Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カラ・ドルトの若者、イビサ島

恋をしませんか。イビサ

Ibiza

イビサ島は隅から隅までが40キロメートルにも満たない島ですが、無限の可能性と訪れる人々すべてを魅了する力を秘めています。一人旅でも、友達との旅行でも、家族旅行でも、カップルとの旅行でも、目的が楽しむことでもリラックスでも、理想的な旅先になることは間違いありません。また、夏の数カ月間は透き通った水を楽しむことができますが、冬に訪れるのもおすすめです。

  • 左:カラ・コンタ/中央:カラ・サラダ/右:カラ・ベデジャ

    夢のような入り江とビーチ

    イビサ島の美しい入り江とビーチの数は膨大で、すべて数えることはほぼ不可能と言えるでしょう。カラ・ドルト、サラダ、ベデジャ、コンタがその中のいくつかで、ゆったりと一日を楽しむには理想的な場所です。海面から海底を眺めるためにシュノーケル類をお忘れなく。

  • 左:ブジト・デ・ペッシ/中央:ソフリット・パジェス/右:フラオ

    グルメ

    ブジト・デ・ペッシ(魚の煮込み料理)はイビサ料理の中で一番典型的な料理の一つです。いくつかの種類がありますが、普通は前菜とメインの2品からなり、前菜は魚の煮込み料理(ハタ、アンコウ、カサゴ等が一般的)に「アリオリソース」が添えられたジャガイモ、メインは煮汁を使った米料理になります。その他にも、シナモンやクローブ、サフラン、パプリカといった香辛料を使い、数種類の肉と腸詰製品を煮込んだソフリット・パジェスが有名です。デザートには、羊とヤギのフレッシュチーズを使い、ハッカとアニスを加えたケーキ、フラオも絶品です。この3品の他にも、試してみたい料理が数多く見つかることでしょう。

  • 左:セス・サリーナス島/中央:エス・ベドラとエス・ベドラネル島/右:サ・コニジェラ島

    自然

    このテーマでは、イビサ島の南側からフォルメンテーラ島の北側にまで広がるセス・サリーナス自然公園を外すことはできません。2,838ヘクタールの土地と13,000ヘクタール以上の海洋部分を持つ公園です。海洋部分にあるポセドニア・オセアニカの海中草原の存在が特徴です。これらの海中植物は魚や海中生物の繁殖に活かされる上、澄んだきれいな水を保つのに役立ちます。また毎年、このエリアにはフラミンゴをはじめとする数多くの渡り鳥が飛来し、それもまた特徴の一つとなっています。世界遺産に登録された理由の一つに、島の生物多様性があります。 その他にも、エス・ベドラ自然保護区、エス・ベドラネル、ポニエンテ島も自然好きの方々にはおすすめです。イビサ島の南東、サン・ジュゼップ市に位置しています。エス・ベドラ島、エス・ベドラネル、シラ・デス・ボス、サ・コニジェラ、セス・ブレデスが含まれています。

  • ディスコ パチャの 夜、イビサ

    イビサ島の夜は世界的に知られており、特にパーティーが有名です。パブや洗練されたデザインの大型ディスコが毎年、次々に現れ、人気DJを迎え、数多くの観光客が集まります。 アムネシア、パチョ、プリビレヘ、スペース、ウシュアイア、DC10、エス・パラディス、ボラ・ボラ、リオ等々が有名です。一方で、美しい場所を巡る夜の散歩や素晴らしい夕暮れ等、島の夜には多くのオプションがあります

  • ヒッピー市場、イビサ右:©Helena G.H

    ヒッピー市場

    思い出の品を持って家に戻るため、いくつかある市場に寄ってみるのも一つのオプションです。手作りの装飾品、洋服等々を見つけることができます。これらがこの地中海の小さな楽園へ行ってみる理由のいくつかです。