Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ビリュエルカス・イボレス・ハラ・ジオパークの秋

秋のスペイン

none

秋――9月22日頃から12月21日頃――は、夏の休暇後の最初の息抜きにもってこいの時期です。スペイン旅行を考えてみてはいかがでしょうか?キノコ類や栗など季節の名物を味わったり、ぶどうの収穫祭で大いに楽しい時を過ごしたり、クリスマスの到来前にオリジナリティあふれるものを購入したりする時期です。また、落ち葉のじゅうたんを踏みしめる音に耳を傾ける、紅葉した広大な森を眺める、または山間のホテルで夜を過ごすというアイデアにも強く引かれるかもしれません。この季節を思いっきり体験するためのアイデアをいくつかご紹介します。

息抜きの小旅行……焼き栗や煮込み料理の香りが漂う田舎に出かける

秋になると、暖炉に火を入れる、焼き栗や黒トリュフ、スープ類など暖かい料理の独特な味を楽しむことをそろそろ考えてもいいですね……もちろん、魅力あるスペインの村で楽しむのが最高!例えば、カディスやマラガの 白い村、グアダラハラの 黒建築、また 中世の面影を残す村などに惚れ惚れすることでしょう。ところで、スペインの多くの地域では、栗を主役にしたお祭りが開催されます。カタルーニャのカスタニャダ、アストゥリアスの アマグエストゥ、カンタブリアの マゴスタ、バスク地方の ガスタイネレエストレマドゥーラの チャケティーア、ガリシアのマゴスト……枚挙にいとまがありません。

焼き栗

キノコの季節

秋のキノコ狩りは、スペインの多くの地域では、ほぼ狂信的な活動に近くなっています。でもキノコ狩りをするには許可が必要なため、この体験を希望する場合は、企業が行っているサービスに申し込むのがベストです。では、どの地域で、このようなアクティビティやこの絶品食材を使った美味しい料理が必ず楽しめるのでしょうか?例えば、ナバレノがとても有名です。ソリアの小さな村で、落ち着いた雰囲気が漂い、またキノコ狩り講座や料理講座を企画するキノコセンターがあります。事実、ソリア県全体がキノコのタパスで有名で、ポルチーニクリームのフォアグラチップ添えなどを味わうことができるでしょう。キノコ類の秘密を知るなら、ナバラにはウルツァマ キノコ園や エロ=ロンセスバリェスキノコ園もあります。キノコ好きな方におすすめの目的地は、ベルガ (バルセロナ) またはキノコフェアが行われるウエスカ県。カンフランクやアイエルベのキノコフェアはその一例です。

収穫されたキノコ

ぶどうの収穫はひとつの祭り

スペインの秋は、ブドウの収穫を抜きには考えられません。ワインツーリズムが楽しめる地域がたくさんあります。このチャンスに、ラ・リオハ (スペインで最も有名なワイン産地のひとつ) へ旅することをご提案します。見学ツアーを行っているワイナリーが80軒以上あり、ワインがすっかりひとつの文化となっています。ワイナリーの施設の見学だけでなく、気球でワイン畑の上空を飛んだり、ワイン博物館を訪れたり、テイスティング講座に参加したり、ワインセラピーの施術を受けたりすることもできます。程近い、ラ・リオハ・アラベサでは、建築家フランク・ゲーリーが設計した、マルケス・デ・リスカルのワイナリーなど、スペインでもっとも壮観なワイナリーもいくつかご覧になれます。また、スペインではぶどうの収穫はひとつの祭りだ、と言うことがありますが、それは、すでに夏の終わり頃からリオハぶどう収穫祭 (ラ・リオハ県ログローニョ)、へレス・デ・ラ・フロンテーラぶどう収穫祭 (アンダルシア)、モンティーリャのぶどう収穫祭 (アンダルシア)、カンガス・デル・ナルセアのぶどう収穫祭 (アストゥリアス州) をはじめとする、ぶどうの収穫を祝う祭りが多数あるためです。

