Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
 アストゥリアス州ヒホンのビーチでペットと一緒に自撮りする観光客

ペット同伴でスペインを旅行する際の注意点

none

私たちは皆、愛すべき仲間たちと一緒に旅をするのが大好きです。新しいスポットを発見したり、忘れがたいひとときを過ごしたり、より多くの時間を共に過ごしたり...。でも、行き先の都合や単なる情報不足で、ペットがお留守番しなければならないことがよくあります。スペインは、ペットと一緒に旅行したい方たちにとって、理想的な国です。家族旅行に同伴するペットを歓迎し、誰もが思い切り充実した時間を過ごせるようにと、ペットフレンドリーな傾向が広まってきています。

ご旅行前のアドバイス

荷造りをする前に、いくつかのアドバイスに留意しておくことが大切です。- 事前に現行の規制をご確認ください。動物には必ず飼い主が付き添い、然るべき方法で識別されなければいけません。また、同伴するペットの健康診断書には、スペイン語の文章が含まれているものとします。- 飛行機をご利用の場合、スペイン行きの航空会社がペットの同伴を許可しているかどうか、ペットを機内に持ち込めるのどうか、それとも貨物室に預けなければならないのかどうかをご確認ください。どのような交通手段でスペインに入国するにしても、関連する規制を確認することが極めて重要です。- ご自身のペットの書類がすべて揃うように、時間的余裕を十分にもって旅行の準備をしましょう。旅行前の2ヶ月間を利用して、ご自身のペットをキャリーに慣れさせてください。 - ご自身のペットのスーツケースも重要です。サイズとニーズに合ったキャリーで移動できることを確認します。また、旅には毛布や薬が必要かもしれないことにも留意しておきましょう。もう、準備はすっかり整いましたか?そこで今度は、ペット同伴でスペインを旅行したい方のために、理想的な目的地を5カ所ご紹介します。

アストゥリアス州ヒホンのビーチでペットを抱く観光客

ヒホン

スペインでペットに優しい街といえば、何と言ってもヒホンです。これは、犬をいつでも歓迎してくれる宿泊施設やレストランなど、あらゆるタイプの施設が数多くあるためです。また、サン・ロレンソビーチやエル・リンコニンなども、ペットと一緒に楽しむのにうってつけの公共スペースです。そして、ビックリなさるかもしれませんが、愛犬と一緒に熱気球に乗ることさえできるのです。

アストゥリアス州ヒホンの港でペットを連れたカップル

バレンシア

2019年に ペットフレンドリーな都市として認証を受けましたが、その理由はペットと一緒に楽しめる庭園やオープンスペースが豊富にあるからです。昔のトゥリアの川床を歩いたり、ピネドビーチで泳いだり、テラスで一杯やりながらくつろいだり、すべてペットと一緒にできるなんて素敵ではありませんか?また、バレンシアの良いところは、穏やかな気候のおかげでほぼ一年中、街をエンジョイできることです。

バレンシア芸術科学都市にいるペット

マヨルカ島

バレアレス諸島最大のこの島は、ペット同伴の旅を最も歓迎する島でもあります。ポジェンサ、アンドラッチ、アルタなどの名高いビーチは、私の愛犬たちにも開放的です。また、公共交通機関にもペット同伴で乗れるよう規制が進んでおり、ご自身のペットと一緒に島の隅々まで回って楽しめるようになりました。

マヨルカ島で愛犬を連れてバルデモサを楽しむ観光客

ビルバオ

屋外でペットと一緒に過ごすのが好きな方を歓迎します。ビルバオは、街で最も象徴的な場所をペットと一緒に散歩できるペットフレンドリーな観光地として、外せない選択肢のひとつとなりました。エウスカルドゥナ国際会議場、グッゲンハイム美術館、歴史地区などを満喫しながら、ネルビオン河口沿いの散歩をお楽しみください。ビルバオだけではありません。バスク地方は観光客もペットも完璧に受け入れてくれる観光地です。

バスク地方の海岸でペットを撫でる少女

グラナダ

ペット同伴で楽しめるよう気配りが行き届いた、魅力溢れる街です。シエラ・ネバダからわずか30キロメートルの場所で、日中はハイキングに参加し、街に戻って、歴史的な街並みをぶらぶら散歩してもいいですし、テラスでタパスをつまむのもまた一興です。また、歩き疲れたら、街中を移動できるように設置された「タクシグァウ」に乗ってみましょう。 ほかにも、スペインにはペット同伴でアウトドアを楽しめる生き生きとした素晴らしい景観とレジャープランがあることを忘れなく。 

アンダルシア州グラナダのアルハンブラ宮殿を背景にくつろぐ猫
に関する詳細をごらんください