、トエンが、このルート上にある自治体です。興味深い文化遺産(オウレンセ大聖堂やリバダビアの中世の石畳の通りは必見)に加え、自然ルート、温泉療養リゾート、宿泊施設(修道院や大修道院を含む)、レストランなど、このペ―ジのサイトマップを使って、リベイロのワインルート上にあるすべての目的地をご確認ください。

ワインをテイスティングする女性