へレスのぶどうの収穫祭

五感をすべて使って自然を楽しむ

秋に印象的な姿を見せる自然が豊かな場所で、具体的なプランをお探しですか?例えば、バリェ・デ・アンブロス (エストレマドゥーラ) では “オトニョ・マヒコ” (幻想的な秋) が開催され、会期中はハイキング、手工芸品マーケット、フォト ラリー などのアクティビティが目白押し。持続可能な観光の提案が評価され、2019年に欧州委員会により 卓越したヨーロッパの旅行目的地 (EDEN) に指定された、このアンブロス渓谷に行ってみる絶好の機会です。他にも、モンテホ (マドリード市内から約100キロメートル) をはじめとする各地のブナ林ではガイドツアーを行っており、イラティの森 (ナバラ) ――ヨーロッパで二番目の面積を誇る広大なブナとモミの森――など、場所によっては 無料学習ツアーを体験できます。なお こちらのルポルタージュ では、この季節にぴったりの自然空間を最大10ヶ所、詳しくご紹介しています。

イラティの森

またこの時期は雄鹿が雄叫びを上げる発情期で、雄鹿は驚くような音を立てて雌鹿に求愛します。この“ショー”を生で見るため、4WDツアーを企画している地域がいくつかあり、カバニェロス国立公園 (カスティーリャ=ラ・マンチャ) やモンフラグェ国立公園 (エストレマドゥーラ) またはクレブラ山脈 (カスティーリャ・イ・レオン) などでお楽しみいただけます。また、渡り鳥を観察するために双眼鏡もご用意ください。おすすめの地域?たくさんあります。例えば、ガリョカンタのラグーン (アラゴン)、エブロ川のデルタ地帯 (カタルーニャ)、ドニャーナ国立公園 (アンダルシア)……

ロス・アルコルノカレス自然公園の発情期の鹿

ハロウィーン……でもスペイン風

スペインでは11月1日に諸聖人の日が祝われ、お墓に眠る親族に花を供えるためにお墓参りをするのが昔からの習慣であるのをご存知ですか?奇妙に思われるかもしれませんが、そこに建つ彫像により、まさに野外ミュージアムとなっている墓地があります。年間を通じて、特に10月末から11月初めにかけて、ラ・アルムデナ墓地やサン・イシドロ墓地 (マドリード) のように、そこに埋葬されている著名人にまつわる話を知ることができる、ガイドツアーを企画する墓地もいくつかあります。実際、スペインの墓地20数か所が、欧州委員会の 欧州墓地ルート の一部となっています。

アラインス・ダ・マール墓地

音楽&映画の秋

ライザ・ミネリの有名な歌「オール・ザット・ジャズ」は、問題なく秋のスペインに捧げることができます。この時期は、このジャンルしか伝えられない感動が味わえるフェスティバルが2か所で開催されます。ひとつは バルセロナ Voll-Damm ジャズフェスティバル 、そしてもうひとつは マドリード国際ジャズフェスティバル。偉大なアーティストのメロディに身を任せる他、講演会やマスタークラスなどにも参加できます。でも、この時期に行われるイベントはこれだけではありません。秋は、スペインで最も有名な映画祭も開催される季節でもあり、サン・セバスティアン国際映画祭Seminci – バリャドリード国際映画週間ヒホン国際映画祭セビリア映画祭、またはシッチェスの カタルーニャ国際ファンタジー映画祭が行われます。

サン・セバスティアン国際映画祭の会場 Kursaal

クリスマスに向けて最初のショッピング

11月末、スペインにクリスマスのイルミネーションが灯ります……クリスマスのお祝いまで残りわずかとなってきている証拠。そのため、スペインにこの時期、またはこの時期の前に来たとしても、この機会にクリスマス用のオリジナリティあふれるギフトのお買いものが楽しめます。スペイン人デザイナーの服やファッション小物を購入し、お住いの国に着いた時に、周囲と差をつけてみてはいかがでしょうか?きっと、クスト・ダルマウ、アドルフォ・ドミンゲス、デルポソ、プリフィカシオン・ガルシア、アガタ・ルイス・デ・ラ・プラダ、マノロ・ブラニクについて、話を聞いたことがあるはず……デザイナーのリストは延々と続き、スペインのモード界を代表するショップを見つけることでしょう。スペインでも11月の最終金曜日にブラックフライデーが開催されるのでお忘れなく。あらゆるタイプのショップでは大幅な割引を実施、さらに購買意欲が刺激されます。この時期には、他にもさまざまな手工芸品マーケットが立ち始め、旅の思い出になるものや、有名なヒホナのトゥロン、エステパのポルボロンやマンテカドなどスペイン名物のクリスマス菓子をお土産に買って帰ることもできます。

ショッピング
に関する詳細をごらんください