Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
エイビッサの夜景

退屈を吹き飛ばすイビサの夜

Ibiza

「白い島」としても知られるイビサは、島の端から端までの距離が40キロメートルほどしかない上、この島を訪れる者すべてを夢中にしてしまうような魔法や並外れた魅力を備えています。島ののどかなビーチや風景、村々などはさておき、イビサが世界的に有名である理由は、そのにあります。見どころは?詳細は下記の通りです。

  • イビサのカラ・ドルトにて、夕暮れの中に浮かぶ船

    日没

    イビサ旅行では、視覚に訴えるこのショーを見逃してはいけません。というのも、この島には、忘れがたい夕暮れを眺めることのできるスポットが無数に存在するからです。見逃せないスポットをいくつかご紹介すると、カラ・ドルト、ベニラス、カラ・コンテ、カラ・バッサ、プンタ・ガレラ、そして、有名なエス・ベドラ島があります。

  • イビサのサンタ・ルシア堡塁(ほうるい)から望むダルト・ビラの景観

    宵の散歩

    城郭都市ダルト・ビラの石畳の通りを散策したり、サン・アントニオの町をくまなく回ったり、イビサ港を歩いて係留中の立派なヨットに見とれたり…。穏やかで心地よい一夜を過ごそうとお考えなら、そのオプションは沢山あります。

  • イビサにあるラス・ダリアスの市場

    ヒッピー市場

    ヒッピー市場は、今でもイビサ島随一のシンボルであり続けています。もちろん、多くの市場では日中の営業がメインですが、夏の数か月間は、週に何度か夜でも営業している場所があり、その一例としてラス・ダリアスのヒッピー市場があげられます。工芸品生演奏の愛好家にとっては、これは常に理想的なプランとして検討に値するものでしょう。

  • イビサのホテル「ピュア・ハウス」の朝食

    グルメ

    ブジッ・ダ・ペイシュ、スフリッ・パジェス、フリータ・ダ・プルポなど…。こういった正真正銘の(そして美味しい)イビサの郷土料理は、海沿いの屋台で、潮風だけを唯一のBGMにして味わうのが理想的です。その様子を想像できますか?食事は、フラオーという名の由緒あるデザートで締めくくるのをお忘れなく。これは、ヒツジとヤギのチーズ、ミントの葉、そしてアニスを使って作る、一種のタルト菓子です。そこにちょっとしたアクセントを加えたいなら、フリゴラを一杯ご一緒にどうぞ。このドリンクは、島で育ったタイムの花を原料とした、軽めの蒸留酒です。

  • イビサにあるディスコ「スペース」

    ディスコ

    イビサには、世界最大級、かつ、世界中にその名をとどろかせているディスコがいくつもあります。6月から10月にかけて、今をときめくトップクラスのDJたちがイビサのディスコに集結します。それについては、これ以上の説明を聞くより、ご自分で体験してみるのが一番です。

  • イビサにて、ヨットの傍らで泳ぐ若者たち

    船上パーティー

    話の流れはそのままにして、近年、ボートやヨットのレンタルの人気が高まっています。その目的は夜のパーティーを開くことにあり、夕暮れを見つめながら宴が始まります。このイベントに参加してみませんか?楽しめること間違いなしです!

これまでにご紹介したものは、イビサの夜を満喫したり体感したりする価値を生み出すアクティビティのほんの一部です。イビサを訪れてみれば、この白い島に隠された無数の可能性を発見することができるでしょう。